Exp (Image Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ラスター内のセル値の底が e の指数を計算します。

Exp の図
OutRas = Exp(InRas1)

使用法

  • 入力値は、整数または浮動小数点数、正の値または負の値を使用できます。

    正および負の浮動小数点の入力値の結果については、「指数ツールの出力値の例」をご参照ください。

  • 底が e の指数は、最もよく使用される指数関数です。

  • -745 以下の入力値は、32 ビット浮動小数点数で正確に表現できないため、出力では NoData に設定されます。

  • このツールの出力ラスターは入力値の型に関係なく常に浮動小数点型です。

  • このツールの出力値は、常に正の値になります。

  • 入力がマルチバンド ラスターの場合、出力もマルチバンド ラスターになります。 ツールは、入力の各バンドに対して操作を行います。

  • ArcPy では、入力が多次元ラスターである場合、すべての変数に含まれるすべてのスライスが処理され、出力は多次元ラスターになります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター、または定数値

底が e の指数を計算する入力値。

数値をこのパラメーターの入力として使用するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

セル値は、入力値の底が e の指数です。

Raster

Exp(in_raster_or_constant)
名前説明データ タイプ
in_raster_or_constant

底が e の指数を計算する入力値。

数値をこのパラメーターの入力として使用するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ラスター。

セル値は、入力値の底が e の指数です。

Raster

コードのサンプル

Exp の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、入力ラスター値の底が e の指数を計算し、結果を TIFF ラスターとして返しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"
outExp = Exp("landuse")
outExp.save("C:/iapyexamples/output/outexp.tif")
Exp の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、入力ラスター値の底が e の指数を計算しています。

# Name: Exp_Ex_02.py
# Description: Calculates the base e exponential of pixels in a raster
# Requirements: Image Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "landuse"

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Execute Exp
outExp = Exp(inRaster)

# Save the output 
outExp.save("C:/iapyexamples/output/outexp")

関連トピック