Int (Image Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスターのセル値に対し、小数点以下を切り捨てて整数値に変換します。

Int の図
OutRas = Int (InRas1)

使用法

  • 入力値には、正または負のどちらかを指定できます。

  • 切り捨てよりも丸めのほうが好ましい場合は、演算の実行前に 0.5 の入力ラスターを追加します。

  • ラスターの整数値のサポートされる最大範囲は、-2,147,483,648 (-231 によって決定される最小サイズ) ~ 2,147,483,647 (231 – 1 によって決定される最大サイズ) です。 この範囲外の値を持つセルを含む浮動小数点ラスターに対して Int を使用した場合、これらのセルは出力ラスターでは NoData になります。

  • カテゴリ (不連続) データを整数ラスターとして格納すると、同じ情報を浮動小数点ラスターとして格納する場合と比べてディスク使用量が大幅に軽減されます。 可能な限り、このツールを使用して浮動小数点ラスターを整数に変換することをお勧めします。

  • 入力がマルチバンド ラスターの場合、出力もマルチバンド ラスターになります。 ツールは、入力の各バンドに対して操作を行います。

  • ArcPy では、入力が多次元ラスターである場合、すべての変数に含まれるすべてのスライスが処理され、出力は多次元ラスターになります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター、または定数値

整数に変換される入力ラスター。

数値をこのパラメーターの入力として使用するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

セル値は、小数点以下を切り捨てて整数値に変換される入力値です。

Raster

Int(in_raster_or_constant)
名前説明データ タイプ
in_raster_or_constant

整数に変換される入力ラスター。

数値をこのパラメーターの入力として使用するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ラスター。

セル値は、小数点以下を切り捨てて整数値に変換される入力値です。

Raster

コードのサンプル

Int の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、小数点以下を切り捨てて入力値を整数値に変換します。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"
outInt = Int("gwhead")
outInt.save("C:/iapyexamples/output/outint2")
Int の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、小数点以下を切り捨てて入力値を整数値に変換します。

# Name: Int_Ex_02.py
# Description: Converts each pixel value of a raster to an integer by truncation
# Requirements: Image Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "gwhead"

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Execute Int
outInt = Int(inRaster)

# Save the output 
outInt.save("C:/iapyexamples/output/outint")

関連トピック