多次元ラスター レイヤーの作成 (Make Multidimension Raster Layer) (マルチディメンション)

サマリー

定義された変数とディメンションに沿ってデータをスライスすることで、多次元ラスター データセットまたは多次元ラスター レイヤーからラスター レイヤーを作成します。

使用法

  • このツールは、多次元ラスターまたはモザイク データセットから、変数のサブセットを抽出することで、多次元ラスター レイヤーを作成します。たとえば、30 年間の毎月の降水量データを含むモザイク データセットがある場合、各年の 1 月のデータだけを抽出して、その月の降水量の変化を調べることができます。

  • サポートされている多次元ラスター データセットには、CRF (Cloud Raster Format)、多次元モザイク データセット、netCDF、GRIB、または HDF ファイルで生成された多次元ラスター レイヤーがあります。

  • このツールは一時レイヤーを生成します。ディスクに保存しなければ、このレイヤーは保持されません。

  • [ディメンション定義] パラメーターでは、間隔、値、または値の範囲を使用してディメンションをスライスできます。 たとえば、毎月 2 メートル間隔で深度 500 メートルまで収集されている 10 年間の海洋塩分データがある場合、次のシナリオごとに異なるディメンション定義オプションを使用できます。

    • 10 年間のそれぞれ 1 月の塩分データを抽出します。 [値を使用] を選択して、[ディメンション][StdTime] に設定し、[値][1 月] に設定します。
    • 塩分データを 0 ~ 150 メートルの深度範囲でスライスします。 [範囲を使用] を選択して、[ディメンション][StdZ] に設定し、[最小値]-150 に設定し、[最大値]0 に設定します。
    • 10 年間の 1 月ごとの最初の 10 日間の塩分データを抽出します。 [繰り返しを使用] を選択して、[ディメンション][StdTime] に設定し、[最初の繰り返しを開始] および [最初の繰り返しを終了] を該当する繰り返し期間の開始時点と終了時点に設定し、[ステップ]1 に設定し、[単位][年] に設定します。

  • 多次元ラスターの 1 つのスライスからのデータを含む非多次元レイヤーを作成するには、[ディメンション定義] パラメーターの [値を使用] を選択し、1 つのディメンション値を選択して [ディメンションなし] パラメーターを確認します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力多次元ラスター

入力多次元ラスター データセット。

サポートされている入力には、netCDF、GRIB、HDF または CRF ファイル、多次元モザイク データセット、多次元イメージ サービス、OPeNDAP URL、多次元ラスター レイヤーなどがあります。

Raster Dataset; Raster Layer; Mosaic Dataset; Mosaic Layer; Image Service; File
出力多次元ラスター レイヤー

出力多次元ラスター レイヤー。

Raster Layer
変数
(オプション)

出力多次元ラスター レイヤーに含められる変数。変数を指定しない場合、最初の変数が使用されます。

String
ディメンション定義
(オプション)

ディメンションのスライスに使用する方法を指定します。

  • すべて —各ディメンションの全範囲が使用されます。 これがデフォルトです。
  • 範囲を使用 —範囲または範囲のリストを使用してディメンションをスライスします。
  • 繰り返しを使用 —指定された間隔サイズでディメンションをスライスします。
  • 値を使用 —ディメンション値のリストを使用してディメンションをスライスします。
String
範囲値
(オプション)

指定されたディメンションの範囲または範囲のリスト。

ディメンション名と範囲の最小値および最大値に基づいてデータがスライスされます。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [範囲を使用] に設定されている場合に必須です。

Value Table
(オプション)

指定されたディメンションの値のリスト。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [値を使用] に設定されている場合に必須です。

Value Table
ディメンション
(オプション)

変数をスライスする際に使用するディメンション。このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [繰り返しを使用] に設定されている場合に必須です。

String
最初の繰り返しを開始
(オプション)

最初の間隔の始まり。 この間隔はデータセットの反復処理に使用されます。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [反復を使用] に設定されている場合に必須です。

String
最初の繰り返しを終了
(オプション)

最初の間隔の終わり。 この間隔はデータセットの反復処理に使用されます。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [反復を使用] に設定されている場合に必須です。

String
移動間隔
(オプション)

データがスライスされる頻度。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [反復を使用] に設定されている場合に必須です。

Double
単位
(オプション)

反復単位を指定します。 このパラメーターは、[ディメンション定義] パラメーターが [反復を使用] に設定されており、[ディメンション] パラメーターが [StdTime] に設定されている場合に必須です。

  • 時間 —[時間] は指定された時間単位です。
  • 日 —[日] は指定された時間単位です。
  • 週 —[週] は指定された時間単位です。
  • 月 —[月] は指定された時間単位です。
  • 年 —[年] は指定された時間単位です。
String
範囲
(オプション)

レイヤーの範囲 (境界四角形)。 該当するレイヤーに適した [範囲] オプションを選択します。

  • [デフォルト] - すべての関連する入力の最大範囲に基づく範囲とします。これがデフォルトです。
  • [現在の表示範囲] - 範囲がデータ フレームまたは表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
ディメンションなし
(オプション)

レイヤーにディメンション値が含まれるかどうかを指定します。このパラメーターは、レイヤーの作成に 1 つのスライスが選択されている場合にのみアクティブになります。

  • オン - レイヤーにディメンション値は含まれません。
  • オフ - レイヤーにディメンション値が含まれます。これがデフォルトです。

Boolean

arcpy.md.MakeMultidimensionalRasterLayer(in_multidimensional_raster, out_multidimensional_raster_layer, {variables}, {dimension_def}, {dimension_ranges}, {dimension_values}, {dimension}, {start_of_first_iteration}, {end_of_first_iteration}, {iteration_step}, {iteration_unit}, {template}, {dimensionless})
名前説明データ タイプ
in_multidimensional_raster

入力多次元ラスター データセット。

サポートされている入力には、netCDF、GRIB、HDF または CRF ファイル、多次元モザイク データセット、多次元イメージ サービス、OPeNDAP URL、多次元ラスター レイヤーなどがあります。

Raster Dataset; Raster Layer; Mosaic Dataset; Mosaic Layer; Image Service; File
out_multidimensional_raster_layer

出力多次元ラスター レイヤー。

Raster Layer
variables
[variables,...]
(オプション)

出力多次元ラスター レイヤーに含められる変数。変数を指定しない場合、最初の変数が使用されます。

String
dimension_def
(オプション)

ディメンションのスライスに使用する方法を指定します。

  • ALL各ディメンションの全範囲が使用されます。 これがデフォルトです。
  • BY_RANGES範囲または範囲のリストを使用してディメンションをスライスします。
  • BY_ITERATION指定された間隔サイズでディメンションをスライスします。
  • BY_VALUEディメンション値のリストを使用してディメンションをスライスします。
String
dimension_ranges
[dimension_ranges,...]
(オプション)

指定されたディメンションの範囲または範囲のリスト。

ディメンション名と範囲の最小値および最大値に基づいてデータがスライスされます。 このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_RANGES に設定されている場合に必須です。

Value Table
dimension_values
[dimension_values,...]
(オプション)

指定されたディメンションの値のリスト。 このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_VALUE に設定されている場合に必須です。

Value Table
dimension
(オプション)

変数をスライスする際に使用するディメンション。このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_ITERATION に設定されている場合に必須です。

String
start_of_first_iteration
(オプション)

最初の間隔の始まり。 この間隔はデータセットの反復処理に使用されます。 このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_ITERATION に設定されている場合に必須です。

String
end_of_first_iteration
(オプション)

最初の間隔の終わり。 この間隔はデータセットの反復処理に使用されます。 このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_ITERATION に設定されている場合に必須です。

String
iteration_step
(オプション)

データがスライスされる頻度。 このパラメーターは、dimension_def パラメーターが BY_ITERATION に設定されている場合に必須です。

Double
iteration_unit
(オプション)

反復単位を指定します。 このパラメーターは、[dimension_def] パラメーターが [BY_ITERATION] に設定されており、[dimension] パラメーターが [StdTime] に設定されている場合に必須です。

  • HOURS[時間] は指定された時間単位です。
  • DAYS[日] は指定された時間単位です。
  • WEEKS[週] は指定された時間単位です。
  • MONTHS[月] は指定された時間単位です。
  • YEARS[年] は指定された時間単位です。
String
template
(オプション)

レイヤーの範囲 (境界四角形)。 該当するレイヤーに適した [範囲] オプションを選択します。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
dimensionless
(オプション)

レイヤーにディメンション値が含まれるかどうかを指定します。このパラメーターは、レイヤーの作成に 1 つのスライスが選択されている場合にのみ有効になります。

  • NO_DIMENSIONS レイヤーにディメンション値は含まれません。
  • DIMENSIONSレイヤーにディメンション値が含まれます。これがデフォルトです。
Boolean

コードのサンプル

MakeMultidimensionalRasterLayer (多次元ラスター レイヤーの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

BY_RANGES 方法を使用して多次元ラスターから変数のサブセットを抽出します。

# Import system modules
import arcpy

# Execute
arcpy.md.MakeMultidimensionalRasterLayer(
	"C:\data\Ocean_Data.crf", "C:\data\Salinity_MultidimLayer.crf", 
	"salinity", "BY_RANGES", "StdZ -500 -100", 
	"120.084279939743 0.914964278021376 139.524470909773 21.1231086159414")
MakeMultidimensionalRasterLayer (多次元ラスター レイヤーの作成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

BY_VALUE 方法を使用し、特定の深さ値の多次元ラスターから水温変数を抽出します。

# Import system modules
import arcpy

# Define input parameters
in_multidimensional_raster = r"C:\data\MD_Ocean_data.crf"
out_multidimensional_raster_layer = r"C:\data\Temp_slice.crf"
variables = "water_temp"
dimension_def = "BY_VALUE"
dimension_values = "StdZ -50;StdZ -100"
template = "120.084279939743 0.914964278021376 139.524470909773 21.1231086159414"

#Execute

arcpy.md.MakeMultidimensionalRasterLayer(
	in_multidimensional_raster, out_multidimensional_raster_layer, variables, 
	dimension_def, dimension_values, template)
MakeMultidimensionalRasterLayer (多次元ラスター レイヤーの作成) の例 3 (スタンドアロン スクリプト)

BY_ITERATION 方法を使用して多次元ラスターから塩分濃度変数を抽出します。

# Import system modules
import arcpy
 
# Set local variables
in_multidimensional_raster = r"C:\data\MD_Ocean_data.crf"
out_multidimensional_raster_layer =  r"C:\data\salinity_slice.crf"
variables = "salinity"
dimension_def = "BY_ITERATION"
dimension = "StdTime"
start_of_first_iteration = "2009-01-01"
end_of_first_iteration = "2009-01-10"
iteration_step = "1"
iteration_unit = "YEARS"
template = "120.084279939743 0.914964278021376 139.524470909773 21.1231086159414"
 
#Execute
 
arcpy.md.MakeMultidimensionalRasterLayer(
	in_multidimensional_raster, out_multidimensional_raster_layer, 
	variables, dimension_def, dimension, start_of_first_iteration, 
	end_of_first_iteration, iteration_step, iteration_unit, template)

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック