NetCDF テーブル ビューの作成 (Make NetCDF Table View) (マルチディメンション)

サマリー

netCDF ファイルからテーブル ビューを作成します。

使用法

  • テーブル ビューは、メモリ内に格納されるテーブルであり、ArcGIS Pro の [コンテンツ] ウィンドウのスタンドアロン テーブルと同じです。

  • テーブル ビューは、Windows の現在のセッションで、他のジオプロセシング ツールへの入力として使用できます。 Windows が終了した後は、メモリ内のテーブルが削除されます。 以降の Windows セッションで使用できる永続的なテーブルにテーブル ビューを保存するには、[行のコピー (Copy Rows)] ツールを使用します。

  • このツールは拡張子が nc と nc4 の netCDF ファイルをサポートしています。 nc4 ファイルのグループ内のグループ変数とディメンションはサポートされていません。 サポートされているのは、グループ外の変数とディメンションだけです。

  • 同じテーブル ビュー名を入力した場合、既存のテーブル ビューは上書きされます。

  • テーブル ビュー内のレコードの個数は、ロウ ディメンション内の個別値の個数と同じです。 複数のディメンションを選択した場合、それらのディメンション内の個別値の数の合計が、レコードの個数になります。

  • ロウ ディメンションを指定しない場合、出力テーブルに含まれるレコードは 1 つだけです。 フィールド内の値は、2 つのディメンション値のペアで指定された一片を表します。

  • フィールドのタイプは、netCDF 変数およびディメンション タイプによって決定されます。

  • マルチディメンション変数のデフォルト テーブル ビューの作成には、行ディメンション以外のディメンションの最初の値が使用されます。

  • カレンダー属性値 noleap365_day は、netCDF ファイルの時間座標変数に割り当てられますが、ArcGIS では無視されます。

  • netCDF ファイルの変数の missing_value または _FillValue 属性によって表される値は、出力テーブル ビューでは NULL になります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力用 netCDF ファイル

入力用 netCDF ファイル。

File
変数

テーブル ビュー内にフィールドを作成する際に使用される netCDF 変数 (1 つまたは複数)

String
出力テーブル ビュー

出力テーブル ビューの名前。

Table View
ロウ ディメンション
(オプション)

テーブル ビュー内の一意の値を含んだフィールドの作成に使用される netCDF ディメンション (1 つまたは複数)。 ここで設定したディメンション (1 つまたは複数) によって、テーブル ビュー内の行の数、および表示されるフィールドの数が決定されます。

たとえば、StationID が netCDF ファイル内のディメンションであり、値 10 が設定してある場合、StationID を使用するディメンションとして設定しておくと、テーブル ビュー内に 10 個の行が作成されます。 StationID と時間を使用していて、3 つのタイムの断片がある場合は、テーブル ビュー内に 30 個の行が作成されます。

String
ディメンション値
(オプション)

マルチディメンション変数の一片を指定に使用するディメンション値と対になるディメンション。

  • [ディメンション] - netCDF ディメンション。
  • [値] - 使用するディメンション値。
Value Table
値の選択方法
(オプション)

使用されるディメンション値の選択方法を指定します。

  • 値を使用 —入力値を実ディメンション値と照合します。
  • インデックスを使用 —入力値をディメンション値の位置またはインデックスと照合します。 インデックスは 0 を基準とするので、位置は 0 から開始されます。
String

arcpy.md.MakeNetCDFTableView(in_netCDF_file, variable, out_table_view, {row_dimension}, {dimension_values}, {value_selection_method})
名前説明データ タイプ
in_netCDF_file

入力用 netCDF ファイル。

File
variable
[variable,...]

テーブル ビュー内にフィールドを作成する際に使用される netCDF 変数 (1 つまたは複数)

String
out_table_view

出力テーブル ビューの名前。

Table View
row_dimension
[row_dimension,...]
(オプション)

テーブル ビュー内の一意の値を含んだフィールドの作成に使用される netCDF ディメンション (1 つまたは複数)。 ここで設定したディメンション (1 つまたは複数) によって、テーブル ビュー内の行の数、および表示されるフィールドの数が決定されます。

たとえば、StationID が netCDF ファイル内のディメンションであり、値 10 が設定してある場合、StationID を使用するディメンションとして設定しておくと、テーブル ビュー内に 10 個の行が作成されます。 StationID と時間を使用していて、3 つのタイムの断片がある場合は、テーブル ビュー内に 30 個の行が作成されます。

String
dimension_values
[[dimension {value}],...]
(オプション)

マルチディメンション変数の一片を指定に使用するディメンション値と対になるディメンション。

  • dimension - netCDF ディメンション。
  • {value} - 使用するディメンション値。
Value Table
value_selection_method
(オプション)

使用されるディメンション値の選択方法を指定します。

  • BY_VALUE入力値を実ディメンション値と照合します。
  • BY_INDEX入力値をディメンション値の位置またはインデックスと照合します。 インデックスは 0 を基準とするので、位置は 0 から開始されます。
String

コードのサンプル

MakeNetCDFTableView (NetCDF テーブル ビューの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

netCDF ファイルからテーブル ビューを作成します。

import arcpy
arcpy.MakeNetCDFTableView_md("C:/data/netcdf/precipmonmean.nc","precip",
                             "precipmonmeantable","time")
MakeNetCDFTableView (NetCDF テーブル ビューの作成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

netCDF ファイルからテーブル ビューを作成します。

# MakeNetCDFTableView_Ex_02.py
# Description: Create a table view from a netCDF file.
# Requirements: None

#Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inNetCDFFile = "c:/data/netcdf/precipmonmean.nc"
variable = "precip;humidity"
outTableView = "precipmonmeantable"
rowDimension = "time"
dimensionValue = ""
valueSelectionMethod = ""

# Execute MakeNetCDFTableView
arcpy.MakeNetCDFTableView_md(inNetCDFFile, variable, outTableView, rowDimension, 
                             dimensionValue,valueSelectionMethod)

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック