ラスターをフィーチャに変換 (Convert Raster To Feature) (ラスター解析)

サマリー

ラスターをポイント、ライン、またはポリゴンとしてフィーチャ データセットに変換します。

[ラスターをフィーチャに変換 (Convert Raster To Feature)] ツール

使用法

  • このラスター解析 ポータル ツールは、ArcGIS Enterprise「ArcGIS Enterprise の解析について」へのリンク ポータルにサイン インすると使用できます。このポータルに、ArcGIS Image Server 「ラスター解析の設定と配置」へのリンク用に構成された Raster Analysis 「ArcGIS Image Server とは」へのリンク があります。ツールを起動すると、ArcGIS Pro がクライアントとしてサービスを提供し、ArcGIS Enterprise とフェデレートされているサーバーで処理が発生します。ポータル ツールはポータルから入力としてレイヤーを受け取り、ポータルに出力を作成します。

    入力ラスター レイヤーは、ポータルから入力されたレイヤー、イメージ サービスへの URI または URL、[Image Server レイヤーの作成 (Make Image Server Layer)] ツールの出力に対応しています。このツールは、ローカルのラスター データまたはレイヤーをサポートしません。

  • ラスターは、ポイント、ライン、またはポリゴンのフィーチャに変換できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター レイヤー

入力ラスター レイヤー。

Feature Set
フィールド

変換値を指定するフィールド。

任意の整数値またはテキスト値を設定できます。

浮動小数点値を含むフィールドは、出力先がポイント データセットの場合にのみ使用できます。

デフォルトは、各ラスター セルに値が格納される Value フィールドです。

Field
出力タイプ

出力タイプを指定します。

出力タイプが [ライン] または [ポリゴン] の場合、追加パラメーターが表示され、ラインまたはポリゴンを単純化できます。

  • ポイントラスターがポイント データセットに変換されます。これがデフォルトです。
  • ラインラスターがライン フィーチャ データセットに変換されます。
  • ポリゴンラスターがポリゴン フィーチャ データセットに変換されます。
String
ラインまたはポリゴンの単純化
(オプション)

ラインまたはポリゴンを単純化 (スムージング) するかどうかを指定します。スムージングは、元のラスター セルのエッジにできるだけ近づけながら、ラインに含まれるセグメントの数が最小になるように実行されます。

  • オン - ライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャがスムージングされ、より単純化された結果が生成されます。これがデフォルトです。
  • オフ - ライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャがスムージングされず、ラスター データセットのセルの境界に従います。
Boolean
出力名

変換されたポイント、ライン、またはポリゴンの格納先となる出力フィーチャクラス。

String
マルチパート フィーチャの作成
(オプション)

出力ポリゴンを構成するフィーチャがシングルパートかマルチパートかを指定します。

  • オン - 同じ値のポリゴンに基づいて、マルチパート フィーチャが作成されます。
  • オフ - ポリゴンごとに個別の (シングルパート) フィーチャが作成されます。これがデフォルトです。
Boolean
1 ポリゴン フィーチャあたりの最大頂点数
(オプション)

ポリゴンをより小さなポリゴンに分割するために使う、頂点数の上限。このパラメーターを指定すると、[データ管理] ツールボックスの [フィーチャの分割 (Dice)] ツールで生成される出力によく似た出力が生成されます。

空のままであれば、ポリゴンを分割せずに出力します。これがデフォルトです。

このパラメーターは、[出力タイプ][ポリゴン] の場合のみサポートされます。

Long

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力フィーチャ

出力フィーチャ。

フィーチャクラス

arcpy.ra.ConvertRasterToFeature(inputRaster, field, outputType, {simplifyLinesOrPolygons}, outputName, {createMultipartFeatures}, {maxVerticesPerFeature})
名前説明データ タイプ
inputRaster

入力ラスター レイヤー。

Feature Set
field

変換値を指定するフィールド。

任意の整数値またはテキスト値を設定できます。

浮動小数点値を含むフィールドは、出力先がポイント データセットの場合にのみ使用できます。

デフォルトは、各ラスター セルに値が格納される Value フィールドです。

Field
outputType

出力タイプを指定します。

  • POINTラスターがポイント データセットに変換されます。これがデフォルトです。
  • LINEラスターがライン フィーチャ データセットに変換されます。
  • POLYGONラスターがポリゴン フィーチャ データセットに変換されます。
String
simplifyLinesOrPolygons
(オプション)

ラインまたはポリゴンを単純化 (スムージング) するかどうかを指定します。スムージングは、元のラスター セルのエッジにできるだけ近づけながら、ラインに含まれるセグメントの数が最小になるように実行されます。

  • SIMPLIFYライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャがスムージングされ、より単純化された結果が生成されます。これがデフォルトです。
  • NO_SIMPLIFYライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャがスムージングされず、ラスター データセットのセルの境界に従います。

このパラメーターは、outputTypeLINE または POLYGON の場合のみサポートされます。

Boolean
outputName

変換されたポイント、ライン、またはポリゴンの格納先となる出力フィーチャクラス。

String
createMultipartFeatures
(オプション)

出力ポリゴンを構成するフィーチャがシングルパートかマルチパートかを指定します。

  • MULTIPLE_OUTER_PART同じ値のポリゴンに基づいて、マルチパート フィーチャが作成されます。
  • SINGLE_OUTER_PARTポリゴンごとに個別の (シングルパート) フィーチャが作成されます。これがデフォルトです。

このパラメーターは、outputTypePOLYGON の場合のみサポートされます。

Boolean
maxVerticesPerFeature
(オプション)

ポリゴンをより小さなポリゴンに分割するために使う、頂点数の上限。このパラメーターを指定すると、[データ管理] ツールボックスの [フィーチャの分割 (Dice)] ツールで生成される出力によく似た出力が生成されます。

空のままであれば、ポリゴンを分割せずに出力します。これがデフォルトです。

このパラメーターは、outputTypePOLYGON の場合のみサポートされます。

Long

派生した出力

名前説明データ タイプ
outputFeatures

出力フィーチャ。

フィーチャクラス

コードのサンプル

ConvertRasterToFeature (ラスターをフィーチャに変換) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、ラスターをポリゴン フィーチャに変換します。

import arcpy
arcpy.ConvertRasterToFeature_ra('https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/Landuse/ImageServer', 
                                'Value', 'POLYGON', 'SIMPLIFY', 'outFeatures')
ConvertRasterToFeature (ラスターをフィーチャに変換) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、ラスターをポリゴン フィーチャに変換します。

#-------------------------------------------------------------------------------
# Name: ConvertRasterToFeature_Ex_02.py
# Description: Convert a raster to polygon features.
#
# Requirements: ArcGIS Image Server

# Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inRaster = 'https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/Landuse/ImageServer'
inField = 'Value'
outType = 'POLYGON'
simplify = 'SIMPLIFY'
outFeatures = 'outFeatures'
arcpy.ConvertRasterToFeature_ra(inRaster, inField, outType, simplify, outFeatures)

関連トピック