マップ サービス キャッシュのエクスポート (Export Map Server Cache) (サーバー)

サマリー

マップ イメージ レイヤーのキャッシュから、タイルをキャッシュ データセットまたはタイル パッケージとしてディスク上のフォルダーにエクスポートします。 タイルは、他のキャッシュにインポートするか、またはサービスから独立したラスター データセットとして ArcGIS Desktop またはモバイル デバイスからアクセスすることができます。

使用法

  • このツールを実行する前に、タイルを格納するためのフォルダーをディスク上に作成します。

  • ArcGIS Server アカウントには、エクスポート先のキャッシュ フォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。 ArcGIS Server アカウントにエクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権を付与できないときに、ArcGIS Pro のクライアントにこのフォルダーへの書き込みアクセス権がある場合は、[データをサーバーからコピー] (copy_data_from_server) パラメーターを選択します。

  • [タイルの上書き] パラメーターにより、画像をブレンドするのではなく、出力先のキャッシュ内のタイルをエクスポートされたタイルで完全に上書きできるようになりました。 エクスポートされたタイルは、対象エリアに制限されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力サービス

エクスポートするキャッシュ タイルを含むマップ イメージ レイヤー。 ポータルで必要なサービスを参照してこれを選択できます。または、[プロジェクト] ウィンドウの [ポータル] タブから Web タイル レイヤーをドラッグして、このパラメーターを指定することもできます。

Image Service; Map Server
ターゲット キャッシュ パス

キャッシュのエクスポート先のフォルダー。 このフォルダーは、登録済みサーバー キャッシュ ディレクトリである必要はありません。 ArcGIS Server アカウントには、エクスポート先のキャッシュ フォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。 サーバー アカウントにエクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権を付与できないときに、ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro のクライアントにこのフォルダーへの書き込みアクセス権がある場合は、[データをサーバーからコピー] パラメーターを選択します。

Folder
エクスポートするキャッシュのタイプ

キャッシュをキャッシュ データセットまたはタイル パッケージとしてエクスポートします。 ArcGIS Runtime および ArcGIS Mobile の配置では、タイル パッケージが適しています。

  • キャッシュ データセット —ArcGIS Server を使用して生成されるマップまたはイメージ サービス キャッシュ。 これは、ArcGIS Desktop と、ArcGIS Server のマップまたはイメージ サービスで使用できます。 これがデフォルトです。
  • タイル パッケージ —キャッシュ データセットがレイヤーとして追加され、共有できるように統合された単一の圧縮ファイル。 これは、ArcGIS Desktop、ArcGIS Runtime、およびモバイル アプリで使用できます。
String
データをサーバーからコピー

ArcGIS Server アカウントにエクスポート先フォルダーに対する書き込みアクセス権を付与できないときに、ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro のクライアントにこのフォルダーへの書き込みアクセス権がある場合のみ、このパラメーターをオンにします。 ソフトウェアは、タイルをエクスポート先のフォルダーに移動する前に、サーバーの出力ディレクトリにエクスポートします。

  • オン - タイルはサーバーの出力ディレクトリに配置された後、エクスポート先のフォルダーに移動されます。 ArcGIS Desktop クライアントには、エクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。
  • オフ - タイルは直接エクスポート先のフォルダーにエクスポートされます。 ArcGIS Server アカウントには、エクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。
Boolean
格納形式タイプ

エクスポートしたキャッシュの格納形式。

  • コンパクト —タイルは、ディスク領域の節約とキャッシュのコピーの高速化を可能にするために、bundle および bundlex ファイルにグループ化されます。 [エクスポートするキャッシュのタイプ] パラメーターが [タイル パッケージ] に設定されている場合は、これがデフォルトです。
  • コンパクト V2 —タイルはバンドル ファイルのみにグループ化されます。 この形式は、ネットワーク共有とクラウドストア ディレクトリのパフォーマンスを向上させます。 [エクスポートするキャッシュのタイプ] パラメーターが [タイル パッケージ] に設定されている場合、タイル パッケージの拡張子は (*.tpkx) になります。これは、ArcGIS Online、ArcGIS Enterprise 10.9、ArcGIS Runtime 100.5 などの新しいバージョンの ArcGIS プラットフォームによってサポートされます。
  • エクスプロード —各タイルは、個別のファイルとして格納されます (ArcGIS Server よりも前のバージョンでのキャッシュの格納方法)。
String
縮尺

タイルのエクスポート先の縮尺レベルのリスト。

Double
キャッシュ サービスのインスタンス数
(オプション)

タイルの更新または生成に使用するインスタンスの数を指定します。 このパラメーターの値は無制限 (-1) に設定され、変更できません。

Long
対象エリア
(オプション)

キャッシュからタイルをエクスポートする範囲を空間的に制限する対象エリア。 このパラメーターは不規則な形状のエリアをエクスポートする場合に有効です。ツールはキャッシュ データセットをピクセル解像度でクリップします。

対象エリアを指定しない場合、マップ全体がエクスポートされます。

Feature Set
エクスポート範囲
(オプション)

エクスポートするタイルを定義する矩形の表示範囲。 デフォルトでは、表示範囲は、インポートするマップ サービスの全体表示に設定されます。 このツールのオプション パラメーターの [対象エリア] を使用すると、矩形の代わりにポリゴンを使用してインポートを行えます。 1 つのジョブに対して両方のパラメーターを同時に指定しないようにすることをお勧めします。 両方のパラメーターを指定した場合は、[対象エリア] パラメーターが [インポート範囲] よりも優先されます。

  • [デフォルト] - すべての関連する入力の最大範囲に基づく範囲とします。これがデフォルトです。
  • [現在の表示範囲] - 範囲がデータ フレームまたは表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
タイルの上書き
(オプション)

エクスポート先のキャッシュ内にある画像を、作成されたキャッシュのタイルとマージするか、タイルで上書きするかを指定します。

  • オン - エクスポートにより、対象エリアのすべてのピクセルが置き換えられます。エクスポート先のキャッシュ内にあるタイルを、作成されたキャッシュのタイルで完全に上書きします。
  • オフ - タイルのエクスポート時に、作成されたキャッシュ内の透明なピクセルはデフォルトで無視されます。 この結果、エクスポート先のキャッシュはマージまたはブレンドされます。 これがデフォルトです。
Boolean

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力キャッシュ パス

キャッシュのエクスポート先のフォルダー。

String

arcpy.server.ExportMapServerCache(input_service, target_cache_path, export_cache_type, copy_data_from_server, storage_format_type, scales, {num_of_caching_service_instances}, {area_of_interest}, {export_extent}, {overwrite})
名前説明データ タイプ
input_service

エクスポートするキャッシュ タイルを含むマップ イメージ レイヤー。

Image Service; Map Server
target_cache_path

キャッシュのエクスポート先のフォルダー。 このフォルダーは、登録済みサーバー キャッシュ ディレクトリである必要はありません。 ArcGIS Server アカウントには、エクスポート先のキャッシュ フォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。 サーバー アカウントにエクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権を付与できないときに、ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro のクライアントにこのフォルダーへの書き込みアクセス権がある場合は、[データをサーバーからコピー] パラメーターを選択します。

Folder
export_cache_type

キャッシュをキャッシュ データセットまたはタイル パッケージとしてエクスポートします。 ArcGIS Runtime および ArcGIS Mobile の配置では、タイル パッケージが適しています。

  • CACHE_DATASETArcGIS Server を使用して生成されるマップまたはイメージ サービス キャッシュ。 これは、ArcGIS Desktop と、ArcGIS Server のマップまたはイメージ サービスで使用できます。 これがデフォルトです。
  • TILE_PACKAGEキャッシュ データセットがレイヤーとして追加され、共有できるように統合された単一の圧縮ファイル。 これは、ArcGIS Desktop、ArcGIS Runtime、およびモバイル アプリで使用できます。
String
copy_data_from_server

ArcGIS Server アカウントにエクスポート先フォルダーに対する書き込みアクセス権を付与できないときに、ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro のクライアントにこのフォルダーへの書き込みアクセス権がある場合、このパラメーターを COPY_DATA に設定します。 ソフトウェアは、タイルをエクスポート先のフォルダーに移動する前に、サーバーの出力ディレクトリにエクスポートします。

  • COPY_DATAタイルはサーバーの出力ディレクトリに配置された後、エクスポート先のフォルダーに移動されます。 ArcGIS Desktop または ArcGIS Pro のクライアントには、エクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。
  • DO_NOT_COPYタイルは直接エクスポート先のフォルダーにエクスポートされます。 ArcGIS Server アカウントには、エクスポート先のフォルダーに対する書き込みアクセス権が必要です。 これがデフォルトです。
Boolean
storage_format_type

エクスポートしたキャッシュの格納形式。

  • COMPACTタイルは、ディスク領域の節約とキャッシュのコピーの高速化を可能にするために、bundle および bundlex ファイルにグループ化されます。 export_cache_type パラメーターが Tile package に設定されている場合、これがデフォルトです。
  • COMPACT_V2タイルはバンドル ファイルのみにグループ化されます。 この形式は、ネットワーク共有とクラウドストア ディレクトリのパフォーマンスを向上させます。 export_cache_type パラメーターが Tile package に設定されている場合、タイル パッケージの拡張子は (*.tpkx) になります。これは、ArcGIS OnlineArcGIS Enterprise 10.9ArcGIS Runtime 100.5 などの新しいバージョンの ArcGIS プラットフォームによってサポートされます。
  • EXPLODED各タイルは、個別のファイルとして格納されます (ArcGIS Server よりも前のバージョンでのキャッシュの格納方法)。
String
scales
[scales,...]

タイルのエクスポート先の縮尺レベルのリスト。

Double
num_of_caching_service_instances
(オプション)

タイルの更新または生成に使用するインスタンスの数を指定します。 このパラメーターの値は無制限 (-1) に設定され、変更できません。

Long
area_of_interest
(オプション)

キャッシュからタイルをエクスポートする範囲を空間的に制限する対象エリア。 このパラメーターは不規則な形状のエリアをエクスポートする場合に有効です。ツールはキャッシュ データセットをピクセル解像度でクリップします。

対象エリアを指定しない場合、マップ全体がエクスポートされます。

Feature Set
export_extent
(オプション)

エクスポートするタイルを定義する矩形の表示範囲。 デフォルトでは、表示範囲は、インポートするマップ サービスの全体表示に設定されます。 このツールのオプション パラメーターの [対象エリア] を使用すると、矩形の代わりにポリゴンを使用してインポートを行えます。 1 つのジョブに対して両方のパラメーターを同時に指定しないようにすることをお勧めします。 両方のパラメーターを指定した場合は、[対象エリア] パラメーターが [インポート範囲] よりも優先されます。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
overwrite
(オプション)

エクスポート先のキャッシュ内にある画像を、作成されたキャッシュのタイルとマージするか、タイルで上書きするかを指定します。

  • OVERWRITEエクスポートにより、対象エリアのすべてのピクセルが置き換えられます。エクスポート先のキャッシュ内にあるタイルを、作成されたキャッシュのタイルで完全に上書きします。
  • MERGEタイルのインポート時に、作成されたキャッシュ内の透明なピクセルはデフォルトで無視されます。 この結果、エクスポート先のキャッシュはマージまたはブレンドされます。 これがデフォルトです。
Boolean

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_cache_path

キャッシュのエクスポート先のフォルダー。

String

コードのサンプル

ExportMapServerCache (マップ サーバー キャッシュのエクスポート) の例 1 (スタンドアロン スクリプト)

格納形式を EXPLODED から COMPACT に変更して、フィーチャクラスのキャッシュ タイルをエクスポートします。

# Name: ExportMapServerCache.py for ArcGIS Server
# Description: The following stand-alone script demonstrates how to export
# 		cache as CACHE_DATASET in COMPACT storage format and MERGE tiles
#               using an AREA_OF_INTEREST to TARGET_CACHE_PATH
#		which is accessible to server instances
# Requirements: os, sys, time and traceback modules

# Any line that begins with a pound sign is a comment and will not be executed
# Empty quotes take the default value.
# To accept arguments from the command line replace values of variables to
#                                                           "sys.argv[]"

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
import os, sys, time, datetime, traceback, string

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# List of input variables for map service properties
connectionFile = r"C:\Users\<username>\AppData\Roaming\ESRI\Desktop10.1\ArcCatalog"
server 			= "arcgis on MyServer_6080 (publisher)"
serviceName 		= "Rainfall.MapServer"
inputService 		= connectionFile + "\\" + server + "\\" + serviceName
targetCachePath 	= "C:/data/temp"
exportCacheType 	= "CACHE_DATASET"
copyDataFromServer 	= "DO_NOT_COPY"
storageFormat 		= "COMPACT"
scales 			= [500000,250000,125000,64000]
numOfCachingServiceInstances = "2"
areaOfInterest 		= "C:/data/101/Portland/Metro.shp"
exportExtents 		= ""
overwriteTiles 		= "MERGE"

currentTime = datetime.datetime.now()
arg1 	= currentTime.strftime("%H-%M")
arg2 	= currentTime.strftime("%Y-%m-%d %H:%M")
file 	= 'C:/data/report_%s.txt' % arg1

# print results of the script to a report
report = open(file,'w')

# use "scaleValues[0]","scaleValues[-1]","scaleValues[0:3]"

# Enter rectangular custom extent values for the "exportExtents" variable to
# constrain the exporting cache along the rectangular extents

try:
    starttime = time.clock()
    result = arcpy.ExportMapServerCache_server(inputService, targetCachePath,
                                               exportCacheType,
                                               copyDataFromServer,
                                               storageFormat, scales,
                                               numOfCachingServiceInstances,
                                               areaOfInterest, exportExtents,
					       overwriteTiles)
    finishtime = time.clock()
    elapsedtime = finishtime - starttime

    #print messages to a file
    while result.status < 4:
        time.sleep(0.2)
    resultValue = result.getMessages()
    report.write ("completed " + str(resultValue))

    print("Exported cache successfully for mapservice " + serviceName + \
        " to " + targetCachePath + "\n using " + areaOfInterest + "\n in " + \
        str(elapsedtime) + " sec \n on " + arg2)

except Exception as e:
    # If an error occurred, print line number and error message
    tb = sys.exc_info()[2]
    report.write("Failed at \n" "Line %i" % tb.tb_lineno)
    report.write(str(e))

print("Exported Map server Cache  using area of Interest")

report.close()
ExportMapServerCache (マップ サーバー キャッシュのエクスポート) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

ArcGIS Server インスタンスからエクスポート先のフォルダーにアクセスできない場合に、キャッシュを TILE_PACKAGE としてエクスポートします。

# Name: ExportMapServerCache.py
# Description: The following stand-alone script demonstrates how to export cache
#               as TILE_PACKAGE for default number of scales of a service, to a
#               TARGET_CACHE_PATH which is inaccessible to server instances using
#               COPY_DATA_FROM_SERVER
# Requirements: os, sys, time and traceback modules

# Any line that begins with a pound sign is a comment and will not be executed
# Empty quotes take the default value.
# To accept arguments from the command line replace values of variables to
#                                                           "sys.argv[]"

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
import os, sys, time, datetime, traceback, string

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# List of input variables for map service properties
connectionFile = r"C:\Users\<username>\AppData\Roaming\ESRI\Desktop10.1\ArcCatalog"
server = "arcgis on MyServer_6080 (publisher)"
serviceName = "Rainfall.MapServer"
inputService = connectionFile + "\\" + server + "\\" + serviceName
targetCachePath = "C:/temp/usa"
exportCacheType = "TILE_PACKAGE"
copyDataFromServer = "COPY_DATA"
storageFormat = "COMPACT"
scaleValues = [500000,250000,125000,64000]
numOfCachingServiceInstances = "2"
exportExtents = ""
areaOfInterest = ""
overwriteTiles = "MERGE"

currentTime = datetime.datetime.now()
arg1 = currentTime.strftime("%H-%M")
arg2 = currentTime.strftime("%Y-%m-%d %H:%M")
file = 'C:/data/report_%s.txt' % arg1

# print results of the script to a report
report = open(file,'w')

# use "scaleValues[0]","scaleValues[-1]","scaleValues[0:3]"

try:
    starttime = time.clock()
    result = arcpy.ExportMapServerCache_server(inputService, targetCachePath,
                                               exportCacheType,
                                               copyDataFromServer,
                                               storageFormat, scales,
                                               numOfCachingServiceInstances,
                                               areaOfInterest,
                                               exportExtents, overwriteTiles)
    finishtime = time.clock()
    elapsedtime = finishtime - starttime

    #print messages to a file
    while result.status < 4:
        time.sleep(0.2)
    resultValue = result.getMessages()
    report.write ("completed " + str(resultValue))

    print("Exported cache successfully for mapservice " + serviceName + " to " + \
        targetCachePath + " in " + str(elapsedtime) + " sec \n on" + arg2)

except Exception as e:
    # If an error occurred, print line number and error message
    tb = sys.exc_info()[2]
    report.write("Failed at step 1 \n" "Line %i" % tb.tb_lineno)
    report.write(str(e))

print("Exported Map server Cache ")

report.close()

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック