マップ サービス キャッシュのタイルを管理 (Manage Map Server Cache Tiles) (サーバー)

サマリー

タイルを既存の Web タイル レイヤー キャッシュ内に作成し、更新します。 このツールは、新しいタイルの作成、欠落したタイルの補充、古くなったタイルの上書き、またはタイルの削除に使用します。

使用法

  • このツールは、広大な地理的範囲または非常に大縮尺をカバーするキャッシュを行う場合、実行に時間がかかることがあります。 もしツールがキャンセルされると、タイルの作成は停止しますが、既存のタイルは削除されません。 つまり、時間がないときにはツールをキャンセルし、後で [更新方法] パラメーターを [空タイルを再作成] (Python では update_mode="RECREATE_EMPTY_TILES") に設定して、同じキャッシュに対して再度ツールを実行することができます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力サービス

キャッシュ タイルを更新する Web タイル レイヤーまたはマップ イメージ レイヤー。 [ポータル] で必要なサービスを参照してこれを選択できます。または、[プロジェクト] ウィンドウの [ポータル] タブから Web タイル レイヤーをドラッグ&ドロップして、このパラメーターを指定することもできます。

Image Service; Map Server
縮尺

タイルを作成する縮尺レベルのリスト。

デフォルトでは、ツール ダイアログのリストには、サービスの最小と最大のキャッシュ縮尺の間にある縮尺が表示されます。 ArcGIS Pro でサービスのキャッシュ縮尺範囲を変更することはできません。

Double
更新モード

キャッシュを更新するときのモード。

  • 空タイルを再作成 — 空のタイルだけを作成します。 既存のタイルは未変更のままです。 このオプションは、ArcGIS Online に公開された Web タイル レイヤーでは使用できません。
  • すべてのタイルを再作成 — 既存のタイルを置き換え、範囲が変更された場合は新しいタイルを追加します。
  • タイルの削除 — タイルはキャッシュから削除されます。 キャッシュ フォルダー構造は削除されません。
String
キャッシュ サービスのインスタンス数
(オプション)

タイルの更新/生成に使用するインスタンスの数を定義します。 このパラメーターの値は無制限 (-1) に設定され、変更できません。

Long
対象エリア
(オプション)

対象エリアを定義して、タイルを作成または削除する範囲を制限します。 このパラメーターは、不規則な形状のエリアでタイルを管理する場合に便利です。 一部のエリアだけを事前にキャッシュして、表示頻度の低いエリアをキャッシュしない場合にも有効です。

このパラメーターに値を指定しない場合、デフォルトのマップ全体表示が使用されます。

Feature Set
更新範囲
(オプション)

[更新モード] パラメーターの値に従って、タイルを作成または削除する矩形の範囲。 [更新範囲][対象エリア] の両方に値を指定することはお勧めしません。 両方のパラメーターに値を設定した場合は、[対象エリア] の値が使用されます。

  • [デフォルト] - すべての関連する入力の最大範囲に基づく範囲とします。これがデフォルトです。
  • [現在の表示範囲] - 範囲がデータ フレームまたは表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
ジョブの完了を待機
(オプション)

このパラメーターを指定すると、ArcGIS Online または Portal for ArcGIS で実行されているキャッシュ ジョブの進行状況を確認できます。

  • オン - キャッシュ ジョブを Portal for ArcGIS または ArcGIS Online 上で実行しながら、このツールは引き続き Pro で実行されます。 このオプションを利用すると、いつでも詳細な進行状況のレポートをリクエストして、表示されるジオプロセシング メッセージを確認できます。
  • オフ - このツールはジョブをポータルに送信し、ArcGIS Pro で他のジオプロセシング タスクを実行したり、終了できるようにします。 このオプションは、サービスを公開するときにキャッシュを自動的に作成するよう選択した場合に使用されます。また、作成する別のキャッシュで、このオプションを設定することもできます。
Boolean
ポータル URL
(オプション)

ポータル URL。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力マップ サービス URL

出力 URL。

String

arcpy.server.ManageMapServerCacheTiles(input_service, scales, update_mode, {num_of_caching_service_instances}, {area_of_interest}, {update_extent}, {wait_for_job_completion}, {portal_url})
名前説明データ タイプ
input_service

キャッシュ タイルを更新する Web タイル レイヤーまたはマップ イメージ レイヤー。

Image Service; Map Server
scales
[scales,...]

このツールの実行中に、update_mode に従って、タイルを作成または削除する縮尺レベル。

Double
update_mode

キャッシュを更新するときのモード。

  • RECREATE_EMPTY_TILES空のタイルだけを作成します。 既存のタイルは未変更のままです。 このオプションは、ArcGIS Online に公開された Web タイル レイヤーでは使用できません。
  • RECREATE_ALL_TILES既存のタイルを置き換え、範囲が変更された場合は新しいタイルを追加します。
  • DELETE_TILESタイルはキャッシュから削除されます。 キャッシュ フォルダー構造は削除されません。
String
num_of_caching_service_instances
(オプション)

タイルの更新/生成に使用するインスタンスの数を定義します。 このパラメーターの値は無制限 (-1) に設定され、変更できません。

Long
area_of_interest
(オプション)

対象エリアを定義して、タイルを作成または削除する範囲を制限します。 このパラメーターは、不規則な形状のエリアでタイルを管理する場合に便利です。 一部のエリアだけを事前にキャッシュして、表示頻度の低いエリアをキャッシュしない場合にも有効です。

このパラメーターに値を指定しない場合、デフォルトのマップ全体表示が使用されます。

Feature Set
update_extent
(オプション)

update_mode パラメーターの値に従って、タイルを作成または削除する矩形の範囲。 update_extentarea_of_interest の両方に値を指定することはお勧めしません。 両方のパラメーターに値を設定した場合は、area_of_interest の値が使用されます。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
wait_for_job_completion
(オプション)

このパラメーターを指定すると、ポータルで実行されているキャッシュ ジョブの進行状況を確認できます。

  • WAITキャッシュ ジョブを Portal for ArcGIS または ArcGIS Online 上で実行しながら、このツールは引き続き Python ウィンドウで実行されます。 このオプションを利用すると、いつでも詳細な進行状況のレポートをリクエストして、表示されるジオプロセシング メッセージを確認できます。 これがデフォルトのオプションです。 Python スクリプトでは、このオプションを使用することをお勧めします。
  • DO_NOT_WAITこのジオプロセシング ツールはジョブをサーバーに送信し、他のジオプロセシング タスクを実行できるようにします。 このオプションは、サービスを公開するときにキャッシュを自動的に作成するよう選択した場合に使用されます。また、作成する別のキャッシュで、このオプションを設定することもできます。 キャッシュ ジョブのステータスの履歴を参照するには、ArcMap を開き、[カタログ] ウィンドウでサービスを右クリックして、[キャッシュ ステータスの表示] をクリックします。 ツールの結果のメッセージに含まれる URL を使用することもできます。
Boolean
portal_url
(オプション)

ポータル URL。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_job_url

出力 URL。

String

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック