正規分布ラスターの作成 (Create Normal Raster) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

[解析] ウィンドウの範囲とセル サイズ内で、正規 (ガウス) 分布を使用してランダム値のラスターを作成します。

正規分布ラスターの作成 (Create Normal Raster) の図
OutRas = CreateNormalRaster(1, 0 0 4 4)
注意: これは代表的な出力例です。実際の値は、ツールを実行するたびに異なります。

使用法

  • [正規分布ラスターの作成 (Create Normal Raster)] ツールは、出力ラスターのすべてのセルに対して値を生成します。

  • このツールの出力ラスターは常に浮動小数点タイプになります。

  • セル値の最大精度は小数点以下 7 桁です。

  • 出力値の平均値は 0.0、標準偏差は 1.0 になります。異なる標準偏差にする場合は、出力ラスターにその値を掛けます。異なる平均値にする場合は、その値をラスターに加えます。たとえば、値の平均値が 39、標準偏差が 2.5 のラスターを作成するには、[正規分布ラスターの作成 (Create Normal Raster)] の結果に 2.5 を掛けてから、39 を加えます。

    • マップ代数演算では、次のようになります。

      import arcpy
      from arcpy import env
      from arcpy.sa import *
      env.workspace = "C:/data"
      outNorm = CreateNormalRaster(1, Extent(0, 0, 100, 100)) * 2.5 + 39
      outNorm.save("C:/output/norm2")

  • 乱数ジェネレーターは、システム クロックの現在の値 (1970 年 1 月 1 日からの秒数) を使用して、自動的にシードしています。[ランダム ラスターの作成 (Create Random Raster)] ツールを再シードすると、[正規分布ラスター (Create Normal Raster)] も再シードされます。

  • [出力セル サイズ] パラメーターは、数値で定義することも、既存のラスター データセットから取得することもできます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、[セル サイズ] 環境が指定されていれば、そこから取得されます。パラメーター セル サイズまたは環境セル サイズが指定されていないが、[スナップ ラスター] 環境が設定されている場合は、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。何も指定しない場合、セル サイズは 1 になります。

  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が出力空間参照と異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • ツールには入力がないため、出力空間参照は特定の順序で他の設定から取得されます。最初に、[出力座標系] 環境が指定されている場合は使用され、次にマップ ビューの座標系が使用されます。どちらの条件も満たされない場合、出力空間参照は [不明] に設定されます。

  • セル サイズに基づいてデフォルトの出力範囲が計算され、250 行および 250 列のラスターが作成されます。このため、デフォルトのセル サイズが 1 の場合、[出力範囲] は (0, 0, 250, 250) になります。[セル サイズ][スナップ ラスター]、および [出力座標系] 環境が指定されている場合、範囲の値はそれらに基づいて調整されます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
出力セル サイズ
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
出力範囲
(オプション)

出力ラスター データセットの範囲。

環境設定で特定の値が指定されている場合、その値を使用します。設定されていない場合、デフォルトは 0, 0, 250, 250 です。

Extent

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力値の平均値が 0.0、標準偏差が 1.0 の正規分布の出力ラスター。

Raster

CreateNormalRaster({cell_size}, {extent})
名前説明データ タイプ
cell_size
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
extent
(オプション)

出力ラスター データセットの範囲。

Extent は Python クラスです。

このツールでは Extent(XMin, YMin, XMax, YMax) の形式をとります。

  • XMin および YMin は、範囲の左下の座標を定義します。XMax および YMax は、右上の座標を定義します。

座標は、出力座標系環境設定と同じマップ単位で指定します。

環境設定で特定の値が指定されている場合、その値を使用します。設定されていない場合、デフォルトは 0, 0, 250, 250 です。

Extent

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力値の平均値が 0.0、標準偏差が 1.0 の正規分布の出力ラスター。

Raster

コードのサンプル

CreateNormalRaster (正規分布ラスターの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

次のサンプルでは、定義済みのセル サイズおよび範囲で正規分布の値を持つ出力ラスターを作成しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outNormalRaster = CreateNormalRaster(2, Extent(0, 0, 150, 150))
outNormalRaster.save("C:/sapyexamples/output/outnormal")
CreateNormalRaster (正規分布ラスターの作成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のサンプルでは、定義済みのセル サイズおよび範囲で正規分布の値を持つ出力ラスターを作成しています。

# Name: CreateNormalRaster_Ex_02.py
# Description: Creates a raster of random values from a normal distribution
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
cellSize = 2
extent = Extent(0, 0, 150, 150)

# Execute CreateNormalRaster
outNormalRaster = CreateNormalRaster(cellSize, extent) 

# Save the output 
outNormalRaster.save("C:/sapyexamples/output/outnormraster")

関連トピック