複数の抽出値 → ポイント (Extract Multi Values to Points) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

1 つ以上のラスターから、ポイント フィーチャクラスで指定された位置にあるセル値を抽出し、その値をポイント フィーチャクラスの属性テーブルに記録します。

使用法

  • このツールは、入力ポイント フィーチャを変更し、内部フィーチャID (ObjectID、FID、または OID) を変更することがあります。解析を実行する前に、属性テーブルに一意の ID フィールドを作成することをお勧めします。

  • セル値は、各位置にあるすべての入力ラスターから抽出されます。各入力ラスターのセル値を含む新しいフィールドが入力ポイント フィーチャクラスに追加されます。

  • 入力ラスター テーブルからの追加属性 (存在する場合) は、入力ポイント フィーチャに追加されません。

  • 解析環境では、入力ラスターはリサンプリングされません。代わりに、値が抽出されるラスターの空間参照に入力位置を投影することによって、元の解像度および空間参照ですべての入力ラスターからセル値が抽出されます。

    ただし、解析環境は入力位置に適用されます。

  • 入力ラスター内で NoData セルから値を抽出する位置には、出力テーブルで NULL 値が与えられます。シェープファイルでは、NULL フィールドがサポートされていないため、NoData セルは -9999 の値でテーブルに表示されます。

  • シェープファイル形式には、フィールド名の最大長が 10 文字という制限があります。そのため、デフォルトでは、入力シェープファイルの属性テーブルに追加されるフィールド名は切詰められ、一意になります。これにより、特に名前が長くて非常に似ている場合は、フィールド間の区別が難しくなる可能性があります。この場合、入力シェープファイルをファイル ジオデータベースにコピーして、フィーチャクラスを解析用に使用することをお勧めします。

  • [入力ポイント フィーチャ] (Python では in_point_features) が XY イベント レイヤーを使用して定義されている場合、基になるイベント テーブルが直接更新されます。基になるテーブルが読み取り専用の場合、ツールは失敗します。

  • マルチポイント フィーチャでは、ツールの実行に失敗します。マルチポイント フィーチャを使用して解析を実行するには、抽出ツールでマルチポイント フィーチャを使用する前に、シングルポイント フィーチャに変換します。詳細については、「マルチポイント データの処理」をご参照ください。

  • [入力ラスター] (Python では in_rasters) パラメーターには、任意のラスターの組み合わせ (シングル バンドまたはマルチバンド) を指定できます。

  • [入力ラスター] (Python では in_rasters) の 1 つとしてマルチバンド ラスターが指定された場合、その入力のすべてのバンドが使用されます。

    入力マルチバンド ラスターから選択したバンドを処理するには、まず、[コンポジット バンド (Composite Bands)] ツールを使用して、それら特定のバンドから構成される新しいラスター データセットを作成します。その後、その結果を入力ラスターのリストで使用します。

  • 入力がマルチバンド ラスターの場合、すべてのバンドのフィールドが追加され、出力フィールドの名前にバンド数を表す「b1_, b2_, …bn」という接頭辞が追加されます。

  • デフォルトでは、入力ラスターの名前から出力フィールド名が作成されます。ラスター値を格納する各フィールドに一意の名前を使用することもできます。

  • 内挿オプションは、ラスターから値を取得する方法を決定します。デフォルトのオプションでは、入力位置で正確なセル値が抽出されます。共一次内挿法を使用して内挿された値を抽出するには、[ポイントの位置で値を共一次内挿] オプションをオンにします。Python では、bilinear_interpolate_values パラメーターを BILINEAR に設定します。

  • [マスク] 環境でフィーチャが指定されている場合、入力ラスターの最小セル サイズを使用して内部ラスターが作成されます。抽出中に、内部マスク ラスターが各入力ラスターのセル サイズにリサンプリングされます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ポイント フィーチャ

ラスター値に追加する入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
入力ラスター

入力ポイント フィーチャの位置に基づいて抽出する入力ラスターの値。

オプションで、ラスター値を格納するフィールドの名前を指定できます。デフォルトでは、入力ラスターのデータセット名に基づいて、一意のフィールド名が作成されます。

Extract Values
ポイントの位置で値を共一次内挿
(オプション)

内挿を使用するかどうかを指定します。

  • オフ - 内挿は適用されません。セルの中心の値が使用されます。これがデフォルトです。
  • オン - セルの値は、有効な値を持つ隣接するセルから共一次内挿法を使用して算出されます。すべての隣接セルが NoData でない限り、内挿で NoData は無視されます。
Boolean

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新されたポイント フィーチャ

更新されたポイント フィーチャ。

フィーチャ クラス

ExtractMultiValuesToPoints(in_point_features, in_rasters, {bilinear_interpolate_values})
名前説明データ タイプ
in_point_features

ラスター値に追加する入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
in_rasters
[Raster, {Output Field Name}]

入力ポイント フィーチャの位置に基づいて抽出する入力ラスターの値。

オプションで、ラスター値を格納するフィールドの名前を指定できます。デフォルトでは、入力ラスターのデータセット名に基づいて、一意のフィールド名が作成されます。

Extract Values
bilinear_interpolate_values
(オプション)

内挿を使用するかどうかを指定します。

  • NONE 内挿は適用されません。セルの中心の値が使用されます。これがデフォルトです。
  • BILINEAR 共一次内挿法を使用して、有効な値を持つ隣接セルからセルの値が計算されます。すべての隣接セルが NoData でない限り、内挿で NoData は無視されます。
Boolean

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_point_features

更新されたポイント フィーチャ。

フィーチャ クラス

コードのサンプル

ExtractMultiValuesToPoints (複数の抽出値 → ポイント) の例 1 (Python ウィンドウ)

複数のラスターからポイント シェープファイル フィーチャクラスの属性にセル値を抽出します。

import arcpy
from arcpy.sa import *
from arcpy import env 
env.workspace = "c:/sapyexamples/data"
ExtractMultiValuesToPoints("observers.shp", [["elevation", "ELEV"], 
                           ["costraster", "COST"], ["flowdir", "DIR"]], "NONE")
ExtractMultiValuesToPoints (複数の抽出値 → ポイント) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

内挿を使用して、複数のラスターからポイント シェープファイル フィーチャクラスの属性にセル値を抽出します。

# Name: ExtractMultiValuesToPoints_Ex_02.py
# Description: Extracts the cells of multiple rasters as attributes in
#    an output point feature class.  This example takes a multiband IMG
#    and two GRID files as input.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inPointFeatures = "poi.shp"
inRasterList = [["doqq.img", "doqqval"], ["redstd", "focalstd"], 
                ["redmin", "focalmin"]]

# Execute ExtractValuesToPoints
ExtractMultiValuesToPoints(inPointFeatures, inRasterList, "BILINEAR")

関連トピック