抽出値 → ポイント (Extract Values to Points) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

一連のポイント フィーチャに基づいてラスターのセル値を抽出し、その値を出力フィーチャクラスの属性テーブルに記録します。

[複数の抽出値 → ポイント (Extract Values to Points)] ツールにより、機能またはパフォーマンスが向上します。

使用法

  • 入力ポイント フィーチャクラスのすべてのフィールドは、出力ポイント フィーチャクラスに引き継がれます。

  • RASTERVALU と呼ばれる新規フィールドが出力に追加され、抽出された値が格納されます。 この名前のフィールドが入力フィーチャの属性テーブルにすでに存在する場合、ツールの実行は失敗します。

  • 解析環境では、入力ラスターはリサンプリングされません。 代わりに、値が抽出されるラスターの空間参照に入力位置を投影することによって、元の解像度および空間参照で入力ラスターからセル値が抽出されます。

    ただし、解析環境は入力位置に適用されます。

  • 入力ラスター内で NoData セルから値を抽出する位置には、出力テーブルで NULL 値が与えられます。シェープファイルでは、NULL フィールドがサポートされていないため、NoData セルは -9999 の値でテーブルに表示されます。

  • シェープファイル形式には、フィールド名の最大長が 10 文字という制限があります。 そのため、デフォルトでは、出力シェープファイルの属性テーブルに追加されるフィールド名は切詰められ、一意になります。 これにより、特に名前が長くて非常に似ている場合は、フィールド間の区別が難しくなる可能性があります。 この場合、ファイル ジオデータベースに出力することをお勧めします。

  • マルチポイント フィーチャでは、ツールの実行に失敗します。マルチポイント フィーチャを使用して解析を実行するには、抽出ツールでマルチポイント フィーチャを使用する前に、シングルポイント フィーチャに変換します。詳細については、「マルチポイント データの処理」をご参照ください。

  • [入力ラスター] (Python では in_raster) としてマルチバンド ラスターが指定された場合、最初のバンドのみが使用されます。

    別のバンドを処理するには、使用するバンドを指定します。

    複数のラスターまたはマルチバンド ラスター データセットから値を抽出する場合は、[複数の抽出値 → ポイント (Extract Multi Values To Points)] ツールを使用します。

  • 内挿オプションは、ラスターから値を取得する方法を決定します。 デフォルトのオプションでは、入力位置で正確なセル値が抽出されます。 共一次内挿法を使用して内挿された値を抽出するには、[ポイントの位置で値を内挿] (Python では interpolate_values) オプションをオンにします。

  • 入力ラスター テーブルからすべての属性を追加するには、[すべての入力ラスターの属性情報を出力ポイント フィーチャに追加] オプションをオン (Python では add_attributes パラメーターを ALL) にします。 属性は、同じ値のまま出力ポイント フィーチャに引き継がれます。 記録されるプロパティの特性に応じて、一部の属性値は再計算が必要な場合があります。

  • [出力座標系] 環境が明示的に指定されていない場合、出力フィーチャクラスの空間参照は入力ポイント フィーチャから取得されます。 ただし、[出力座標系] 環境が指定されているかどうかに関係なく、出力がフィーチャ データセットに書き込まれる場合、出力の空間参照はフィーチャ データセットと同じになります。

  • [マスク] 環境でフィーチャが指定されている場合、入力ラスターからのセル サイズとセルの配置を使用して、内部でラスターに変換されます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ポイント フィーチャ

ラスター セル値の抽出元の場所を指定する入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
入力ラスター

値を抽出するラスター データセット。

整数タイプ ラスターまたは浮動小数点タイプ ラスターのいずれかにできます。

Raster Layer
出力ポイント フィーチャ

抽出されたラスター値を含む出力ポイント フィーチャ データセット。

Feature Class
ポイントの位置で値を内挿
(オプション)

内挿を使用するかどうかを指定します。

  • オフ - 内挿は適用されません。セルの中心の値が使用されます。 これがデフォルトです。
  • オン - セルの値は、有効な値を持つ隣接するセルから共一次内挿法を使用して算出されます。 すべての隣接セルが NoData でない限り、内挿で NoData は無視されます。
Boolean
すべての入力ラスターの属性情報を出力ポイント フィーチャに追加
(オプション)

ラスターの属性を出力ポイント フィーチャ データセットに書き込むかどうかを決定します。

  • オフ - 入力ラスターの値だけがポイントの属性に追加されます。 これがデフォルトです。
  • オン - 入力ラスターの (Count を除く) すべてのフィールドがポイントの属性に追加されます。
Boolean

ExtractValuesToPoints(in_point_features, in_raster, out_point_features, {interpolate_values}, {add_attributes})
名前説明データ タイプ
in_point_features

ラスター セル値の抽出元の場所を指定する入力ポイント フィーチャ。

Feature Layer
in_raster

値を抽出するラスター データセット。

整数タイプ ラスターまたは浮動小数点タイプ ラスターのいずれかにできます。

Raster Layer
out_point_features

抽出されたラスター値を含む出力ポイント フィーチャ データセット。

Feature Class
interpolate_values
(オプション)

内挿を使用するかどうかを指定します。

  • NONE内挿は適用されません。セルの中心の値が使用されます。 これがデフォルトです。
  • INTERPOLATE共一次内挿法を使用して、有効な値を持つ隣接セルからセルの値が計算されます。 すべての隣接セルが NoData でない限り、内挿で NoData は無視されます。
Boolean
add_attributes
(オプション)

ラスターの属性を出力ポイント フィーチャ データセットに書き込むかどうかを決定します。

  • VALUE_ONLY入力ラスターの値だけがポイントの属性に追加されます。 これがデフォルトです。
  • ALL入力ラスターの (Count を除く) すべてのフィールドがポイントの属性に追加されます。
Boolean

コードのサンプル

ExtractValuesToPoints (抽出値 → ポイント) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、ポイント シェープファイルによって指定された位置にあるラスターのセル値を抽出し、その値を持つ出力ポイント フィーチャクラスを作成します。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
ExtractValuesToPoints("rec_sites.shp", "elevation",
                      "C:/sapyexamples/output/outValPnts","INTERPOLATE",
                      "VALUE_ONLY")
ExtractValuesToPoints (抽出値 → ポイント) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、ポイント シェープファイルによって指定された位置にあるラスターのセル値を抽出し、その値を持つ出力ポイント シェープファイルを作成します。

# Name: ExtractValuesToPoints_Ex_02.py
# Description: Extracts the cells of a raster based on a set of points.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inPointFeatures = "rec_sites.shp"
inRaster = "elevation"
outPointFeatures = "C:/sapyexamples/output/extractvaluespts.shp"

# Execute ExtractValuesToPoints
ExtractValuesToPoints(inPointFeatures, inRaster, outPointFeatures,
                      "INTERPOLATE", "VALUE_ONLY")

関連トピック