ファジー オーバーレイ (Fuzzy Overlay) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

選択したオーバーレイ タイプに基づき、ファジー メンバーシップのラスター データを結合します。

[ファジー オーバーレイ (Fuzzy Overlay)] ツールの詳細

使用法

  • このツールは、[ファジー メンバーシップ (Fuzzy Membership)] ツールの結果に対して使用することをお勧めします。このツールは、0 ~ 1 の範囲の値を持つラスターに適用することを想定しています。

  • 次のリストは、特定の条件で使用するのに適切な [オーバーレイ タイプ] を示したものです。

    • すべての入力事象ラスターから最大値を取得するには、[Or] を使用します。このケースでは、入力のいずれかに高い値がある場合、最終的な出力値は高くなります。
    • すべての入力事象ラスターから最小値を取得するには、[And] を使用します。その場合、出力が高い値になるには、すべての入力が高い値を持つ必要があります。
    • 結合した事象が単一の事象より重要でない場合は [Product] を使用します。
    • 結合した事象が単一の事象より重要である場合は [Sum] を使用します。
    • [Gamma] タイプは、通常、多くの基本的なデータの結合に使用されます。[Gamma] が 1 の場合、結果は [Sum] の場合と同じになります。[Gamma] が 0 の場合、結果は [Product] の場合と同じになります。0 ~ 1 の範囲の値を使用して、ファジーな [And] または Fuzzy [Or] によって確立される両極端の間で事象を結合して結果を生成することができます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

オーバーレイで結合する入力メンバーシップ ラスターのリスト。

Raster Layer
オーバーレイ タイプ
(オプション)

2 つ以上のメンバーシップ データを結合するために使用する方法を指定します。

  • And入力ファジー ラスターからの最小のファジー メンバーシップです。
  • Or入力ファジー ラスターからの最大のファジー メンバーシップです。
  • Product減少関数です。これは、複数のエビデンスの結合が単一の入力より重要でない場合や小さい場合に使用します。
  • Sum増加関数です。これは、複数のエビデンスの結合が単一の入力より重要である場合や大きい場合に使用します。
  • Gamma[Sum] および [Product] の代数積で、ガンマで累乗されます。
String
Gamma
(オプション)

使用されるガンマ値。これは、[オーバーレイ タイプ][Gamma] に設定された場合のみ使用されます。

デフォルト値は 0.9 です。

Double

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

ファジー演算子を適用した結果である出力ラスター。

この出力は、必ず 0 ~ 1 の値を持ちます。

Raster

FuzzyOverlay(in_rasters, {overlay_type}, {gamma})
名前説明データ タイプ
in_rasters
[in_raster,...]

オーバーレイで結合する入力メンバーシップ ラスターのリスト。

Raster Layer
overlay_type
(オプション)

2 つ以上のメンバーシップ データを結合するために使用する方法を指定します。

  • AND入力ファジー ラスターからの最小のファジー メンバーシップです。
  • OR入力ファジー ラスターからの最大のファジー メンバーシップです。
  • PRODUCT減少関数です。これは、複数のエビデンスの結合が単一の入力より重要でない場合や小さい場合に使用します。
  • SUM増加関数です。これは、複数のエビデンスの結合が単一の入力より重要である場合や大きい場合に使用します。
  • GAMMA[Sum] および [Product] の代数積で、ガンマで累乗されます。
String
gamma
(オプション)

使用されるガンマ値。これは、[オーバーレイ タイプ][Gamma] に設定された場合のみ使用されます。

デフォルト値は 0.9 です。

Double

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

ファジー演算子を適用した結果である出力ラスター。

この出力は、必ず 0 ~ 1 の値を持ちます。

Raster

コードのサンプル

FuzzyOverlay (ファジー オーバーレイ) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、入力メンバーシップ ラスターを [And] オーバーレイ タイプで結合して、ラスター間の最小のメンバーシップ値を計算しています。

import arcpy
from arcpy.sa import *
from arcpy import env
env.workspace = "c:/sapyexamples/data"
outFzyOverlay = FuzzyOverlay(["fzymembout1", "fzymembout2"], "AND")
outFzyOverlay.save("c:/sapexamples/output/fuzzover.tif")
FuzzyOverlay (ファジー オーバーレイ) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、入力メンバーシップ ラスターを [Gamma] オーバーレイ タイプで結合しています。

# Name: FuzzyOverlay_Ex_02.py
# Description: Combine fuzzy membership rasters data together based on 
#    selected overlay type ("GAMMA" in this case). 
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRasterList = ["fzymembout1", "fzymembout2"]

# Execute FuzzyMembership
outFzyOverlay = FuzzyOverlay(inRasterList, "GAMMA", 0.9)

# Save the output
outFzyOverlay.save("c:/sapexamples/output/fuzzoverlay")

関連トピック