シェープの内挿 (Interpolate Shape) (Spatial Analyst)

3D Analyst のライセンスで利用可能。

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

サーフェスから Z 値を内挿することによって、3D フィーチャを作成します。

[シェープの内挿 (Interpolate Shape)] ツールの詳細

[シェープの内挿 (Interpolate Shape)] の図

使用法

  • Natural Neighbor 内挿法を使用する場合は、サーフェス内のデータ ポイントの平均ポイント間隔の半分以上のサンプリング距離を指定することを検討してください。

  • [頂点のみを内挿] オプションを使用すると、頂点がサーフェスのデータ エリアの外側にあるフィーチャが出力に含まれなくなります。ただし、入力サーフェスがラスターであり、最近隣内挿法を使用している場合を除きます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力サーフェス

Z 値の内挿に使用するサーフェス。

LAS Dataset Layer; Mosaic Layer; Raster Layer; Terrain Layer; TIN Layer
入力フィーチャ

処理対象の入力フィーチャ。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

生成されるフィーチャクラス。

Feature Class
サンプリング距離
(オプション)

Z 値を内挿する間隔。デフォルトでは、ラスターのデータセットのセル サイズまたは TIN サーフェスの自然最小ノード間隔になります。

Double
Z 係数
(オプション)

Z 値に乗算する係数。 これは通常、Z リニア単位から XY リニア単位に変換する場合に使用されます。 デフォルトは 1 です。この場合、標高値は変更されません。 入力サーフェスの空間参照に距離単位の指定された Z 測地基準系がある場合、このパラメーターは使用できません。

Double
方法
(オプション)

入力フィーチャの標高値を決定するのに使用される内挿方法です。利用できるオプションは、使用されているサーフェス タイプによって異なります。

  • 共一次内挿法共一次内挿法を使用して、入力ポイントの値を決定します。これは、入力がラスター サーフェスの場合のデフォルト設定です。
  • 最近隣内挿法最近隣内挿法を使用して、入力ポイントの値を決定します。この方法を使用すると、サーフェスの値が入力フィーチャの頂点でのみ内挿されます。このオプションは、ラスター サーフェスにしか使用できません。
  • ライン TIN、テレイン、および LAS データセットのデフォルトの内挿法。入力ポイントの XY 位置を含む三角形によって定義される平面から標高を取得します。
  • Natural Neighbor 入力ポイントの Natural Neighbor に、面積に基づく重み付けを行うことによって、標高を取得します。
  • 最小 Z 値を使用 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最小 Z 値から標高を取得します。
  • 最大 Z 値を使用 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最大 Z 値から標高を取得します。
  • 最近隣の Z 値を使用 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最近隣値から標高を取得します。
  • 平均に最も近い Z 値を使用 入力ポイントのすべての Natural Neighbor の平均に最も近い Z 値から標高を取得します。
String
頂点のみを内挿
(オプション)

サンプル距離のオプションを無視して、入力フィーチャの頂点に沿ってのみ内挿を実行するかどうかを指定します。入力サーフェスがラスターであり、最近隣内挿法が選択されている場合は、Z 値をフィーチャの頂点でのみ内挿できます。

  • オン - 頂点に沿って内挿します。
  • オフ - サンプリング距離を使用して内挿します。これがデフォルトです。
Boolean
ピラミッド レベル解像度
(オプション)

使用されるテレイン ピラミッド レベルの Z 許容値またはウィンドウ サイズの解像度。 デフォルト値は 0 (最大解像度) です。

Double
一部がサーフェスの外部にあるフィーチャを維持
(オプション)

1 つまたは複数の頂点がラスターのデータ エリアの外側にあるフィーチャを出力で維持するかどうかを指定します。このパラメーターを使用できるのは、入力サーフェスがラスターであり、最近隣内挿法を使用している場合に限ります。

  • オン - ラスター サーフェスの外側にある各頂点の Z 値は、そのラスター サーフェスの内側にある頂点に対して算出された Z 値の傾向から取得されます。
  • オフ - 1 つ以上の頂点がラスター サーフェスの外側にあるフィーチャが出力でスキップされます。これがデフォルトです。
Boolean

InterpolateShape(in_surface, in_feature_class, out_feature_class, {sample_distance}, {z_factor}, {method}, {vertices_only}, {pyramid_level_resolution}, {preserve_features})
名前説明データ タイプ
in_surface

Z 値の内挿に使用するサーフェス。

LAS Dataset Layer; Mosaic Layer; Raster Layer; Terrain Layer; TIN Layer
in_feature_class

処理対象の入力フィーチャ。

Feature Layer
out_feature_class

生成されるフィーチャクラス。

Feature Class
sample_distance
(オプション)

Z 値を内挿する間隔。デフォルトでは、ラスターのデータセットのセル サイズまたは TIN サーフェスの自然最小ノード間隔になります。

Double
z_factor
(オプション)

Z 値に乗算する係数。 これは通常、Z リニア単位から XY リニア単位に変換する場合に使用されます。 デフォルトは 1 です。この場合、標高値は変更されません。 入力サーフェスの空間参照に距離単位の指定された Z 測地基準系がある場合、このパラメーターは使用できません。

Double
method
(オプション)

入力フィーチャの標高値を決定するのに使用される内挿方法です。利用できるオプションは、使用されているサーフェス タイプによって異なります。

  • BILINEAR共一次内挿法を使用して、入力ポイントの値を決定します。これは、入力がラスター サーフェスの場合のデフォルト設定です。
  • NEAREST最近隣内挿法を使用して、入力ポイントの値を決定します。この方法を使用すると、サーフェスの値が入力フィーチャの頂点でのみ内挿されます。このオプションは、ラスター サーフェスにしか使用できません。
  • LINEAR TIN、テレイン、および LAS データセットのデフォルトの内挿法。入力ポイントの XY 位置を含む三角形によって定義される平面から標高を取得します。
  • NATURAL_NEIGHBORS 入力ポイントの Natural Neighbor に、面積に基づく重み付けを行うことによって、標高を取得します。
  • CONFLATE_ZMIN 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最小 Z 値から標高を取得します。
  • CONFLATE_ZMAX 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最大 Z 値から標高を取得します。
  • CONFLATE_NEAREST 入力ポイントの Natural Neighbor の中の最近隣値から標高を取得します。
  • CONFLATE_CLOSEST_TO_MEAN 入力ポイントのすべての Natural Neighbor の平均に最も近い Z 値から標高を取得します。
String
vertices_only
(オプション)

サンプル距離のオプションを無視して、入力フィーチャの頂点に沿ってのみ内挿を実行するかどうかを指定します。

  • DENSIFYサンプリング距離を使用して内挿します。これがデフォルトです。
  • VERTICES_ONLY頂点に沿って内挿します。
Boolean
pyramid_level_resolution
(オプション)

使用されるテレイン ピラミッド レベルの Z 許容値またはウィンドウ サイズの解像度。 デフォルト値は 0 (最大解像度) です。

Double
preserve_features
(オプション)

1 つまたは複数の頂点がラスターのデータ エリアの外側にあるフィーチャを出力で維持するかどうかを指定します。このパラメーターを使用できるのは、入力サーフェスがラスターであり、最近隣内挿法を使用している場合に限ります。

  • PRESERVEラスター サーフェスの外側にある各頂点の Z 値は、そのラスター サーフェスの内側にある頂点に対して算出された Z 値の傾向から取得されます。
  • EXCLUDE1 つ以上の頂点がラスター サーフェスの外側にあるフィーチャが出力でスキップされます。これがデフォルトです。
Boolean

コードのサンプル

InterpolateShape (シェープの内挿) の例 1 (Python ウィンドウ)

次のサンプルは、Python ウィンドウでこのツールを使用する方法を示しています。

from arcpy.sa import *
InterpolateShape("my_tin", "roads.shp", "roads_interp.shp")
InterpolateShape (シェープの内挿) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のサンプルは、スタンドアロン Python スクリプトでこのツールを使用する方法を示しています。

# Name: InterpolateShape_Ex_02.py
# Description: This script demonstrates how to use InterpolateShape on the 2D
# features in a target workspace.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy.sa import *

# Check out the ArcGIS Spatial Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("Spatial")

# Set the analysis environments
arcpy.env.workspace = "C:/arcpyExamples/data"

# Set the local variables
inFeatureClass = "point.shp"
inSurface = "dtm_tin"
OutFeatureClass = "point_interp.shp"
method = "NEAREST"

# Execute the tool
InterpolateShape(inSurface, inFeatureClass, OutFeatureClass, 15, 1, method, True)

関連トピック