ISO クラスターの教師なし分類 (Iso Cluster Unsupervised Classification) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

[ISO クラスター (Iso Cluster)][最尤法分類 (Maximum Likelihood Classification)] ツールを使用して、一連の入力ラスター バンドに教師なし分類を実行します。

使用法

  • このツールは、[ISO クラスター (Iso Cluster)][最尤法分類 (Maximum Likelihood Classification)] ツールの機能を組み合わせたもので、 分類されたラスターを出力します。オプションで、シグネチャ ファイルを出力します。

  • [入力ラスター バンド] (Python では in_raster_bands) の 1 つとしてマルチバンド ラスターが指定された場合、すべてのバンドが使用されます。

    マルチバンド ラスターから選択したバンドを処理するには、まず、[コンポジット バンド (Composite Bands)] ツールを使用して、それら特定のバンドから構成される新しいラスター データセットを作成し、その結果を [入力ラスター バンド] (Python では in_raster_bands) のリストで使用できます。

  • このツールから出力されたシグネチャ ファイルは、[最尤法分類 (Maximum Likelihood Classification)] など、別の分類ツールの入力として使用して、分類パラメーターをさらに制御することができます。

  • クラス数として有効な最小値は 2 です。クラスターの最大数はありません。一般に、クラスターの数が増えるほど反復処理の回数も増えます。

  • 以後の分類のためにシグネチャ ファイルを生成するのに必要である十分な統計情報を確保するには、各クラスターが個々のクラスターを正確に表現できるだけの数のセルを含んでいる必要があります。最小クラス サイズとして入力した値は、入力ラスター バンド内のレイヤー数のおよそ 10 倍にする必要があります。

  • サンプル間隔として入力した値 n は、n × n ブロックから 1 つセルを選んでクラスター計算に使用することを示します。

  • ASCII シグネチャ ファイルのクラスをマージまたは削除したり、統計情報を変更したりしてはいけません。

  • 一般に、入力バンドの交差の範囲に含まれるセルが多いほど、最小クラス サイズとサンプル間隔として指定する値も大きくする必要があります。サンプル間隔として入力する値は、入力データに存在する望ましい最小のカテゴリが適切にサンプリングできる程度に小さくする必要があります。

  • 出力シグネチャ ファイルのクラス ID は 1 から始まって、入力クラス数まで連続して増加します。クラス番号の割り当ては任意です。

  • 出力シグネチャ ファイルの名前は、拡張子を「.gsg」にする必要があります。

  • すべての入力バンドが同じデータ範囲を持つ場合、より優れた結果が得られます。バンドが非常に多様なデータ範囲をもつ場合は、[マップ代数演算] で式を実行することで、データ範囲を同じ範囲に変換できます。

    ISO クラスターの式
     where:
       Z is the output raster with new data ranges.
       X is the input raster.
       oldmin is the minimum value of the input raster.
       oldmax is the maximum value of the input raster.
       newmin is the desired minimum value for the output raster.
       newmax is the desired maximum value for the output raster.
  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター バンド

入力ラスター バンド。

整数タイプまたは浮動小数点タイプにすることができます。

Raster Layer; Mosaic Layer
クラス数

セルをグループ化するクラスの数。

Long
最小クラス サイズ
(オプション)

有効なクラス内の最小セル数。

デフォルトは 20 です。

Long
サンプル間隔
(オプション)

サンプリングに使用する間隔。

デフォルトは 10 です。

Long
出力シグネチャ ファイル
(オプション)

出力シグネチャ ファイル。

拡張子「.gsg」を指定する必要があります。

File

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力分類ラスター

出力分類ラスター。

Raster

IsoClusterUnsupervisedClassification(Input_raster_bands, Number_of_classes, {Minimum_class_size}, {Sample_interval}, {Output_signature_file})
名前説明データ タイプ
Input_raster_bands
[in_raster_band,...]

入力ラスター バンド。

整数タイプまたは浮動小数点タイプにすることができます。

Raster Layer; Mosaic Layer
Number_of_classes
number_of_classes

セルをグループ化するクラスの数。

Long
Minimum_class_size
minimum_class_size
(オプション)

有効なクラス内の最小セル数。

デフォルトは 20 です。

Long
Sample_interval
sample_interval
(オプション)

サンプリングに使用する間隔。

デフォルトは 10 です。

Long
Output_signature_file
out_signature_file
(オプション)

出力シグネチャ ファイル。

拡張子「.gsg」を指定する必要があります。

File

戻り値

名前説明データ タイプ
Output_classified_raster

出力分類ラスター。

Raster

コードのサンプル

IsoClusterUnsupervisedClassification (ISO クラスターの教師なし分類) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、入力バンドを教師なし分類により 5 つのクラスに分類し、分類されたラスターを出力しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outUnsupervised = IsoClusterUnsupervisedClassification("redlands", 5, 20, 50)
outUnsupervised.save("c:/temp/unsup01")
IsoClusterUnsupervisedClassification (ISO クラスターの教師なし分類) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、入力バンドを教師なし分類により 5 つのクラスに分類し、分類されたラスターを出力しています。

# Name: IsoClusterUnsupervisedClassification_Ex_02.py
# Description: Uses an isodata clustering algorithm to determine the 
#    characteristics of the natural groupings of cells in multidimensional 
#    attribute space and stores the results in an output ASCII signature file.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "redlands"
classes = 5
minMembers = 50
sampInterval = 15

# Execute IsoCluster
outUnsupervised = IsoClusterUnsupervisedClassification(inRaster, classes, minMembers, sampInterval)
outUnsupervised.save("c:/temp/outunsup01.tif")

関連トピック