ポイント統計 (Point Statistics) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

各出力セルの近傍内にあるポイントの統計情報を計算します。

[ポイント統計 (Point Statistics)] ツールの詳細

使用法

  • [出力セル サイズ] は、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、[セル サイズ] 環境が指定されていれば、そこから取得されます。パラメーターのセル サイズも環境のセル サイズも指定されておらず、[スナップ対象ラスター] 環境が設定されている場合には、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。何も指定されていない場合、セル サイズは範囲の幅または高さ (どちらか短い方) を 250 で割って求められます。この範囲は環境で指定された [出力座標系] にあります。

  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が出力空間参照と異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • 指定したフィールドが整数の場合、使用できるオーバーレイ統計情報は、[平均]、[最頻値]、[最大値]、[中央値]、[最小値]、[最少頻値]、[範囲]、[標準偏差]、[合計]、および [種類] です。 フィールドが浮動小数点の場合、使用できる統計情報は、[平均]、[最大値]、[最小値]、[範囲]、[標準偏差]、[合計] のみです。

  • [統計の種類] が [最頻値]、[最大値]、[中央値]、[最小値]、[最少頻値]、[範囲] および [合計] の場合、ラスターの出力データ タイプは入力フィールド タイプと同じになります。 [統計の種類] が [中央値] と [標準偏差] の場合、出力ラスターは必ず浮動小数になります。 [種類] の場合、出力ラスターは必ず整数になります。

  • ラスター セルの近傍内にポイントがない場合、[種類] の統計情報は値 0 を割り当てます。 他の統計情報については、NoData が割り当てられます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ポイント フィーチャ

各出力セルの近傍内の統計情報を計算する入力ポイント フィーチャ。

入力は、ポイントとマルチポイント フィーチャクラスが使用できます。

Feature Layer
フィールド

指定された統計情報を計算するために使用するフィールド。 入力フィーチャの任意の数値フィールドを設定できます。

入力フィーチャが Z 値を含む場合、Shape フィールドを使用できます。

Field
出力セル サイズ
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
近傍
(オプション)

入力ポイントがある各処理セル周辺のエリアは、統計情報の計算に使用されます。 さまざまな定義済みの近傍タイプから選択できます。

近傍タイプを選択すると、他のパラメーターを設定して、計測の形状、サイズ、単位を完全に定義できます。 デフォルトの近傍は四角形です。

使用可能な近傍タイプの形式を次に示します。

  • [ドーナツ型][内部半径][外部半径][単位の種類]

    内径および外径で定義される円環 (ドーナツ形状) の近傍。 デフォルトのドーナツ形は、内径が 1 セル、外径が 3 セルです。

  • [円形][半径][単位の種類]

    指定した半径の円形の近傍。 デフォルトの半径は 3 セルです。

  • [長方形][高さ][幅][単位の種類]

    高さと幅で定義される長方形の近傍。 デフォルトは、高さと幅が 3 x 3 セルの正方形です。

  • [扇型][半径][始点角度][終点角度][単位の種類]

    扇形の近傍は、半径、開始角度、終了角度によって定義されます。 扇形の角度は、反時計回りです。 角度は度で指定し、0 または 360 が東を表します。 負の角度も使用できます。 デフォルトの扇形は 0 〜 90 度で半径は 3 セルです。

パラメーターの距離単位は [セル] 単位または [マップ] 単位で指定できます。 セル単位がデフォルトです。

Neighborhood
統計情報の種類
(オプション)

計算する統計情報の種類を指定します。

計算は、各出力ラスター セルの指定した近傍内にあるポイントの指定したフィールド値に対して実行されます。

選択できる統計情報のタイプは、指定したフィールドの数値タイプによって決定されます。 フィールドが整数の場合、すべての統計情報が使用できます。 フィールドが浮動小数点の場合、使用できる統計情報は、最大値、平均、最小値、範囲、標準偏差、合計のみです。

  • 平均値各近傍のフィールド値の平均値が計算されます。
  • 最頻値各近傍内で最もよく存在するフィールドが特定されます。 同数の値が複数ある場合、低い値が使用されます。
  • 最大各近傍の最大値が特定されます。
  • 中央値各近傍の中央フィールド値が計算されます。 近傍内に存在するポイントが偶数である場合、2 つの中間値の小さい方が結果になります。
  • 最小各近傍の最小フィールド値が特定されます。
  • 最少頻値各近傍内での最少フィールド頻値が特定されます。 同数の値が複数ある場合、低い値が使用されます。
  • 範囲値各近傍のフィールド値の範囲 (最大と最小の差) が計算されます。
  • 標準偏差各近傍のフィールド値の標準偏差が計算されます。
  • 合計値近傍のフィールド値の合計値が計算されます。
  • 種類各近傍の一意のフィールド値の数が計算されます。
String

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ポイント統計ラスター。

Raster

PointStatistics(in_point_features, field, {cell_size}, {neighborhood}, {statistics_type})
名前説明データ タイプ
in_point_features

各出力セルの近傍内の統計情報を計算する入力ポイント フィーチャ。

入力は、ポイントとマルチポイント フィーチャクラスが使用できます。

Feature Layer
field

指定された統計情報を計算するために使用するフィールド。 入力フィーチャの任意の数値フィールドを設定できます。

入力フィーチャが Z 値を含む場合、Shape フィールドを使用できます。

Field
cell_size
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
neighborhood
(オプション)

入力ポイントがある各処理セル周辺のエリアは、統計情報の計算に使用されます。 さまざまな定義済みの近傍タイプから選択できます。

近傍タイプを選択すると、他のパラメーターを設定して、計測の形状、サイズ、単位を完全に定義できます。 デフォルトの近傍は四角形です。

各入力ポイント周辺の近傍の形状は、Neighborhood によって定義されます。 使用可能な近傍タイプは、NbrAnnulusNbrCircleNbrRectangle,NbrWedge です。

使用可能な近傍タイプの形式を次に示します。

  • NbrAnnulus({innerRadius}, {outerRadius}, {units})

    内径および外径で定義される円環 (ドーナツ形状) の近傍。 デフォルトのドーナツ形は、内径が 1 セル、外径が 3 セルです。

  • NbrCircle({radius}, {units}

    指定した半径の円形の近傍。 デフォルトの半径は 3 セルです。

  • NbrRectangle({width}, {height}, {units})

    高さと幅で定義される長方形の近傍。 デフォルトは、高さと幅が 3 x 3 セルの正方形です。

  • NbrWedge({radius}, {startAngle}, {endAngle}, {units})

    扇形の近傍は、半径、開始角度、終了角度によって定義されます。 扇形の角度は、反時計回りです。 角度は度で指定し、0 または 360 が東を表します。 負の角度も使用できます。 デフォルトの扇形は 0 〜 90 度で半径は 3 セルです。

パラメーターの距離単位は CELL 単位または MAP 単位で指定できます。 セル単位がデフォルトです。

デフォルトの近傍タイプは、高さと幅が 3 x 3 セルの NbrRectangle です。

Neighborhood
statistics_type
(オプション)

計算する統計情報の種類を指定します。

計算は、各出力ラスター セルの指定した近傍内にあるポイントの指定したフィールド値に対して実行されます。

  • MEAN各近傍のフィールド値の平均値が計算されます。
  • MAJORITY各近傍内で最もよく存在するフィールドが特定されます。 同数の値が複数ある場合、低い値が使用されます。
  • MAXIMUM各近傍の最大値が特定されます。
  • MEDIAN各近傍の中央フィールド値が計算されます。 近傍内に存在するポイントが偶数である場合、2 つの中間値の小さい方が結果になります。
  • MINIMUM各近傍の最小フィールド値が特定されます。
  • MINORITY各近傍内での最少フィールド頻値が特定されます。 同数の値が複数ある場合、低い値が使用されます。
  • RANGE各近傍のフィールド値の範囲 (最大と最小の差) が計算されます。
  • STD各近傍のフィールド値の標準偏差が計算されます。
  • SUM近傍のフィールド値の合計値が計算されます。
  • VARIETY各近傍の一意のフィールド値の数が計算されます。

選択できる統計情報のタイプは、指定したフィールドの数値タイプによって決定されます。 フィールドが整数の場合、すべての統計情報が使用できます。 フィールドが浮動小数点の場合、使用できる統計情報は、最大値、平均、最小値、範囲、標準偏差、合計のみです。

String

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ポイント統計ラスター。

Raster

コードのサンプル

PointStatistics (ポイント統計) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、各出力ラスター セルの円形の近傍内にある入力シェープファイル ポイント フィーチャの統計情報 (合計値) を求めています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outPointStats = PointStatistics("ca_ozone_pts.shp", "OZONE", 500, 
                                NbrCircle(10000, "MAP"), "SUM")
outPointStats.save("C:/sapyexamples/output/pointstatsout")
PointStatistics (ポイント統計) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、各出力ラスター セルの円形の近傍内にある入力シェープファイル ポイント フィーチャの統計情報 (平均値) を求めています。

# Name: PointStatistics_Ex_02.py
# Description: Calculates a statistic on points over a specified 
#    neighborhood outputting a raster.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inPointFeatures = "ca_ozone_pts.shp"
field = "OZONE"
cellSize = 500
neighborhood = NbrCircle(6000, "MAP")

# Execute PointStatistics
outPointStatistics = PointStatistics(inPointFeatures, field, cellSize,
                                     neighborhood, "MEAN")

# Save the output 
outPointStatistics.save("C:/sapyexamples/output/pointstatout")

関連トピック