テーブルによる再分類 (Reclass by Table) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

リマップ テーブルを使用して、ラスターの入力セルの値を再分類または変更します。

使用法

  • 入力ラスターには、有効な統計情報がなくてはなりません。統計情報が存在しない場合は、[データ管理ツール] ツールボックスの [統計情報の計算 (Calculate Statistics)] ツールを使用して作成できます。

  • [開始値フィールド][終了値フィールド]、および [出力値フィールド] の値は、再分類を定義するテーブル内のフィールド名です。

  • 値を個別に再分類するには、2 つの項目による簡単な再分類テーブルを使用します。1 つ目の項目に再分類する元の値を指定し、2 つ目の項目にはその値に新しく割り当てる値を指定します。[終了値フィールド][開始値フィールド] と同じ項目を指定します。出力に割り当てる値を、[出力値フィールド] に指定します。

  • 値の範囲を再分類する場合は、それぞれの範囲の始点および終点を定義する項目と、その範囲に割り当てる値が再分類テーブルに必要です。範囲の始点を定義する項目を [開始値フィールド] に、範囲の終点を定義する項目を [終了値フィールド] に指定します。出力に割り当てる値を、[出力値フィールド] に指定します。

  • 再分類テーブルには、ジオデータベース テーブル、テキスト ファイル、dbase ファイルを使用できます。

  • 再分類テーブルの開始値と終了値のフィールドには、任意の数値を指定できます。出力値フィールドの割り当て値は、整数にする必要があります。

  • *.dbf テーブルおよびジオデータベース テーブルの [開始値フィールド] の値は、並べ替える必要はありません。テキスト ファイルのテーブルでは、値を昇順に並べる必要があります。いずれの場合も、値が重複しないようにしてください。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

再分類対象の入力ラスター。

Raster Layer
入力再分類テーブル

再分類する値の範囲と、変更後の値を定義するフィールドが含まれているテーブル。

Table View
開始値フィールド

再分類する値の範囲それぞれの開始値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの数値フィールドです。

Field
終了値フィールド

再分類する値の範囲それぞれの終了値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの数値フィールドです。

Field
出力値フィールド

各範囲の変更後の整数値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの整数フィールドです。

Field
再分類されなかった値を NoData に変更
(オプション)

再分類テーブルに指定されていない値を、元の値のままにするか、NoData に変更するかを指定します。

  • オフ - 入力ラスターのセルに含まれている値が再分類テーブルで指定または再分類されていない場合は、その値を変更せずに、出力ラスターの同じ位置に書き込みます。これがデフォルトです。
  • オン - 入力ラスターのセルに含まれている値が再分類テーブルで指定または再分類されていない場合、出力ラスターの同じ位置の値は NoData に再分類されます。
Boolean

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力再分類ラスター。

出力は常に整数タイプになります。

Raster

ReclassByTable(in_raster, in_remap_table, from_value_field, to_value_field, output_value_field, {missing_values})
名前説明データ タイプ
in_raster

再分類対象の入力ラスター。

Raster Layer
in_remap_table

再分類する値の範囲と、変更後の値を定義するフィールドが含まれているテーブル。

Table View
from_value_field

再分類する値の範囲それぞれの開始値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの数値フィールドです。

Field
to_value_field

再分類する値の範囲それぞれの終了値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの数値フィールドです。

Field
output_value_field

各範囲の変更後の整数値を格納しているフィールド。

これは、入力再分類テーブルの整数フィールドです。

Field
missing_values
(オプション)

再分類テーブルに指定されていない値を、元の値のままにするか、NoData に変更するかを指定します。

  • DATA入力ラスターのセルに含まれている値が再分類テーブルで指定または再分類されていない場合は、その値を変更せずに、出力ラスターの同じ位置に書き込みます。これがデフォルトです。
  • NODATA入力ラスターのセルに含まれている値が再分類テーブルで指定または再分類されていない場合、出力ラスターの同じ位置の値は NoData に再分類されます。
Boolean

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力再分類ラスター。

出力は常に整数タイプになります。

Raster

コードのサンプル

ReclassByTable (テーブルによる再分類) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、再分類テーブルを使用して入力ラスターを再分類します。

import arcpy
from arcpy.sa import *
from arcpy import env  
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outReclass = ReclassByTable("slope","remapslope","FROM","TO","OUT")
outReclass.save("C:/sapyexamples/output/recslope")
ReclassByTable (テーブルによる再分類) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、再分類テーブルを使用して入力ラスターを再分類します。

# Name: reclassbytable_example02.py
# Description: Reclassifies the values of the input raster using a remap table.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "slope"
inRemapTable = "remapslope"

# Execute Reclassify
outRaster = ReclassByTable(inRaster, inRemapTable,"FROM","TO","OUT","NODATA")

# Save the output 
outRaster.save("C:/sapyexamples/output/recslope")

関連トピック