河川リンク ラスターの作成 (Stream Link) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスターの線形ネットワークの交差部分にユニークな値を設定します。

[河川リンク ラスターの作成 (Stream Link)] ツールの図

使用法

  • リンクとは、2 つの連結するジャンクション、ジャンクションと流出口、またはジャンクションと流域界を結ぶ場合の河道の一部分です。

    河川リンクの図
    河川リンクの図

  • 入力河川ラスターは、[累積流量ラスターの作成 (Flow Accumulation)] ツールの結果に閾値を設けることで作成できます。

  • 河川ラスターの線形ネットワークは、NoData の背景に 1 以上の値として表現されます。

  • [河川リンク ラスターの作成 (Stream Link)] ツールは、D8 入力流向ラスターのみサポートしています。D8 流向は、[流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールでデフォルトの D8 流向タイプを使用して作成できます。

  • このツールは、並列処理をサポートしています。お使いのコンピューターに、複数のプロセッサや、複数のコアを持つプロセッサが搭載されている場合は、特に対象となるデータセットが大きいときにパフォーマンスが向上します。「Spatial Analyst による並列処理」ヘルプ トピックには、この機能と設定方法の詳細が記載されています。

    並列処理を使用する場合、処理中のデータ チャンクを処理するために一時データが書き込まれます。デフォルトの一時フォルダーの場所は、ローカルの C ドライブ上です。このフォルダーの場所は、TempFolders という名前のシステム環境変数を設定し、使用するフォルダーへのパスを指定することで変更できます (例: E:\RasterCache)。コンピューター上で管理権限を持っている場合は、レジストリ キー (例: [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ESRI\ArcGISPro\Raster]) を使用することもできます。

    デフォルトでは、このツールは使用可能なコアの 50% を使うようになっています。入力データのサイズが 5,000 x 5,000 セルより小さい場合は、使用されるコアが少なくなることがあります。並列処理ファクター環境で、ツールが使用するコアの数を制御できます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力河川ラスター

線形河川ネットワークを表す入力ラスター。

Raster Layer
入力流向ラスター

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは、[流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールでデフォルトの D8 流向タイプを実行して作成できます。

Raster Layer

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力河川リンクラスター。

出力は整数型になります。

Raster

StreamLink(in_stream_raster, in_flow_direction_raster)
名前説明データ タイプ
in_stream_raster

線形河川ネットワークを表す入力ラスター。

Raster Layer
in_flow_direction_raster

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは、[流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールでデフォルトの D8 流向タイプを実行して作成できます。

Raster Layer

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力河川リンクラスター。

出力は整数型になります。

Raster

コードのサンプル

StreamLink (河川リンク ラスターの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、ラスターの線形ネットワークの交差部分に一意の値を割り当てています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outStreamLink = StreamLink("stream", "flowdir")
outStreamLink.save("c:/sapyexamples/output/outstrmlnk01")
StreamLink (河川リンク ラスターの作成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、ラスターの線形ネットワークの交差部分に一意の値を割り当てています。

# Name: _Ex_02.py
# Description: 
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inStreamRaster = "stream"
inFlowDirection = "flowdir"

# Execute StreamLink
outStreamLink = StreamLink(inStreamRaster, inFlowDirection)

# Save the output 
outStreamLink.save("c:/sapyexamples/output/outstrmlnk02")

関連トピック