河川ラスターをフィーチャに変換 (Stream to Feature) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

線形ネットワークを表すラスターを、線形ネットワークのフィーチャに変換します。

[河川ラスターをフィーチャに変換 (Stream to Feature)] ツールの詳細

使用法

  • 入力河川ラスターの線形ネットワークは、NoData の背景に 1 以上の値として表現されます。

  • [累積流量ラスターの作成 (Flow Accumulation)] ツールの出力結果は、閾値を適用することで累積流量の多いセルを選択し、河川ネットワークを作成するのに使用することができます。たとえば、流れ込むセルが 100 個を超えるセルを使用して河川ネットワークを定義します。[Con] ツールまたは [Set NULL] ツールを使用して、河川ネットワーク ラスターを作成します。累積流量の値が 100 以上のセルが 1 になり、残りは背景 (NoData) になります。作成した河川ネットワークは [河川リンク ラスターの作成 (Stream Link)][河川ラスターをフィーチャに変換 (Stream to Feature)] に使用できます。

  • [河川次数ラスターの作成 (Stream Order)][河川リンク ラスターの作成 (Stream Link)] ツールの結果のように、同じ値を持つ隣接するフィーチャが存在する必要があります。[河川ラスターをフィーチャに変換 (Stream to Feature)] は、同じ値を持つ隣接セルがほとんどないラスターには使用しないでください。

  • 出力フィーチャの方向は、下流を指します。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力河川ラスター

線形河川ネットワークを表す入力ラスター。

Raster Layer
入力流向ラスター

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは [流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールを使用して作成できます。

Raster Layer
出力ポリライン フィーチャ

変換された河川を保持する出力フィーチャクラス。

Feature Class
ポリラインの単純化
(オプション)

ウィード処理を使用するかどうかを指定します。

  • オン - フィーチャをウィード処理して、頂点の数を減らします。ラインのジェネラライズ用の Douglas-Puecker アルゴリズムが使用され、許容値は「sqrt(0.5) * cell size」です。
  • オフ - ウィード処理は行われません。

デフォルトでは、ウィード処理が行われます。

Boolean

StreamToFeature(in_stream_raster, in_flow_direction_raster, out_polyline_features, {simplify})
名前説明データ タイプ
in_stream_raster

線形河川ネットワークを表す入力ラスター。

Raster Layer
in_flow_direction_raster

各セルからの流れの方向を示す入力ラスター。

流向ラスターは [流向ラスターの作成 (Flow Direction)] ツールを使用して作成できます。

Raster Layer
out_polyline_features

変換された河川を保持する出力フィーチャクラス。

Feature Class
simplify
(オプション)

ウィード処理を使用するかどうかを指定します。

  • SIMPLIFY フィーチャをウィード処理して、頂点の数を減らします。ラインのジェネラライズ用の Douglas-Puecker アルゴリズムが使用され、許容値は「sqrt(0.5) * cell size」です。
  • NO_SIMPLIFY ウィード処理は行われません。

デフォルトでは、ウィード処理が行われます。

Boolean

コードのサンプル

StreamToFeature (河川ラスターをフィーチャに変換) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、線形ネットワークを表すラスターをフィーチャに変換しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
StreamToFeature("stream", "flowdir", "c:/sapyexamples/output/outstrm01.shp", 
                "NO_SIMPLIFY")
StreamToFeature (河川ラスターをフィーチャに変換) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、線形ネットワークを表すラスターをフィーチャに変換しています。

# Name: _Ex_02.py
# Description: 
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inStreamRaster = "stream"
inFlowDir = "flowdir"
outStreamFeats = "c:/sapyexamples/output.gdb/outstrm02"


# Execute 
StreamToFeature(inStreamRaster, inFlowDir, outStreamFeats,
                 "NO_SIMPLIFY")

関連トピック