ゾーン フィル (Zonal Fill) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ゾーンの境界上の重みラスターの最小セル値を利用してゾーンを埋めます。

使用法

  • 入力ゾーン ラスターは、整数または浮動小数です。これは、ゾーン入力が整数タイプでなければならない他のゾーン ツールに対して、例外であることに注意してください。

  • 出力のデータ タイプは、入力加重ラスターと同じです。加重ラスターの値が浮動小数の場合、結果の出力ラスターも浮動小数になります。加重ラスターが整数の場合、出力も整数になります。

  • [ゾーン フィル (Zonal Fill)] を水文解析の一部として使用して、シンクを集水域境界の最小標高まで平滑化することができます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ゾーン ラスター

埋めるゾーンを定義する入力ラスター。

Raster Layer
入力加重ラスター

各ゾーンに割り当てるウェイト、または値。

Raster Layer

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

ゾーンが埋められた出力ラスター。

Raster

ZonalFill(in_zone_raster, in_weight_raster)
名前説明データ タイプ
in_zone_raster

埋めるゾーンを定義する入力ラスター。

Raster Layer
in_weight_raster

各ゾーンに割り当てるウェイト、または値。

Raster Layer

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

ゾーンが埋められた出力ラスター。

Raster

コードのサンプル

ZonalFill (ゾーン フィル) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、ラスター内のゾーンを、ゾーン境界に沿った加重ラスターからの最小値を使用して埋めています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outZonalFill = ZonalFill("inzone", "zoneweight")
outZonalFill.save("C:/sapyexamples/output/zonefillout")
ZonalFill (ゾーン フィル) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、ラスター内のゾーンを、ゾーン境界に沿った加重ラスターからの最小値を使用して埋めています。

# Name: ZonalFill_Ex_02.py
# Description: Fills zones using the minimum cell value from a weight 
#   raster, along the zone boundary.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inZoneRaster = "inzone"
zoneWeightRaster = "zoneweight"

# Execute ZonalStatistics
outZonalFill = ZonalFill(inZoneRaster, zoneWeightRaster)

# Save the output 
outZonalFill.save("C:/sapyexamples/output/zonefillout3")

関連トピック