Skip To Content

傾斜角 (Slope)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスターの各セルから傾斜角 (勾配または傾き) を決定します。

[傾斜角 (Slope)] ツールの詳細

傾斜角の図
Slope_3d (InRas1, OutRas)

使用法

  • このツールは、3 X 3 のセル移動ウィンドウを使用して、データを処理します。処理するセルが NoData の場合、その位置の出力は NoData になります。

  • このツールでは、処理するセルに隣接した 8 つのセルのうち、少なくとも 7 つが有効な値を持つ必要があります。有効なセルの数が 7 未満である場合、計算は実行されず、その処理セルの出力は NoData になります。

  • 出力ラスターの最も外側のロウとカラムにあるセルは NoData になります。これは、これらのセルが、入力データセットの境界沿いにあり、必要なだけの有効な隣接セルに囲まれていないためです。

  • 出力の値の範囲は、計測単位のタイプによって異なります。

    • 度の場合、傾斜角の値の範囲は 0 から 90 です。
    • 勾配率の場合、範囲は 0 から基本的に無限です。平坦なサーフェスを 0%、45 度のサーフェスを 100% として表し、サーフェスが垂直に近くなるほど勾配率は大きくなります。

  • 平面による方法の場合、サーフェス (垂直方向) の Z 座標の単位と地面の X および Y 座標の単位が異なる場合は、傾斜角を正しく計算するために Z 係数を使用する必要があります。[Z 係数] パラメーターは、平面による方法が選択された場合のみ有効になります。

  • 測地線による方法の場合、サーフェスの Z 単位を指定することは、出力の精度を確保するために重要です。[Z 単位] パラメーターは、測地線による方法が選択された場合のみ有効になります。

  • 入力ラスターの鉛直座標系では、Z 単位が使用できる場合は自動的に適用されます。 入力ラスターの Z 単位がない場合は定義することをお勧めします。Z 単位の指定には、[投影法の定義 (Define Projection)] ツールを使用できます。これが定義されていない場合、デフォルトでメートルが使用されます。

  • 入力ラスターをリサンプリングする必要がある場合は、共一次内挿法を使用します。入力ラスをリサンプリングする例としては、出力座標系、範囲、またはセル サイズが入力と異なる場合があります。

  • このツールは、測地線の傾斜角を計算する際に GPU により処理を加速化できます。つまり、システムで GPU デバイス (グラフィックス処理装置) を使用可能な場合は、そのデバイスを使用して測地線による方法のパフォーマンスを強化できます。

    GPU デバイスの構成方法の詳細については、Spatial Analyst エクステンションのヘルプの「Spatial Analyst での GPU 処理」をご参照ください。

構文

Slope_3d (in_raster, out_raster, {output_measurement}, {z_factor}, {method}, {z_unit})
パラメーター説明データ タイプ
in_raster

入力サーフェス ラスター。

Raster Layer
out_raster

出力傾斜角ラスター。

浮動小数点タイプになります。

Raster Dataset
output_measurement
(オプション)

出力傾斜角ラスターの計測単位 (度またはパーセンテージ) を決定します。

  • DEGREE傾斜角を度単位で計算します。
  • PERCENT_RISE傾斜角は、勾配率 (傾斜率) として計算されます。
String
z_factor
(オプション)

サーフェス Z 単位あたりの地表 X,Y 単位の数。

z 単位の測定基準が入力サーフェスの xy 単位と異なる場合、z 係数を使用して z 測定単位を調整します。最終的な出力サーフェスを計算する際、入力サーフェスの Z 値に Z 係数が乗算されます。

X,Y 単位と Z 単位の測定基準が同じ場合、Z 係数は 1 これがデフォルト設定です。

X,Y 単位と Z 単位の測定基準が異なる場合は、Z 係数に適切な値を設定する必要があります。Z 係数が適切でないと、正しい結果が得られません。たとえば、Z 単位がフィートであり、X,Y 単位がメートルの場合、Z 係数 0.3048 を使用して Z 単位をフィートからメートルへ変換します (1 フィート = 0.3048 メートル)。

Double
method
(オプション)

傾斜方向を平面 (平面地球) と測地線 (楕円体) のどちらの方法に基づいて計算するかを指定します。

  • PLANAR計算は、2 次元直交座標系を使用して投影された平面で実行されます。これがデフォルトの手法です。
  • GEODESIC計算は、地球の形状を楕円体と見なして、3 次元直交座標系で実行されます。

平面による方法は、正しい距離と面積が維持される投影法で、ローカル エリアに使用するのに適しています。これは、エリアの都市、郡、小さな州などのエリアをカバーする解析に適しています。測地線による方法では、より正確な結果が生成されますが、処理時間が増加する可能性があります。

String
z_unit
(オプション)

垂直方向の Z 値の距離単位です。

これは、鉛直座標系で定義されます (存在する場合)。鉛直座標系が存在しない場合、正しい測地線の計算を実現するために、単位リストから Z 単位を定義する必要があります。デフォルトでは、メートルが適用されます。

  • INCHインチの場合 (米国)
  • FOOTフィートの場合
  • YARDヤードの場合 (米国)
  • MILE_USマイルの場合 (米国)
  • NAUTICAL_MILE海里の場合
  • MILLIMETERミリメートルの場合
  • CENTIMETERセンチメートルの場合
  • METERメートルの場合
  • KILOMETERキロメートルの場合
  • DECIMETERデシメートルの場合
String

コードのサンプル

Slope (傾斜角) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例は、入力サーフェス ラスターの傾斜角の値を決定します。

import arcpy
from arcpy import env
env.workspace = "C:/data"
arcpy.Slope_3d("elevation", "C:/output/outslope01", "DEGREE", 0.3043)
Slope (傾斜角) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例は、入力サーフェス ラスターの傾斜角の値を決定します。

# Name: Slope_3d_Ex_02.py
# Description: Identifies the rate of maximum change 
#              in z-value from each cell.
# Requirements: 3D Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
inRaster = "elevation"
outRaster = "C:/output/outslope02"
outMeasurement = "DEGREE"
zFactor = ""
method = "GEODESIC"
zUnit = "FOOT"

# Check out the ArcGIS 3D Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("3D")

# Execute Slope
arcpy.Slope_3d(inRaster, outRaster, outMeasurement, zFactor, method, zUnit)

ライセンス情報

  • ArcGIS Desktop Basic: 次のものが必要 3D Analyst または Spatial Analyst
  • ArcGIS Desktop Standard: 次のものが必要 3D Analyst または Spatial Analyst
  • ArcGIS Desktop Advanced: 次のものが必要 3D Analyst または Spatial Analyst

関連トピック