Skip To Content

[オーバーレイ] ツールセットの概要

GIS の最も基本的な質問の 1 つは、「何が何の上にあるか」です。例を次に示します。

  • どのような土壌タイプの上にどのような土地利用があるか
  • 100 年の氾濫原内にどのような土地区画があるか (「内」は「上」の別表現)
  • どの郡にどのような道路があるか
  • 軍用基地の跡地にどのような井戸があるか

GIS では、「何の上に何があるのか?」という質問に対し、 オーバーレイ ツールを使って答えることができます。

[オーバーレイ] ツールセットには、複数のフィーチャクラスを重ね合わせ、空間フィーチャを結合、削除、変更、または更新することによって新しいフィーチャクラスを作成するためのツールが備わっています。フィーチャ セットを別のフィーチャ セットに重ね合わせると、新しい情報が作成されます。オーバーレイ操作には 6 つの種類があります。いずれも、既存の 2 つのフィーチャ セットを 1 つのフィーチャ セットに結合し、元の 2 つのフィーチャ間の空間リレーションシップを特定します。

ツール説明

オーバーラップ フィーチャのカウント (Count Overlapping Features)

入力フィーチャから分割されたオーバーラップ フィーチャを生成します。オーバーラップ フィーチャの数は、出力フィーチャに書き込まれます。

イレース (Erase)

イレース フィーチャのポリゴンを入力フィーチャに重ねることによって、新しいフィーチャクラスを作成します。入力フィーチャにイレース フィーチャを重ね合わせ、イレース フィーチャ以外の部分だけが出力フィーチャクラスにコピーされます。

[イレース (Erase)] ツール

アイデンティティ (Identity)

入力フィーチャとアイデンティティ フィーチャの交差部分を求めます。アイデンティティ フィーチャと重なり合う入力フィーチャまたは入力フィーチャの部分には、そのアイデンティティ フィーチャの属性が適用されます。

[アイデンティティ (Identity)] ツール

インターセクト (Intersect)

入力フィーチャの交差部分を求めます。すべてのレイヤーおよびフィーチャクラスについて、重なり合うフィーチャまたはフィーチャ部分が出力フィーチャクラスに書き出されます。

[インターセクト (Intersect)] ツール

空間結合 (Spatial Join)

フィーチャクラスの属性を、空間リレーションシップに基づいて別のフィーチャクラスの属性に結合します。ターゲット フィーチャと、結合フィーチャの結合された属性は、出力フィーチャクラスに書き込まれます。

シンメトリカル ディファレンス (Symmetrical Difference)

入力フィーチャに更新フィーチャを重ねたとき、互いに重なり合っていないフィーチャまたはフィーチャ部分が出力フィーチャクラスに書き出されます。

[シンメトリカル ディファレンス (Symmetrical Difference)] ツール

ユニオン (Union)

入力フィーチャの幾何学的ユニオンを求めます。すべてのフィーチャとその属性が出力フィーチャクラスに書き込まれます。

[ユニオン (Union)] ツール

アップデート (Update)

入力フィーチャ更新フィーチャの交差部分を求めます。入力フィーチャの属性とジオメトリが更新フィーチャによって更新され、出力フィーチャクラスとして保存されます。

[アップデート (Update)] ツール
[オーバーレイ] ツールセットのツール

関連トピック