Skip To Content

イレース (Erase) (解析)

Advanced のライセンスで利用可能。

概要

イレース フィーチャのポリゴンを入力フィーチャに重ねることによって、新しいフィーチャクラスを作成します。入力フィーチャにイレース フィーチャを重ね合わせ、イレース フィーチャ以外の部分だけが出力フィーチャクラスにコピーされます。

[イレース (Erase)] の図

使用法

  • [イレース フィーチャ] ジオメトリと重なる [入力フィーチャ] ジオメトリは削除されます。

  • 入力フィーチャがイレース フィーチャと同じかそれよりも次元の低いフィーチャ タイプである場合、イレース フィーチャはポイント、ライン、またはポリゴンのいずれでも構いません。ポリゴン イレース フィーチャは、入力フィーチャからポリゴン、ライン、またはポイントを削除するために使用できます。ライン イレース フィーチャは入力フィーチャからラインまたはポイントを削除するために使用できます。ポイント イレース フィーチャは、入力フィーチャからポイントを削除するために使用できます。

  • 入力フィーチャクラスの属性値が出力フィーチャクラスにコピーされます。ただし、[フィーチャ レイヤーの作成 (Make Feature Layer)] ツールで作成した 1 つ以上のレイヤーを入力として使用し、フィールドの [比率ポリシーの使用] をオンにしている場合は、入力属性値の比率が計算され、出力属性値に適用されます。[比率ポリシーの使用] が有効な場合、オーバーレイ操作でフィーチャが分割されると、入力フィーチャの属性値の比率が出力フィーチャの属性に適用されます。入力フィーチャ ジオメトリが分割された比率に基づいて、出力値が決定されます。たとえば、入力ジオメトリが等分割された場合は、入力フィーチャの属性値の 1/2 が、新しい各フィーチャの属性値として割り当てられます。[比率ポリシーの使用] は数値フィールドにのみ適用されます。

    注意:

    ジオプロセシング ツールは、ジオデータベース フィーチャクラスまたはテーブル フィールドのスプリット ポリシーに従いません。

  • このツールは非常に大きなデータセットをタイル化し、パフォーマンスとスケーラビリティを向上します。詳細については、「大きなデータセットのジオプロセシング」をご参照ください。

  • このツールは、すべての入力がシングルパートの場合でも、出力としてマルチパート フィーチャを作成します。マルチパート フィーチャが望ましくない場合は、出力フィーチャクラスで [マルチパート → シングルパート (Multipart to Singlepart)] ツールを使用します。

  • このツールは、並列処理ファクター環境を優先します。環境が設定されていない場合 (デフォルト) または 0 に設定されている場合、並列処理は無効になります。この環境を 100 に設定すると、並列処理が有効化されます。

構文

Erase(in_features, erase_features, out_feature_class, {cluster_tolerance})
パラメーター説明データ タイプ
in_features

入力フィーチャクラスまたはレイヤー。

Feature Layer
erase_features

入力内の重なるフィーチャ部分を削除するために使用されるフィーチャ。

Feature Layer
out_feature_class

イレース フィーチャと重ならない入力フィーチャだけを含むフィーチャクラス。

Feature Class
cluster_tolerance
(オプション)

すべてのフィーチャ座標 (ノードと頂点) の最短距離、および X 方向、Y 方向、XY 方向に座標を移動できる距離。

Linear Unit

コードのサンプル

Erase (イレース) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで Erase 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = 'C:/data/gdb'
arcpy.Erase_analysis(r'redlands.gdb\rdlswells\well', r'redlands.gdb\rdlsfloodzones\flood', r'redlands.gdb\wellsoutside_flood')
Erase (イレース) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

幹線道路から大きな影響を受けている領域を除外した、植生の領域を検出します。

# Name: Erase.py
# Description: Find areas of suitable vegetation which exclude areas heavily impacted by major roads
# import system modules 
import arcpy
# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:/data/Habitat_Analysis.gdb"
# Select suitable vegetation patches from all vegetation
veg = "vegtype"
suitableVeg = "C:/output/Output.gdb/suitable_vegetation"
whereClause = "HABITAT = 1" 
arcpy.Select_analysis(veg, suitableVeg, whereClause)
# Buffer areas of impact around major roads
roads = "majorrds"
roadsBuffer = "C:/output/Output.gdb/buffer_output"
distanceField = "Distance"
dissolveField = "Distance"
arcpy.Buffer_analysis(roads, roadsBuffer, distanceField, "FULL", "ROUND", "LIST", dissolveField)
# Erase areas of impact around major roads from the suitable vegetation patches
eraseOutput = "C:/output/Output.gdb/suitable_vegetation_minus_roads"
xyTol = "1 Meters"
arcpy.Erase_analysis(suitableVeg, roadsBuffer, eraseOutput, xyTol)

ライセンス情報

  • Basic: いいえ
  • Standard: いいえ
  • Advanced: はい

関連トピック