Skip To Content

近接情報テーブルの生成 (Generate Near Table)

概要

1 つ以上のフィーチャクラスまたはレイヤー内のフィーチャ間の、距離などの近接情報を計算します。入力を変更する [最近接 (Near)] ツールとは異なり、[近接情報テーブルの生成 (Generate Near Table)] は、結果を新しいスタンドアロン テーブルに書き込み、複数の近接フィーチャの検索をサポートします。

ジオプロセシング ツールによる近接性の計算方法の詳細

近接情報テーブルの生成 (Generate Near Table)

使用法

  • 出力テーブルには、次のフィールドが含まれます。

    フィールド名説明
    IN_FID

    入力フィーチャの ObjectID。

    NEAR_FID

    最近接フィーチャの ObjectID。

    NEAR_DIST

    入力フィーチャから近接フィーチャまでの距離。このフィールドの値の単位は、入力フィーチャの座標系の距離単位、または [方法] パラメーターが GEODESIC に設定され、入力が地理座標系に存在する場合、メートルです。

    NEAR_FC

    近接フィーチャを含むフィーチャクラスのカタログ パス。このフィールドは、[最近接フィーチャ] が指定された場合にのみ、出力テーブルに追加されます。

    NEAR_RANK

    個々の入力フィーチャへの近さに基づいてすべての近接フィーチャをランク付けする整数値。最も近いフィーチャには 1 の NEAR_RANK 値が与えられ、2 番目に近いフィーチャには 2 の NEAR_RANK 値が与えられるというように、ランク付けされます。

    [位置] パラメーターがオン (Python では、location パラメーターを LOCATION に設定) の場合、以下のフィールドが出力テーブルに追加されます。フィールドの値の単位は、[方法] パラメーターで選択した内容によって異なります。PLANAR に設定した場合、値は入力フィーチャの座標系の距離単位で表されます。GEODESIC に設定した場合、値は入力フィーチャの座標系に関連付けられた地理座標系で表されます。

    フィールド名説明
    FROM_X

    近接フィーチャに最も近い入力フィーチャの位置の X 座標。

    FROM_Y

    近接フィーチャに最も近い入力フィーチャの位置の Y 座標。

    NEAR_X

    入力フィーチャに最も近い近接フィーチャの位置の X 座標。

    NEAR_Y

    入力フィーチャに最も近い近接フィーチャの位置の Y 座標。

    [角度] パラメーターがオン (スクリプトでは、angle パラメーターを ANGLE に設定) の場合、以下のフィールドが出力テーブルに追加されます。

    フィールド説明
    NEAR_ANGLE

    入力フィーチャを近接フィーチャに接続するラインの、FROM_XFROM_Y の位置での角度。

  • 入力フィーチャと近接フィーチャが交差する場合、以下の値が出力テーブルに書き込まれます。

    • NEAR_ANGLENEAR_DIST は、0.0 に設定されます。
    • FROM_XFROM_Y は、NEAR_X および NEAR_Y と同じ値になり、2 つのフィーチャが交差する領域内の位置になります。

  • NEAR_DIST フィールドの値の単位は、入力フィーチャの座標系の距離単位です。入力が地理座標系内にあり、[方法] パラメーターが GEODESIC に設定された場合、NEAR_DIST の単位はメートルになります。

  • IN_FID を使用して出力テーブルを結合し、入力フィーチャに戻すことができます。あるいは、NEAR_FID を使用して出力テーブルを結合し、近接フィーチャに戻すことができます。

  • [検索範囲] を指定した場合に、近接フィーチャが検出されなければ、レコードは出力されません。

  • [検索範囲] を指定しない場合、近接するすべてのフィーチャが検索の対象になります。

  • [検索範囲] を指定せず、[最近接フィーチャのみを検索] をオフ (Python では、closestALL に設定) にし、[最大最近接フィーチャ数] をデフォルト (ゼロまたは未入力) のままにした場合、すべての入力フィーチャとすべての近接フィーチャ間の距離が計算されて出力テーブルに格納されます。このように指定した場合、処理時間が非常に長くなり、出力テーブルのサイズが大きくなることがあります。たとえば、1000 個の入力フィーチャと 1000 個の近接フィーチャが存在する場合、出力テーブルには 1,000,000 個のレコードが含まれます。

  • 同じフィーチャクラスまたはレイヤーを、入力フィーチャと近接フィーチャの両方に使用することができます。その場合、すべてのフィーチャの最近接フィーチャがそのフィーチャ自体になることを防ぐために、評価対象の入力フィーチャは、近接フィーチャの候補から除外されます。

  • [方法] パラメーターで [平面] オプションを使用する場合、入力フィーチャの座標系を、距離の測定に適した投影座標系 (正距方位図法など) にする必要があります。

    座標と投影法の詳細

  • FROM_XFROM_YNEAR_X、および NEAR_Y の位置を視覚化するには、出力テーブルを、[XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ツールまたは [XY 座標 → ライン (XY To Line)] ツールへの入力として使用します。

構文

GenerateNearTable(in_features, near_features, out_table, {search_radius}, {location}, {angle}, {closest}, {closest_count}, {method})
パラメーター説明データ タイプ
in_features

ポイント、ポリライン、ポリゴン、またはマルチポイント タイプの入力フィーチャ。

Feature Layer
near_features
[near_features,...]

近接フィーチャの候補が含まれるフィーチャクラスの 1 つ以上のレイヤー。近接フィーチャとして、ポイント、ポリライン、ポリゴン、またはマルチポイントを使用できます。複数のレイヤーまたはフィーチャクラスを指定した場合、NEAR_FC という名前のフィールドが入力テーブルに追加されます。このフィールドには、検出された最近接フィーチャを含むソース フィーチャクラスのパスが格納されます。同じフィーチャクラスまたはレイヤーを、入力フィーチャと近接フィーチャの両方に使用することができます。

Feature Layer
out_table

解析結果が格納される出力テーブル。

Table
search_radius
(オプション)

近接フィーチャの検索に使用される半径。この値を指定しない場合、すべての近接フィーチャが候補になります。距離を入力して、単位を空白のままにするか、[不明] に設定した場合、入力フィーチャの座標系の単位が使用されます。 [方法] パラメーターで [測地線] オプションを使用した場合、キロメートルやマイルなどの距離単位を使用する必要があります。

Linear unit
location
(オプション)

入力フィーチャの位置および最も近い近接フィーチャの位置の XY 座標を、FROM_XFROM_YNEAR_X、および NEAR_Y の各フィールドに書き込むかどうかを指定します。

  • NO_LOCATION 出力テーブルに位置を書き込みません。これがデフォルトです。
  • LOCATION 出力テーブルに位置を書き込みます。
Boolean
angle
(オプション)

近接角度を計算して出力テーブルの NEAR_ANGLE フィールドに書き込むかどうかを指定します。近接角度は、入力フィーチャとその最近接フィーチャを最も近い位置で接続するラインの方向を示します。method パラメーターで PLANAR を使用した場合、角度の範囲は -180 〜 180°になり、0°は東、90°は北、180° (または -180°) は西、-90°は南を示します。GEODESIC を使用した場合、角度の範囲は -180 〜 180°になり、0°は北、90°は東、180° (または -180°) は南、-90°は西を示します。

  • NO_ANGLE出力テーブルに NEAR_ANGLE を追加しません。これがデフォルトです。
  • ANGLE出力テーブルに NEAR_ANGLE を追加します。
Boolean
closest
(オプション)

最近接フィーチャのみを返すか、あるいは複数のフィーチャを返すかを指定します。

  • CLOSEST最近接フィーチャのみを出力テーブルに書き込みます。これがデフォルトです。
  • ALL複数の近接フィーチャを出力テーブルに書き込みます (この最大数は、closest_count パラメーターで指定できます)。
Boolean
closest_count
(オプション)

入力フィーチャごとにレポートされる近接フィーチャの数を制限します。このパラメーターは、closest パラメーターを CLOSEST. に設定した場合、無視されます。

Long
method
(オプション)

楕円体 (GEODESIC) または平面地球 (PLANAR) のどちらで最短経路を使用するかを指定します。データが、距離の測定に適さない座標系 (たとえば、Web メルカトルや任意の地理座標系) で格納されている場合、またはデータセットが広い地理範囲に広がっている場合、[測地線] を使用することを強くお勧めします。

  • PLANARフィーチャ間で平面距離を使用します。これがデフォルトです。
  • GEODESICフィーチャ間で測地距離を使用します。この方法では、楕円体の曲率を考慮して、日付変更線と極の近くのデータを正確に処理します。
String

コードのサンプル

GenerateNearTable (近接情報テーブルの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

Python ウィンドウで GenerateNearTable (近接情報テーブルの作成) 関数を使用する方法を以下に示します。

import arcpy

arcpy.env.workspace = "C:/data/input/gnt.gdb"

arcpy.GenerateNearTable_analysis("campsites", ["parks", "trails"], "better_sites")
GenerateNearTable (近接情報テーブルの作成) の例 2 (スタンドアロン Python スクリプト)

次の Python スクリプトは、スタンドアロン スクリプトで GenerateNearTable (近接情報テーブルの作成) 関数を使用する方法を示しています。

# Name: GenerateNearTable.py
# Description: Finds 3 nearest in the near feature class from the input feature class.


# import system modules
import arcpy

# set workspace environment
arcpy.env.workspace = "C:/data/input/gnt.gdb"

# set required parameters 
in_features = "campsites"
near_features = ["parks", "trails"]
out_table = "near_parks_trails"

# optional parameters
search_radius = '1500 Meters'
location = 'NO_LOCATION'
angle = 'NO_ANGLE'
closest = 'ALL'
closest_count = 3

# find crime locations within the search radius
arcpy.GenerateNearTable_analysis(in_features, near_features, out_table, search_radius, 
                                 location, angle, closest, closest_count)

ライセンス情報

  • Basic: いいえ
  • Standard: いいえ
  • Advanced: はい

関連トピック