Skip To Content

インターセクト (Intersect) (解析)

概要

入力フィーチャの交差部分を求めます。すべてのレイヤーおよびフィーチャクラスについて、重なり合うフィーチャまたはフィーチャ部分が出力フィーチャクラスに書き出されます。

[インターセクト (Intersect)] ツールの詳細

[インターセクト (Intersect)] の図

使用法

  • 入力フィーチャは、ポイント、マルチポイント、ライン、またはポリゴンのシンプル フィーチャである必要があります。アノテーション フィーチャ、ディメンション フィーチャ、ネットワーク フィーチャなどのコンプレックス フィーチャは使用できません。

  • 入力のジオメトリ タイプが異なる場合 (ポリゴンにラインを交差させる場合や、ラインにポイントを交差させる場合など)、出力フィーチャクラスのジオメトリのタイプは、デフォルトで最も低い次元であるジオメトリの入力フィーチャと同一になります。たとえば、1 つ以上の入力のタイプがポイントである場合、デフォルトの出力はポイントになり、1 つ以上の入力のタイプがラインである場合は、デフォルトの出力はラインになります。また、すべての入力がポリゴンである場合には、デフォルトの出力はポリゴンになります。

  • [出力タイプ] は、最も低い次元のジオメトリまたはより低い次元であるジオメトリの [入力フィーチャ] のものになります。たとえば、すべての入力がポリゴンの場合、出力はポリゴン、ライン、またはポイントのいずれかにできます。入力の 1 つのタイプがラインであり、ポイントの入力がない場合は、出力はラインまたはポイントにできます。入力のいずれかがポイントである場合、[出力タイプ] はポイントのみになります。

  • 入力フィーチャクラスの属性値が出力フィーチャクラスにコピーされます。ただし、[フィーチャ レイヤーの作成 (Make Feature Layer)] ツールで作成した 1 つ以上のレイヤーを入力として使用し、フィールドの [比率ポリシーの使用] をオンにしている場合は、入力属性値の比率が計算され、出力属性値に適用されます。[比率ポリシーの使用] が有効な場合、オーバーレイ操作でフィーチャが分割されると、入力フィーチャの属性値の比率が出力フィーチャの属性に適用されます。入力フィーチャ ジオメトリが分割された比率に基づいて、出力値が決定されます。たとえば、入力ジオメトリが等分割された場合は、入力フィーチャの属性値の 1/2 が、新しい各フィーチャの属性値として割り当てられます。[比率ポリシーの使用] は数値フィールドにのみ適用されます。

    注意:

    ジオプロセシング ツールは、ジオデータベース フィーチャクラスまたはテーブル フィールドのスプリット ポリシーに従いません。

  • このツールは非常に大きなデータセットをタイル化し、パフォーマンスとスケーラビリティを向上します。詳細については、「大きなデータセットのジオプロセシング」をご参照ください。

  • このツールは、並列処理ファクター環境を優先します。環境が設定されていない場合 (デフォルト) または 0 に設定されている場合、並列処理は無効になります。この環境を 100 に設定すると、並列処理が有効化されます。

    並列処理は現在、ポリゴンに対するポリゴン、ポリゴンに対するライン、およびポリゴンに対するポイントのオーバーレイ操作でサポートされています。

  • ライセンス:

    ArcGIS Desktop Basic および Desktop Standard ライセンスの場合、入力フィーチャクラスまたはレイヤーの数が 2 つに制限されます。

構文

Intersect(in_features, out_feature_class, {join_attributes}, {cluster_tolerance}, {output_type})
パラメーター説明データ タイプ
in_features
[[in_features, {Rank}],...]

入力フィーチャクラスまたはレイヤーのリスト フィーチャ間の距離がクラスター許容値より小さい場合、低ランクのフィーチャが高ランクのフィーチャにスナップします。最高ランクは 1 です。詳細については、「優先度およびジオプロセシング ツール」をご参照ください。

Value Table
out_feature_class

出力フィーチャクラス。

Feature Class
join_attributes
(オプション)

入力フィーチャのどの属性を出力フィーチャクラスへ渡すかを指定します。

  • ALL入力フィーチャのすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。これがデフォルトです。
  • NO_FID入力フィーチャの FID を除いたすべての属性を出力フィーチャクラスへ渡します。
  • ONLY_FID入力フィーチャの FID フィールドのみを出力フィーチャクラスへ渡します。
String
cluster_tolerance
(オプション)

すべてのフィーチャ座標 (ノードと頂点) の最短距離、および X 方向、Y 方向、XY 方向に座標を移動できる距離。

Linear Unit
output_type
(オプション)

検出したい交差のタイプを選択します。

  • INPUT返される交差は、最も低い次元のジオメトリである入力フィーチャのジオメトリ タイプと同一になります。すべての入力がポリゴンである場合、出力フィーチャクラスにはポリゴンが含まれます。1 つ以上の入力がラインであり、ポイントの入力がない場合は、出力はラインになります。1 つ以上の入力がポイントである場合、出力フィーチャクラスにはポイントが含まれます。これがデフォルトです。
  • LINEラインの交差が返されます。ポイントの入力がない場合のみ有効です。
  • POINTポイントの交差が返されます。入力がラインまたはポリゴンである場合、出力はマルチポイント フィーチャクラスになります。
String

コードのサンプル

Intersect (インターセクト) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで Intersect 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data/RedRiver_basin.gdb"
arcpy.Intersect_analysis(["vegetation_stands", "road_buffer200m", "water_buffer100"], "mysites", "ALL")
arcpy.Intersect_analysis([["vegetation_stands", 2], ["road_buffer200m", 1], ["water_buffer100", 2]], "mysites_ranked", "ALL")
Intersect (インターセクト) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下のスタンドアロン スクリプトは、他の分析ツールを使ったワークフローの一部として、すべての河川の交差の 100 メートル以内の植生タイプを特定するために Intersect (インターセクト) 関数を使用します。

#Name: VegRoadIntersect.py
# Purpose: Determine the type of vegetation within 100 meters of all stream crossings
# Import system modules
import arcpy
 
# Set the workspace (to avoid having to type in the full path to the data every time)
arcpy.env.workspace = "c:/data/data.gdb"    
    
# Process: Find all stream crossings (points)
inFeatures = ["roads", "streams"]
intersectOutput = "stream_crossings"
clusterTolerance = 1.5    
arcpy.Intersect_analysis(inFeatures, intersectOutput, "", clusterTolerance, "point")
 
# Process: Buffer all stream crossings by 100 meters
bufferOutput = "stream_crossings_100m"
bufferDist = "100 meters"
arcpy.Buffer_analysis(intersectOutput, bufferOutput, bufferDist)
# Process: Clip the vegetation feature class to stream_crossing_100m
clipInput = "vegetation"
clipOutput = "veg_within_100m_of_crossings"
arcpy.Clip_analysis(clipInput, bufferOutput, clipOutput)
# Process: Summarize how much (area) of each type of vegetation is found
# within 100 meter of the stream crossings
statsOutput = "veg_within_100m_of_crossings_stats"
statsFields = [["shape_area", "sum"]]
caseField = "veg_type"
arcpy.Statistics_analysis(clipOutput, statsOutput, statsFields, caseField)

ライセンス情報

  • Basic: 制限付き
  • Standard: 制限付き
  • Advanced: はい

関連トピック