Skip To Content

フィーチャ タイプ別の空間リレーションシップ

空間結合では、空間リレーションシップに基づいて結合レイヤーの行とターゲット レイヤーの行を一致させ、出力フィーチャクラスへ書き出します。空間リレーションシップは、入力レイヤーのジオメトリ タイプと、選択されたマッチ オプションによって決定されます。

次の表は、ジオメトリ タイプの組み合わせに対して有効な空間リレーションシップ (目盛マーク) を示しています。

INTERSECT、INTERSECT_3D、WITHIN_A_DISTANCE、WITHIN_A_DISTANCE_3D、および CLOSEST のリレーションシップは、どのジオメトリ タイプの組み合わせに対しても有効であるため、この表に含まれていません。

フィーチャ タイプの組み合わせに対して有効な空間リレーションシップ
フィーチャのジオメトリ タイプ別の空間リレーションシップ