Skip To Content

インデックス フィーチャ (格子状) の作成 (Grid Index Features)

サマリー

矩形ポリゴン フィーチャのグリッドを作成します。このグリッドは、マップ シリーズを使用してマップ ブックのページを指定するためのインデックスとして使用できます。グリッドは、別のフィーチャ レイヤーと交差するポリゴン フィーチャだけを含むように作成できます。

使用法

  • 出力フィーチャクラスの座標系はこの順に決定されます。

    • [環境設定] で座標系が [出力データの座標系] の変数で指定されている場合、その出力フィーチャクラスはこの座標系を使用します。
    • 座標系が [出力データの座標系] で指定されていない場合、出力フィーチャクラスはアクティブなマップまたはマップ フレームの座標系を使用します。
    • 座標系が [出力データの座標系] で指定されておらず、アクティブなマップも存在しない (ArcGIS Pro が開いていない) 場合、出力フィーチャクラスは最初の入力フィーチャの座標系を使用します。
    • 座標系が [出力データの座標系] で指定されておらず、アクティブなマップが存在せず (ArcGIS Pro が開いていない)、入力フィーチャも指定されていない場合、出力フィーチャクラスの座標系は不明になります。
  • [入力フィーチャ] には、ポイント、ライン、ポリゴン、またはラスターを指定する必要があります。

  • [ページ単位と縮尺の使用] を選択すると、[縮尺] が必須パラメーターになります。

  • ツール ダイアログを使用していて、[ポリゴン グリッドの原点座標] が指定されていた場合、ポリゴンの幅または高さの値を変更すると、行数と列数が自動的に変更されます。行と列は、フィーチャクラス範囲のグリッドの原点座標に基づいて自動的に算出されます。範囲全体が増加する方法で原点の X,Y 座標が変更された場合は、それに応じて行数と列数が更新されます。範囲全体が減少する方法で変更された場合は、その変更内容が無視され、フィーチャの全体表示が使用されます。

  • [入力フィーチャ] を追加すると、[ポリゴン グリッドの原点座標] が自動的に計算されます。

  • [ページ単位と縮尺の使用] がオンになっている場合、[ポリゴンの幅][ポリゴンの高さ] の単位は、アクティブなマップ フレームで設定されているページ単位と一致するように自動的に変更されます。ArcGIS Pro セッションの外部でツールを使用している場合、この単位はデフォルトでインチに設定されます。メートルやマイルなどのマップ単位を指定することも可能ですが、ページに適した単位を使用することを推奨します。

  • [ページ単位と縮尺の使用] がオンになっている場合、マップの縮尺はデフォルトで、印刷レイアウト上のアクティブなマップ フレームの縮尺値に設定されます。ArcGIS Pro セッションの外部でツールを使用している場合、この縮尺はデフォルトで 1 に設定されます。

  • 最良の結果を得るには、すべての入力フィーチャ レイヤーおよびフィーチャクラスをマップまたはマップ フレームと同じ座標系に配置する必要があります。また、ArcGIS Pro セッションの外部でツールを使用している場合は、すべての入力フィーチャ レイヤーおよびフィーチャクラスをリストの先頭にある入力フィーチャ レイヤーおよびフィーチャクラスと同じ座標系に配置する必要があります。

構文

GridIndexFeatures_cartography (out_feature_class, {in_features}, {intersect_feature}, {use_page_unit}, {scale}, {polygon_width}, {polygon_height}, {origin_coord}, {number_rows}, {number_columns}, {starting_page_number}, {label_from_origin})
パラメーター説明データ タイプ
out_feature_class

ポリゴン インデックス フィーチャの結果として出力されるフィーチャクラス。

出力フィーチャクラスの座標系はこの順に決定されます。

  • [環境設定] で座標系が [出力データの座標系] の変数で指定されている場合、その出力フィーチャクラスはこの座標系を使用します。
  • 座標系が [出力データの座標系] で指定されていない場合、出力フィーチャクラスはアクティブなマップ (ArcGIS Pro が開いている) の座標系を使用します。
  • 座標系が [出力データの座標系] で指定されておらず、アクティブなマップも存在しない (ArcGIS Pro が開いていない) 場合、出力フィーチャクラスは最初の入力フィーチャの座標系を使用します。
  • 座標系が [出力データの座標系] で指定されておらず、アクティブなマップが存在せず (ArcGIS Pro が開いていない)、入力フィーチャも指定されていない場合、出力フィーチャクラスの座標系は不明になります。
Feature Class
in_features
[in_features,...]
(オプション)

入力フィーチャを使用して、作成対象のポリゴングリッドの範囲を定義することができます。

Feature Layer; Raster Layer
intersect_feature
(オプション)

出力のグリッド フィーチャクラスを、入力フィーチャ レイヤーまたはデータセットと交差する領域だけに制限します。入力フィーチャを指定した場合、デフォルト値は INTERSECTFEATURE です。入力フィーチャの交差部が、インデックス フィーチャの作成に使用されます。

  • INTERSECTFEATURE出力のグリッド フィーチャクラスを、入力フィーチャ レイヤーまたはデータセットと交差する領域だけに制限します。
  • NO_INTERSECTFEATURE指定した座標、行、および列を使用して、出力のグリッド フィーチャクラスを作成します。
Boolean
use_page_unit
(オプション)

インデックス ポリゴン サイズの入力をページ単位に含めるかどうかを指定します。デフォルトは NO_USEPAGEUNIT です。ツールはデフォルトでマップ単位を使用します。

  • USEPAGEUNITインデックス ポリゴンの高さと幅をページ単位で計算します。
  • NO_USEPAGEUNITインデックス ポリゴンの高さと幅をマップ単位で計算します。
Boolean
scale
(オプション)

インデックス ポリゴンの高さと幅をページ単位で計算する予定がある場合は、縮尺を指定する必要があります。アクティブな ArcGIS Pro セッションの外部でツールを使用している場合、縮尺値はデフォルトで 1 に設定されます。

Long
polygon_width
(オプション)

マップ単位またはページ単位のどちらかで指定されたインデックス ポリゴンの幅。ページ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 インチです。マップ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 度です。

Linear Unit
polygon_height
(オプション)

マップ単位またはページ単位のどちらかで指定されたインデックス ポリゴンの高さ。ページ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 インチです。マップ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 度です。

Linear Unit
origin_coord
(オプション)

出力グリッド フィーチャクラスの左下の原点座標。入力フィーチャを指定した場合、指定されたフィーチャの範囲の結合範囲によってデフォルト値が算出されます。入力フィーチャを指定しない場合、デフォルトの座標は 0、0 です。

Point
number_rows
(オプション)

原点を基点として Y 方向に作成する行の数。デフォルトは 10 です。

Long
number_columns
(オプション)

原点を基点として X 方向に作成する列の数。デフォルトは 10 です。

Long
starting_page_number
(オプション)

各グリッド インデックス フィーチャに、指定した開始ページ番号から始まる連続ページ番号が割り当てられます。デフォルトは 1 です。

Long
label_from_origin
(オプション)

指定した開始ページ番号 (ラベル) から始まる連続するページ番号 (デフォルトは 1) を、出力グリッドの左下隅にあるセルから開始します。デフォルトは NO_LABELFROMORIGIN です。

  • LABELFROMORIGIN指定した開始番号 (ラベル) から始まるページ番号 (デフォルトは 1) を、出力グリッドの左下隅にあるポリゴン フィーチャから開始します。
  • NO_LABELFROMORIGIN指定した開始番号 (ラベル) から始まるページ番号 (デフォルトは 1) を、出力グリッドの左上隅にあるセルから開始します。
Boolean

コードのサンプル

GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 1 (Python ウィンドウ)

入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

import arcpy
from arcpy import env
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
arcpy.GridIndexFeatures_cartography("gridIndexFeatures","poly", "", "", "",
                                    "1000 meters","1000 meters")
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 2 (Python ウィンドウ)

入力フィーチャの全範囲を使用し、指定したインデックス フィーチャのページ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

import arcpy
from arcpy import env
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
arcpy.GridIndexFeatures_cartography("gridIndexFeatures","poly",
                                    "NO_INTERSECTFEATURE","USEPAGEUNIT",
                                    "100000", "5 inches","5 inches")
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 3 (Python ウィンドウ)

入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、開始ページ番号を 5 として GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

import arcpy
from arcpy import env
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
arcpy.GridIndexFeatures_cartography("gridIndexFeatures","poly", "", "", "",
                                    "1000 meters", "1000 meters", "", "",
                                    "", "5")
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 4 (Python ウィンドウ)

原点座標、インデックス フィーチャのマップ単位のディメンション、行数、および列数を指定して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

import arcpy
from arcpy import env
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
arcpy.GridIndexFeatures_cartography("gridIndexFeatures", "", "", "", "",
                                    "1000 meters","1000 meters",
                                    "-6000000 -1600000", "15", "20")
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 5 (Python ウィンドウ)

原点座標、インデックス フィーチャのページ単位のディメンション、行数、および列数を指定し、開始ページ番号を 5 とし、原点からラベリングを開始するように指定して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

import arcpy
from arcpy import env
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
arcpy.GridIndexFeatures_cartography("gridIndexFeatures", "", "", "USEPAGEUNIT",
                                    "100000", "5 inches", "5 inches",
                                    "-6000000 -1600000", "15", "20", "5",
                                    "LABELFROMORIGIN")
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 1 (スタンドアロン Python スクリプト)

入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

# gridindexfeatures_example1.py
# Description: Creates Grid Index Features using the intersection of input
# features and specified index feature dimensions in map units
# Author: ESRI

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"

# Set local variables
outFeatureClass = "gridIndexFeatures"
inFeatures = "poly"
polygonWidth = "1000 meters"
polygonHeight= "1000 meters"

# Execute GridIndexFeatures
arcpy.GridIndexFeatures_cartography(outFeatureClass,inFeatures, "", "", "",
                                    polygonWidth, polygonHeight)
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 2 (スタンドアロン Python スクリプト)

入力フィーチャの全範囲を使用し、指定したインデックス フィーチャのページ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

# gridindexfeatures_example2.py
# Description: Creates Grid Index Features using the entire extent of input
# features and specified index feature dimensions in page units
# Author: ESRI

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"

# Set local variables
outFeatureClass = "gridIndexFeatures"
inFeatures = "poly"
noIntersect = "NO_INTERSECTFEATURE"
usePageUnit = "USEPAGEUNIT"
scale = "100000"
polygonWidth = "5 inches"
polygonHeight= "5 inches"

# Execute GridIndexFeatures
arcpy.GridIndexFeatures_cartography(outFeatureClass, inFeatures, noIntersect,
                                    usePageUnit, scale, polygonWidth,
                                    polygonHeight)
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 3 (スタンドアロン Python スクリプト)

入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、開始ページ番号を 5 として GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

# gridindexfeatures_example3.py
# Description: Creates Grid Index Features using the intersection of input
# features, specified index feature dimensions in map units and 5 as the 
# starting page number
# Author: ESRI

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"

# Set local variables
outFeatureClass = "gridIndexFeatures"
inFeatures = "poly"
polygonWidth = "1000 meters"
polygonHeight= "1000 meters"
startingPageNum = "5"

# Execute GridIndexFeatures
arcpy.GridIndexFeatures_cartography(outFeatureClass,inFeatures, "", "", "",
                                    polygonWidth, polygonHeight, "", "", "",
                                    startingPageNum)
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 4 (スタンドアロン Python スクリプト)

原点座標、インデックス フィーチャのマップ単位のディメンション、行数、および列数を指定して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

# gridindexfeatures_example4.py
# Description: Creates Grid Index Features by specifying the origin
# coordinates, the index feature dimensions in map units, the number of
# rows and the number of columns
# Author: ESRI

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
env.outputCoordinateSystem = arcpy.SpatialReference("North America Albers Equal Area Conic.prj")

# Set local variables
outFeatureClass = "gridIndexFeatures"
polygonWidth = "1000 meters"
polygonHeight= "1000 meters"
originCoord = "-6000000 -1600000"
numberRows = "15"
numberColumns = "20"

# Execute GridIndexFeatures
arcpy.GridIndexFeatures_cartography(outFeatureClass, "", "", "", "",
                                    polygonWidth, polygonHeight, originCoord,
                                    numberRows, numberColumns)
GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) ツールの例 5 (スタンドアロン Python スクリプト)

原点座標、インデックス フィーチャのページ単位のディメンション、行数、および列数を指定し、開始ページ番号を 5 とし、原点からラベリングを開始するように指定して、GridIndexFeatures (インデックス フィーチャ (格子状) の作成) を作成します。

# gridindexfeatures_example5.py
# Description: Creates Grid Index Features by specifying the origin
# coordinates, the index feature dimensions in page units, the number of
# rows, the number of columns, 5 as the starting page number and labeling
# to start at the origin
# Author: ESRI

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:\data\ProjectData.gdb"
env.outputCoordinateSystem = arcpy.SpatialReference("North America Albers Equal Area Conic.prj")

# Set local variables
outFeatureClass = "gridIndexFeatures"
usePageUnit = "USEPAGEUNIT"
scale = "100000"
polygonWidth = "1000 meters"
polygonHeight= "1000 meters"
originCoord = "-6000000 -1600000"
numberRows = "15"
numberColumns = "20"
startingPageNum = "5"
labeling = "LABELFROMORIGIN"


# Execute GridIndexFeatures
arcpy.GridIndexFeatures_cartography(outFeatureClass, "", "", usePageUnit,
                                    scale, polygonWidth, polygonHeight,
                                    originCoord, numberRows, numberColumns,
                                    startingPageNum, labeling)

ライセンス情報

  • ArcGIS Desktop Basic: はい
  • ArcGIS Desktop Standard: はい
  • ArcGIS Desktop Advanced: はい

関連トピック