Skip To Content

道路網の間引き (Thin Road Network)

概要

小縮尺で表示するために、接続性と一般特性を維持して単純化した道路網を生成します。

このツールでは、新しい出力は生成されません。入力フィーチャクラスの [非表示] フィールドに値を割り当てることにより、ビューから削除できる余分なフィーチャを特定し、単純化されても適切に表現された道路のコレクションを生成します。フィーチャ ジオメトリが変更されたり、削除されたりすることはありません。

[道路網の間引き (Thin Road Network)] では、フィーチャが実際に削除されることはありません。フィーチャを実際に削除する場合は、[ラインの切詰め (Trim Line)] ツールを使用することを検討してください。

単純化した道路のコレクションは、フィーチャの有意性、重要度、密度によって決定されます。データ全体にわたる非常に長い道程に属するセグメントは、局所的な移動のみに必要となるセグメントよりも有意性が高くなります。道路の分類、つまり重要度は、[階層フィールド] パラメーターで指定されます。結果の道路網の密度は [最小長] パラメーターで決定されます。この値は、縮尺での表示が視覚的に認識できる最短のセグメントになります。

操作の詳細および始点として使用が推奨される最小長の値の表については、「[道路網の間引き (Thin Road Network)] の詳細」をご参照ください。

注意:

投影座標系に入力フィーチャが存在しない場合、警告が出されます。このツールは線形距離単位に依存するため、非投影座標系では予期しない結果になります。有効な結果を得るには、投影座標系のデータに対してこのツールを実行することを強くお勧めします。座標系が見つからないか不明な場合、エラーが発生し、ツールの処理は実行されません。

道路網の間引き (Thin Road Network) ツールの結果
[道路網の間引き (Thin Road Network)] ツールは、特性と接続性を維持しながら道路のコレクションを単純化します。

使用法

  • すべての入力フィーチャクラスに非表示フィールドが存在し、同じ名前が付けられている必要があります。表示したままにするフィーチャには値 0 を割り当て、非表示にするフィーチャには値 1 を割り当てます。レイヤーのフィルター設定または選択セットを使用して、単純化した結果のコレクションを表示します (例: invisibility <> 1)。複数の非表示フィールドを使用して、1 つのフィーチャクラス上で、異なる出力スケールに対応する異なる結果を格納することができます。

  • [階層フィールド] は、どのフィーチャが有意であるかを決定する手がかりとなるフィーチャの相対的な重要度を特定します。階層値 1 は最も重要なフィーチャであることを示し、階層値が増えるほど重要度は低くなります。最適な結果を得るために、5 を超える階層レベルは使用しないでください。階層値 0 で入力された道路は「ロックされている」と見なされ、接続性のために必要な隣接道路とともに常に表示されます。すべての入力フィーチャクラスに階層フィールドが存在し、同じ名前が付けられている必要があります。

    階層値は、一般には道路分類を指定するフィールドから取得され、道路がシンボル表示される方法に一致します。ネットワーク解析で使用される階層の概念とは無関係です。このツールでは、階層値に NULL を指定することはできないため、指定するとエラーが発生します。

  • [最小長] パラメーターは、単純化する道路のコレクションの解像度、つまり精度に対する感度を定義します。最終的な縮尺で視覚的に意味のある長さにする必要があります。このツールの結果は、階層、表示のロック、解像度、および道路ジオメトリの形状と接続性によって定められる要件を適切に調整したものになります。したがって、結果のフィーチャ セットで最小長の値を直接測定できない場合もあります。

  • 道路の大きなデータセットや数多くのデータセットを同時に処理すると、メモリの制限を超えることがあります。このような場合、[カートグラフィック パーティション] 環境設定で、関連するポリゴン フィーチャクラスを特定することによって、パーティション単位で入力データを処理することを検討します。パーティションの境界によって定義されたデータの一部が順次処理されます。結果のフィーチャクラスは、パーティション エッジにおいてシームレスでかつ一致しています。パーティションを使用してこのツールを実行する際の詳細については、「道路網の間引き (Thin Road Network) の詳細 」をご参照ください。

  • このツールの結果の整合性は、入力のトポロジの整合性に依存します。各交点に正しい接続が存在し、道路網の接続性が忠実に表現されなければなりません。データ要件の詳細および役に立つヒントについては、「[道路網の間引き (Thin Road Network)] ツールの詳細」をご参照ください。

構文

ThinRoadNetwork(in_features, minimum_length, invisibility_field, hierarchy_field)
パラメーター説明データ タイプ
in_features
[in_features,...]

小縮尺で表示する単純化したコレクションを作成するために間引く必要がある道路の入力ライン フィーチャ。

Feature Layer
minimum_length

出力する縮尺で表示可能な最も短い道路セグメントの指定。この値は、結果の道路コレクションの解像度、つまり密度を制御します。単位がポイント、mm、cm、インチの場合、値はページ単位と見なされ、基準縮尺が考慮されます。

Linear Unit
invisibility_field

このツールの結果が格納されるフィールド。単純化した道路のコレクションで表示するフィーチャの値は 0 (ゼロ) です。非表示にするフィーチャの値は 1 です。レイヤーのフィルター設定を使用して、結果の道路のコレクションを表示します。このフィールドは各入力フィーチャクラスに存在し、同じ名前が付けられている必要があります。

String
hierarchy_field

フィーチャの重要度の階層ランクが格納されるフィールド。1 は非常に重要であり、整数が大きくなるほど重要度は低くなります。値値が 0 の場合、フィーチャは結果のコレクションで強制的に表示されます。このフィールドは各入力フィーチャクラスに存在し、同じ名前が付けられている必要があります。階層値に NULL を指定することはできないため、指定するとエラーが発生します。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_features

更新された入力道路フィーチャ。

フィーチャ レイヤー

コードのサンプル

ThinRoadNetwork (道路網の間引き) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、ThinRoadNetwork ツールをイミディエイト モードで使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data/cartography.gdb/transportation"
arcpy.ThinRoadNetwork_cartography("roads.lyr", "1000 meters", "invisible", "level")
ThinRoadNetwork (道路網の間引き) の例 (スタンドアロン スクリプト)

このスタンドアロン スクリプトは、ThinRoadNetwork (ベクター タイル パッケージの作成) ツールの使用例を示しています。

# Name: ThinRoadNetwork_standalone_script.py
# Description:  Removes a subset of road segments to create a simplified road network that retains the connectivity and character of the input.
# Author: ESRI
 
# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"

# Set local variables
in_features = "roads.lyrx"
minimum_length = "1000 meters"
invisibility_field = "invisible"
level_field = "level"

# Execute Thin Road Network
arcpy.ThinRoadNetwork_cartography(in_features, minimum_length, invisibility_field, level_field)

環境

基準縮尺

基準縮尺は、[最小長] パラメーターがページ単位で入力された場合のみ考慮されます。基準縮尺が使用可能な場合、フィーチャが縮尺で 0.5 mm だけ分離されているかどうかが、隠れた行き止まりを検出する基準となります。基準縮尺を利用できない場合は、空間参照の許容値の 2 倍の値が使用されます。

ライセンス情報

  • Basic: いいえ
  • Standard: いいえ
  • Advanced: はい

関連トピック