Skip To Content

ジオデータベースへ変換ツールセットの概要

[ジオデータベースへ変換] ツールセットには、データを変換してジオデータベースに書き込めるツールが収録されています。

ツール説明

BIM ファイル → ジオデータベース (BIM File to Geodatabase)

1 つまたは複数の BIM ファイル ワークスペースのコンテンツをジオデータベース フィーチャ データセットにインポートします。

CAD → ジオデータベース (CAD to Geodatabase)

CAD データセットを読み取り、ドローイングのフィーチャクラスを作成します。フィーチャクラスがジオデータベース フィーチャ データセットに書き込まれます。

ドキュメントから位置を抽出 (Extract Locations from Document)

非構造化テキストまたは半構造化テキストを含むドキュメント (電子メール メッセージ、旅行フォームなど) を解析し、位置をポイント フィーチャクラスに抽出します。

テキストから位置を抽出 (Extract Locations from Text)

入力テキストまたはテキスト ファイルを解析し、位置をポイント フィーチャクラスに抽出します。

フィーチャクラス → フィーチャクラス (Feature Class to Feature Class)

シェープファイル、カバレッジ フィーチャクラスまたはジオデータベース フィーチャクラスを、シェープファイルやジオデータベース フィーチャクラスに変換します。

フィーチャクラス → ジオデータベース (マルチプル) (Feature Class To Geodatabase)

1 つ以上のフィーチャクラスまたはフィーチャ レイヤーをジオデータベース フィーチャクラスに変換します。

モバイル ジオデータベース → ファイル ジオデータベース (Mobile Geodatabase To File Geodatabase)

モバイル ジオデータベースのコンテンツを新しいファイル ジオデータベースにコピーします。

ラスター → ジオデータベース (Raster To Geodatabase)

複数のラスター データセットをジオデータベースに読み込みます。

テーブル → ジオデータベース (Table To Geodatabase)

1 つ以上のテーブルを出力ジオデータベース内のジオデータベース テーブルに変換します。入力テーブルとして、dBASE テーブル、INFO テーブル、VPF テーブル、OLE DB テーブル、ジオデータベース テーブル、またはテーブル ビューのいずれかを指定できます。

テーブル → テーブル (Table to Table)

テーブル、テーブル ビュー、フィーチャ レイヤー、フィーチャクラス、または属性テーブルのあるラスターの行を新しいジオデータベースの *.csv、*.txt、または *.dbf テーブルにエクスポートします。

関連トピック