Skip To Content

一般ツールセットの概要

[一般] ツールセットには、一般的なデータ管理操作を実行するためのツールが含まれています。フィーチャクラスやテーブルの結合、データセットの名前変更とコピーや削除、重複または同一のレコードの検索と削除、レコードの並べ替えなどを行うツールが含まれています。

ツール説明

ArcGIS Pro で実行するツールの分析 (Analyze Tools For Pro)

Python スクリプトとカスタム ジオプロセシング ツールおよびツールボックスを解析して、ArcGIS Pro でサポートされていない機能を特定します。

アペンド (Append)

複数の入力データセットを 1 つの既存のターゲット データセットに追加 (アペンド) します。入力データセットとして、フィーチャクラス、テーブル、シェープファイル、ラスター、アノテーション、またはディメンションを使用できます。

コピー (Copy)

入力データのコピーを作成します。

データベース ビューの作成 (Create Database View)

SQL 式を使用してデータベースにビューを作成します。

削除 (Delete)

ディスクからデータを永続的に削除します。ArcGIS でサポートされるすべてのタイプの地理データ、およびツールボックスとワークスペース (フォルダー、ジオデータベース) を削除できます。指定のアイテムがワークスペースの場合は、含まれているすべてのアイテムも削除されます。

同一値を持つレコードの削除 (Delete Identical)

フィールドの一覧内で同一値を持つ、フィーチャクラスまたはテーブルのレコードを削除します。Shape フィールドが選択されている場合は、フィーチャ ジオメトリが照合されます。

レポートを PDF にエクスポート (Export Report to PDF)

ArcGIS Pro のレポートを PDF ファイルにエクスポートします。

同一値を持つレコードの検出 (Find Identical)

フィールドの一覧内で同一値を持つ、フィーチャクラスまたはテーブルのレコードを報告し、同一値を持つこれらのレコードを示すテーブルを生成します。Shape フィールドが選択されている場合は、フィーチャ ジオメトリが照合されます。

マージ (Merge)

複数の入力データセットを 1 つの新しい出力データセットに結合します。このツールで結合できるのはポイント フィーチャクラス、ライン フィーチャクラス、ポリゴン フィーチャクラス、またはテーブルです。

名前の変更 (Rename)

データセットの名前を変更します。これには、フィーチャ データセット、ラスター、テーブル、シェープファイルなど、さまざまなデータ タイプが含まれます。

レコードの並べ替え (Sort)

1 つ以上のフィールドに基づいて、フィーチャクラスまたはテーブルのレコードを昇順または降順で並べ替えます。並べ替えの結果は、新しいデータセットに書き込まれます。

ファイルの転送 (Transfer Files)

ファイル システムとクラウド ストレージ ワークスペースの間でファイルを転送します。

[一般] ツールセットのツール

関連トピック