Skip To Content

パッケージ ツールセットの概要

[パッケージ] ツールセットには、レイヤー (*.lyr および *.lyrx)、マップ (*.mxd および *.mapx)、プロジェクト (*.aprx)、住所ロケーター (*.loc)、およびジオプロセシング結果の統合、パッケージ化、共有を行うためのツールが含まれています。

レイヤー ファイル、プロジェクト内のマップおよびベースマップ、住所ロケーターは、ローカル ディスク上、LAN (ローカル エリア ネットワーク) 全体、またはエンタープライズ ジオデータベース内に存在する可能性があるデータを参照するコンテナーです。[パッケージ] ツールセットのツールを使用すると、すべてのデータ リソースを統合ツールで 1 つのフォルダーに統合したり、パッケージ ツールで 1 つの圧縮ファイルに統合することができます。[パッケージ] ツールセットのツールを使用することにより、データ、マップ、住所ロケーター、およびジオプロセシング ワークフローを整理したり、これらを他のユーザーと共有したりすることができます。

パッケージは、標準的なファイル転送技術を使用して他のユーザーと共有することができます。また、[パッケージの共有 (Share Package)] ツールを使用して ArcGIS Online に公開することで、より多くのユーザーと共有することもできます。

ツール説明

レイヤー コンテンツの統合 (Consolidate Layer)

参照されているすべてのデータ ソースをコピーすることにより、1 つまたは複数のレイヤーを 1 つのフォルダーに統合します。

ロケーターの統合 (Consolidate Locator)

すべてのロケーターを 1 つのフォルダーにコピーして、ロケーターまたはコンポジット ロケーターを統合します。

マップ コンテンツの統合 (Consolidate Map)

マップおよび参照されているすべてのデータ ソースを、指定した出力フォルダーに統合します。

プロジェクト コンテンツの統合 (Consolidate Project)

プロジェクト (*.aprx ファイル) と参照されているマップおよびデータを指定の出力フォルダーに統合します。

ツールボックスの統合 (Consolidate Toolbox)

1 つ以上のツールボックス (*.tbx ファイルまたは *.pyt ファイル) を指定の出力フォルダーに統合します。

マップ タイル パッケージの作成 (Create Map Tile Package)

マップまたはベースマップからタイルを生成し、そのタイルをパッケージ化して 1 つの *.tpk 圧縮ファイルを作成します。

モバイル マップ パッケージの作成 (Create Mobile Map Package)

マップおよびベースマップと、参照されているすべてのデータ ソースを 1 つの *.mmpk ファイルにパッケージ化します。

モバイル シーン パッケージの作成 (Create Mobile Scene Package)

ArcGIS プラットフォーム全体で使用するために 1 つ以上のシーンからモバイル シーン パッケージ ファイル (*.mspk) を作成します。

ベクター タイル インデックスの作成 (Create Vector Tile Index)

ベクター タイル パッケージの作成時にインデックス ポリゴンとして使用できるマルチスケール メッシュのポリゴンを作成します。

ベクター タイル パッケージの作成 (Create Vector Tile Package)

マップまたはベースマップからベクター タイルを生成し、そのタイルをパッケージ化して 1 つの *.vtpk 圧縮ファイルを作成します。

パッケージの抽出 (Extract Package)

パッケージのコンテンツを指定のフォルダーに抽出します。出力フォルダーは、入力パッケージから抽出されたコンテンツで更新されます。

レイヤーのパッケージ化 (Package Layer)

1 つまたは複数のレイヤーおよびすべての参照先データ ソースをパッケージ化し、単一の圧縮 *.lpkx ファイルを作成します。

ロケーターのパッケージ化 (Package Locator)

ロケーターまたはコンポジット ロケーターをパッケージ化して、1 つの *.gcpk 圧縮ファイルを作成します。

マップのパッケージ化 (Package Map)

マップおよびすべての参照先データ ソースをパッケージ化し、単一の圧縮 *.mpkx ファイルを作成します。

プロジェクトのパッケージ化 (Package Project)

参照されているマップおよびデータのプロジェクト (*.aprx ファイル) を、パッケージ化されたプロジェクト ファイル (*.ppkx) に統合します。

結果のパッケージ化 (Package Result)

すべてのツールや入力および出力データセットなど、1 つ以上のジオプロセシング結果を 1 つの圧縮ファイル (*.gpkx) にパッケージ化します。

パッケージの共有 (Share Package)

パッケージを ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise にアップロードすることによって共有します。

[パッケージ] ツールセットのツール

シーン レイヤー ツールセットの概要

シーン レイヤー ツールセット ([パッケージ] ツールセット以下) に属するツールの概要を表に示します。これらのツールを使用すると、シーン レイヤーをパッケージ化し、サード パーティのシーン レイヤー パッケージを整合チェックすることができます。

ツール説明

3D オブジェクト シーン レイヤー パッケージの作成 (Create 3D Object Scene Layer Package)

マルチパッチ フィーチャ レイヤー入力からシーン レイヤー パッケージ (*.slpk ファイル) を作成します。

ビルディング シーン レイヤー パッケージの作成 (Create Building Scene Layer Package)

ビルディング レイヤー入力からシーン レイヤー パッケージ (*.slpk ファイル) を作成します。

3D メッシュ シーン レイヤー パッケージの作成 (Create Integrated Mesh Scene Layer Package)

OSGB (OpenSceneGraph binary) データからシーン レイヤー パッケージを作成します。

点群シーン レイヤー パッケージの作成 (Create Point Cloud Scene Layer Package)

LAS、ZLAS、LAZ、または LAS データセット入力から点群シーン レイヤー パッケージ (*.slpk ファイル) を作成します。

ポイント シーン レイヤー パッケージの作成 (Create Point Scene Layer Package)

ポイント フィーチャ レイヤーからポイント シーン レイヤー パッケージ (*.slpk ファイル) を作成します。

シーン レイヤー パッケージの整合チェック (Validate Scene Layer Package)

シーン レイヤー パッケージ (*.slpk) ファイルを評価して、パッケージが I3S 仕様に準拠していることを確認します。

[シーン レイヤー] ツールセットのツール

関連トピック