Skip To Content

コンポジット バンド (Composite Bands)

概要

複数のバンドから 1 つのラスター データセットを作成します。

[コンポジット バンド (Composite Bands)] の図

使用法

  • このツールで、元のラスター データセット バンドのサブセットが含まれるラスター データセットを作成することもできます。この方法は、特定のバンドの組み合わせと順序で新しいラスター データセットを作成する必要がある場合に便利です。

  • 出力ラスター データセットでのバンドの順序は、複数値入力コントロール ボックスのリストに表示されるバンドの順序によって決まります。

  • このツールが出力できるのは、矩形のセル サイズのみです。

  • 出力は、BIL、BIP、BMP、BSQ、DAT、Esri Grid、GIF、IMG、JPEG、JPEG 2000、PNG、TIFF、MRF、CRF、または任意のジオデータベース ラスター データセットに保存することができます。

  • 出力ラスター データセットでは、リストの最初にあるラスター バンドのセル サイズが使用されます。

  • デフォルトでは、リストの最初に挙げられている、空間参照のあるラスター バンドの範囲と空間参照が、出力ラスター データセットで使用されます。このデフォルトは、[環境設定] で出力範囲と出力座標系を設定することによって変更できます。

  • シングルバンド ラスター データセットをマルチバンド ラスター データセットに結合する理由を説明するいくつかの例を次に示します。

    • band1.tifband2.tifband3.tif のように各バンドのデータがそれぞれ 1 つのファイルに格納された衛星データを受け取ったとします。これらのラスター データセットを 1 つにレンダリングしてカラー合成を作成するには、それぞれのバンドを単一のラスター データセット (allbands.tif など) に格納する必要があります。
    • さまざまな時期に取得された同じ地域のラスター データセットが複数あるとします。これらのラスター データセットをカラー合成として表示することにより、都市の成長や森林の伐採など、この地域における変化を確認することができます。このようなカラー合成を作成するには、各ラスター データセットを個別のバンドとして単一のラスター データセットに格納する必要があります。
    • 解析操作の出力がシングルバンド ラスター データセットになっている場合があります。視覚的な解析をさらに進めるには、データをカラー合成にレンダリングして、複数の出力を結合すると便利です。
    • 複数のバンドを 1 つのラスター データセットに結合すると、関連する多数のシングルバンド ラスターの整理が容易になります。

構文

CompositeBands_management (in_rasters, out_raster)
パラメーター説明データ タイプ
in_rasters
[in_rasters,...]

バンドとして使用するラスター データセット。

Mosaic Dataset ; Mosaic Layer ; Raster Dataset ; Raster Layer
out_raster

作成するラスター データセットの名前、場所、および形式。出力ラスターが必要なビット深度をサポートできることを確認してください。

ラスター データセットをファイル形式で格納する場合は、ファイル拡張子を指定する必要があります。

  • .bil(Esri BIL)
  • .bip(Esri BIP)
  • .bmp(BMP)
  • .bsq(Esri BSQ)
  • .dat(ENVI DAT)
  • .gif(GIF)
  • .img(ERDAS IMAGINE)
  • .jpg(JPEG)
  • .jp2(JPEG 2000)
  • .png(PNG)
  • .tif(TIFF)
  • .mrf (MRF)
  • .crf (CRF)
  • 拡張子なし (Esri GRID)

ジオデータベースにラスター データセットを格納する場合、ラスター データセットの名前にファイル拡張子は付けません。

ラスター データセットを JPEG ファイル、JPEG 2000 ファイル、TIFF ファイル、またはジオデータベースに格納するときに、ジオプロセシング環境[圧縮タイプ][圧縮品質] を指定できます。

Raster Dataset

コードのサンプル

CompositeBands (コンポジット バンド) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、CompositeBands ツールを実行する Python サンプルです。

import arcpy
from arcpy import env
env.workspace = "c:/data"
arcpy.CompositeBands_management("band1.tif;band2.tif;band3.tif",
                                "compbands.tif")
CompositeBands (コンポジット バンド) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、CompositeBands ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

##====================================
##Composite Bands
##Usage: CompositeBands_management in_rasters;in_rasters... out_raster

import arcpy
arcpy.env.workspace = r"C:/Workspace"

##Compose multi types of single band raster datasets to a TIFF format raster dataset
arcpy.CompositeBands_management("band1.tif;comp.mdb/band2;comp.gdb/bands/Band_3","compbands.tif")

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい