Skip To Content

ラスターのコピー (Copy Raster) (データ管理)

概要

ラスター データセットのコピーを保存したり、モザイク データセットを 1 つのラスター データセットに変換したりします。

使用法

  • 出力は、BIL、BIP、BMP、BSQ、CRF、DAT、Esri Grid、GIF、IMG、JPEG、JPEG 2000、MRF、PNG、TIFF、または任意のジオデータベース ラスター データセットに保存することができます。

  • ジオデータベースにラスター データセットを格納する場合、ラスター データセットの名前にファイル拡張子は付けません。ラスター データセットをファイル形式で格納する場合は、ファイル拡張子を指定する必要があります。

    • .bil (Esri BIL)
    • .bip (Esri BIP)
    • .bmp (BMP)
    • .bsq (Esri BSQ)
    • .dat (ENVI DAT)
    • .gif (GIF)
    • .img (ERDAS IMAGINE)
    • .jpg (JPEG)
    • .jp2 (JPEG 2000)
    • .png (PNG)
    • .tif (TIFF)
    • .mrf (MRF)
    • .crf (CRF)
    • 拡張子なし (Esri GRID)

  • このツールを使用して、ピクセル タイプを別のビット深度に変更することができます。ピクセル深度を変更する場合、ラスターの表示は変化しませんが、値は指定した新しいビット深度に変更されます。

  • このツールの出力は必ずラスター データセットになります。このツールは、入力としてモザイク データセットを使用しますが、出力はラスター データセットです。モザイク データセットの内容は、ラスター データセットを作成するためにモザイク化されます。

  • [オプション] 内の [ワールド ファイルを使用してラスターの座標値を定義] オプションをオンにした場合、ワールド ファイルが出力されます。すでに存在しているワールド ファイルは、上書きされます。また、出力された空間参照で、1/2 ピクセル シフトが発生する場合があります。

  • ファイルベースのラスターの場合は、背景値を除外するために、[背景値を除外]NoData と同じ値に設定する必要があります。ファイル ジオデータベース ラスターとエンタープライズ ジオデータベース ラスターについては、この追加の処理を行う必要はありません。

  • ラスター データセットを JPEG ファイル、JPEG 2000 ファイル、またはジオデータベースに格納するときに、[環境] 内で [圧縮タイプ][圧縮品質] を指定できます。

  • GIF 形式がサポートするのは、シングルバンド ラスター データセットのみです。

  • [ピクセル タイプ] パラメーターによって、出力ラスター データセットのビット深度が決まります。別のピクセル タイプが選択されたときは、ラスター値の再調整が行われます。ピクセル タイプが降格された (引き下げられた) 場合、そのピクセル深度の有効範囲外のラスター値は切詰められ、失われます。サポートされているエクスポート形式のビット深度の容量については、「サポートされているセンサーのリスト」をご参照ください。

  • [多次元転置の構築 (Build Multidimensional Transpose)] パラメーターは、データ アクセス最適化用です。デフォルトでは、CRF ファイルは、各多次元スライスを別々のフォルダーに格納し、各スライスがタイルに分割されます。転置を実行すると、データは、スライスやタイルによってではなく、ディメンションに沿って分割され、時系列プロファイルなどの解析をより高速かつ簡単にします。

構文

CopyRaster(in_raster, out_rasterdataset, {config_keyword}, {background_value}, {nodata_value}, {onebit_to_eightbit}, {colormap_to_RGB}, {pixel_type}, {scale_pixel_value}, {RGB_to_Colormap}, {format}, {transform}, {process_as_multidimensional}, {build_multidimensional_transpose})
パラメーター説明データ タイプ
in_raster

コピーするラスター データセットまたはモザイク データセット。

Raster Dataset; Mosaic Dataset; Mosaic Layer; Raster Layer; File; Image Service
out_rasterdataset

作成するラスター データの名前および形式。

  • .bil(Esri BIL)
  • .bip(Esri BIP)
  • .bmp(BMP)
  • .bsq(Esri BSQ)
  • .dat(ENVI DAT)
  • .gif(GIF)
  • .img(ERDAS IMAGINE)
  • .jpg(JPEG)
  • .jp2(JPEG 2000)
  • .png(PNG)
  • .tif(TIFF)
  • .mrf (MRF)
  • .crf (CRF)
  • 拡張子なし (Esri GRID)

ジオデータベースにラスター データセットを格納する場合、ラスター データセットの名前にファイル拡張子は付けません。

ラスター データセットを JPEG ファイル、JPEG 2000 ファイル、TIFF ファイル、またはジオデータベースに格納するときに、圧縮タイプと圧縮品質を指定できます。

Raster Dataset
config_keyword
(オプション)

ジオデータベースの格納パラメーター (コンフィグレーション) を指定します。コンフィグレーション キーワードは、データベース管理者によって設定されます。

String
background_value
(オプション)

ラスター データの周囲に作成された不要な値を削除します。指定した値は、ラスター データセットの他の有用なデータと区別されます。たとえば、ラスター データセットの境界に沿ったゼロ値は、ラスター データセット内のゼロ値と区別されます。

指定したピクセル値は、出力ラスター データセットでは NoData に設定されます。

ファイルベースのラスターの場合は、背景値を除外するために、[背景値を除外]NoData と同じ値に設定する必要があります。エンタープライズおよびジオデータベース ラスターについては、この追加の処理を行う必要はありません。

Double
nodata_value
(オプション)

指定した値を持つすべてのピクセルが、出力ラスター データセットでは NoData に設定されます。

String
onebit_to_eightbit
(オプション)

入力の 1 ビット ラスター データセットを 8 ビット ラスター データセットに変換するかどうかを選択します。この変換では、入力ラスター データセットの値 1 が出力ラスター データセットで 255 に変更されます。これは、1 ビット ラスター データセットをジオデータベースにインポートするときに便利です。1 ビット ラスター データセットは、ファイル システムに格納されたときには 8 ビット ピラミッド レイヤーを持ちますが、ジオデータベースでは 1 ビット ラスター データセットは 1 ビット ピラミッド レイヤーしか持つことができず、そのために表示が不十分なものになります。このデータをジオデータベースの 8 ビットに変換すると、ピラミッド レイヤーが 1 ビットではなく 8 ビットとして作成されるため、本来のラスター データセットが表示されます。

  • NONE変換を実行しません。これがデフォルトです。
  • OneBitTo8Bit入力ラスターが変換されます。
Boolean
colormap_to_RGB
(オプション)

入力ラスター データセットがカラーマップを持つ場合、出力ラスター データセットを 3 バンドの出力ラスター データセットに変換できます。これは、別のカラーマップでラスターをモザイクするときに役立ちます。

  • NONE変換は行われません。これがデフォルトです。
  • ColormapToRGB入力データセットが変換されます。
Boolean
pixel_type
(オプション)

ラスターまたはモザイク データセットの深度 (放射量分解能) を設定します。定義されない場合、この値は最初のラスター データセットから取得されます。

  • 1_BIT1 ビット符号なし整数。値は 0 または 1 です。
  • 2_BIT2 ビット符号なし整数。サポートされる値は 0 ~ 3 です。
  • 4_BIT4 ビット符号なし整数。サポートされる値は 0 ~ 15 です。
  • 8_BIT_UNSIGNED8 ビット符号なしデータ タイプ。サポートされる値は 0 ~ 255 です。
  • 8_BIT_SIGNED8 ビット符号付きデータ タイプ。サポートされる値は -128 ~ 127 です。
  • 16_BIT_UNSIGNED16 ビット符号なしデータ タイプ。値の範囲は 0 〜 65,535 です。
  • 16_BIT_SIGNED16 ビット符号付きデータ タイプ。値の範囲は -32,768 〜 32,767 です。
  • 32_BIT_UNSIGNED32 ビット符号なしデータ タイプ。値の範囲は 0 〜 4,294,967,295 です。
  • 32_BIT_SIGNED32 ビット符号付きデータ タイプ。値の範囲は -2,147,483,648 〜 2,147,483,647 です。
  • 32_BIT_FLOAT小数点をサポートする 32 ビット データ タイプ。
  • 64_BIT小数点をサポートする 64 ビット データ タイプ。
String
scale_pixel_value
(オプション)

出力と入力のピクセル タイプが異なる場合 (たとえば、入力が 16 ビットで出力が 8 ビット)、新しい範囲に合わせて値を変更するように選択できます。変更しない場合、新しいピクセル範囲に含まれない値は破棄されます。

8 ビットから 16 ビットのように値を拡大する場合は、8 ビット値の最小値と最大値が 16 ビット範囲の最小値と最大値に拡大されます。16 ビットから 8 ビットのように値を縮小する場合は、16 ビットの最小値と最大値が 8 ビット範囲の最小値と最大値に縮小されます。

  • NONEピクセル値は同じままで変更されません。値の範囲に含まれない値は破棄されます。これがデフォルトです。
  • ScalePixelValueピクセル値を新しいピクセル タイプに変更します。ピクセル深度を変更する場合、ラスターの表示は変化しませんが、値は指定した新しいビット深度に変更されます。
Boolean
RGB_to_Colormap
(オプション)

8 ビットで 3 バンド (RGB) のラスター データセットをカラーマップを含むシングル バンドのラスター データセットに変換するかどうかを指定します。この操作は、スキャン画像によく見られるノイズを抑制し、スクリーン キャプチャ、スキャン マップ、またはスキャン ドキュメントに適しています。衛星画像や航空画像、または主題ラスター データでの使用はお勧めしません。

  • NONERGB を変換しません。
  • RGBToColormapカラー マップに変換します。
Boolean
format
(オプション)

出力ラスターの形式を指定します。

  • TIFFTIFF 形式
  • COGクラウド最適化 GeoTIFF 形式
  • IMAGINE ImageERDAS IMAGINE
  • BMPBMP 形式
  • GIFGIF 形式
  • PNGPNG 形式
  • JPEGJPEG 形式
  • JP2JPEG 2000 形式
  • GRIDEsri GRID 形式
  • BILEsri BIL 形式
  • BSQEsri BSQ 形式
  • BIPEsri BIP 形式
  • ENVIENVI 形式
  • CRFCRF 形式
  • MRFMRF 形式
String
transform
(オプション)

入力ラスターに関連付けられている変換を出力に適用するかどうかを指定します。入力ラスターには、変換を関連付けることができます。これは、ワールド ファイルやジオメトリック関数などとして、入力内には保存されません。

  • NONE関連付けられている変換を出力に適用しません。
  • Transform関連付けられている変換を出力に適用します。
Boolean
process_as_multidimensional
(オプション)

入力モザイク データセットを多次元ラスター データセットとして処理するかどうかを指定します。

  • CURRENT_SLICE入力を多次元ラスター データセットとして処理しません。入力が多次元である場合、現在表示されているスライスのみが処理されます。これがデフォルトです。
  • ALL_SLICES入力を多次元ラスター データセットとして処理し、すべてのスライスを処理して、新しい多次元ラスター データセットを生成します。このオプションを使用するには、formatCRF に設定します。
Boolean
build_multidimensional_transpose
(オプション)

入力多次元ラスター データセットの転置を構築するかどうかを指定します。転置は、各ディメンションに沿ってデータをチャンクに分割し、すべてのスライスにわたってピクセル値にアクセスするときのパフォーマンスを最適化します。

  • NO_TRANSPOSE転置を構築しません。これがデフォルトです。
  • TRANSPOSE入力多次元ラスター データセットを転置します。このオプションを使用するには、process_as_multidimensionalALL_SLICES に設定します。
Boolean

コードのサンプル

CopyRaster (ラスターのコピー) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、CopyRaster ツールを実行する Python サンプルです。

##====================================
##Copy Raster
##Usage: CopyRaster_management(
##			in_raster, out_rasterdataset, {config_keyword}, {background_value}, 
##			{nodata_value}, {NONE | OneBitTo8Bit}, {NONE | ColormapToRGB}, 
##			{1_BIT | 2_BIT | 4_BIT | 8_BIT_UNSIGNED | 8_BIT_SIGNED | 16_BIT_UNSIGNED | 
##			16_BIT_SIGNED | 32_BIT_UNSIGNED | 32_BIT_SIGNED | 32_BIT_FLOAT | 64_BIT}, 
##			{NONE | ScalePixelValue}, {NONE | RGBToColormap}, {TIFF | IMAGINE Image | 
##			BMP | GIF | PNG | JPEG | JPEG2000 | Esri Grid | Esri BIL | Esri BSQ | 
##			Esri BIP | ENVI | CRF | MRF}, {NONE | Transform}, {CURRENT_SLICE | ALL_SLICES}, {NO_TRANSPOSE | TRANSPOSE})


try:
    import arcpy
    arcpy.env.workspace = r"C:\PrjWorkspace"
    ##Copy Multidimensional Raster Dataset to a new multidimensional dataset in Cloud raster format and with transpose for faster data access
    arcpy.CopyRaster_management('SeaSurfaceTemp.nc',"https://s3.amazonaws.com/S3Storage/seasurfacetemp","","","","","","","","", format = "CRF",'NONE',process_as_multidimensional = 'ALL_SLICES', build_multidimensional_transpose='TRANSPOSE')
    ##Copy 1 BIT 
    arcpy.CopyRaster_management("1bit.tif","SDE94.sde\\bit8","DEFAULTS","","","OneBitTo8Bit","","")
    ##Copy File RasterDataset to GDB Dataset with Background and Nodata setting
    arcpy.CopyRaster_management("background.tif","CpRaster.gdb\\background","DEFAULTS","0","9","","","8_BIT_UNSIGNED")
except:
    print "Copy Raster example failed."
    print arcpy.GetMessages()
CopyRaster (ラスターのコピー) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、CopyRaster ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

##====================================
##Usage: CopyRaster_management(
##			in_raster, out_rasterdataset, {config_keyword}, {background_value}, 
##			{nodata_value}, {NONE | OneBitTo8Bit}, {NONE | ColormapToRGB}, 
##			{1_BIT | 2_BIT | 4_BIT | 8_BIT_UNSIGNED | 8_BIT_SIGNED | 16_BIT_UNSIGNED | 
##			16_BIT_SIGNED | 32_BIT_UNSIGNED | 32_BIT_SIGNED | 32_BIT_FLOAT | 64_BIT}, 
##			{NONE | ScalePixelValue}, {NONE | RGBToColormap}, {TIFF | IMAGINE Image | 
##			BMP | GIF | PNG | JPEG | JPEG2000 | Esri Grid | Esri BIL | Esri BSQ | 
##			Esri BIP | ENVI | CRF | MRF}, {NONE | Transform}, {CURRENT_SLICE | ALL_SLICES}, {NO_TRANSPOSE | TRANSPOSE})

import arcpy
arcpy.env.workspace = r"C:\PrjWorkspace"

##Copy to new multidimensional dataset in cloud raster format and with transpose for faster data access
arcpy.CopyRaster_management(
	"SeaSurfaceTemp.nc", "SST_Transpose.crf","","",-3.402823e+38,"NONE","NONE","","NONE","NONE", "CRF", "NONE", "ALL_SLICES", "TRANSPOSE")

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック