Skip To Content

ジオタグ付き写真 → ポイント (GeoTagged Photos To Points)

概要

ジオタグ付き写真に保存された X、Y、および Z 座標からポイントを作成します。また、写真ファイルを出力フィーチャクラスのフィーチャにジオデータベース アタッチメントとして追加することもできます。

[ジオタグ付き写真 → ポイント (GeoTagged Photos To Points)] の図

使用法

  • このツールは、JPEG および TIFF 写真ファイルから経度、緯度、および高度の座標を読み取り、これらの座標と関連属性を出力ポイント フィーチャクラスに書き出します。

  • 出力フィーチャクラスには次の属性フィールドがあります。

    • Path - ポイントの生成に使用する写真ファイルの絶対パス (たとえば、C:\data\photos\Pic0001.jpg)
    • Name - 写真ファイルの短い名前 (たとえば、Pic0001.jpg)
    • DateTime - 写真ファイルの元の撮影日時 (たとえば、2010:11:21 15:23:34)
    • Direction - 写真が撮影されたときにデバイスが向いている方向。値は 0 から 359.99 までの間で、0 は北、90 は東などを表します。デバイスによって記録されている方向がない場合、このフィールドには -9999 が入ります。使用しているデバイスによって、これは真北と呼ばれたり磁北と呼ばれたりします。詳細は、デバイスのドキュメントをご参照ください。
      備考:

      デバイスが記録する方向は正確でない場合があるため、ジオタグが付けられた写真の方向に関する情報は注意して使用します。方向の正確性の詳細についてはデバイスのドキュメントをご参照ください。

  • 出力の DateTime フィールドは、yyyy:MM:dd HH:mm:ss という形式のタイムスタンプを含むテキスト フィールドです。このテキスト フィールドを、データを分析して時間に対応付ける際に使用できる適切な日時フィールドに変換するには、[時間フィールドの変換 (Convert Time Field)] ツールを使用します。

  • 出力の DateTime フィールドの値が Null または空の場合は、デバイスがジオタグ付きの写真から使用可能なタイムスタンプを取得していない可能性があります。写真ファイルには撮影日または変更日のプロパティがありますが、これらが写真の撮影日時を表していない場合もあります。

  • 写真の X、Y 座標が 0,0 である場合、その写真ではポイントが生成されません。このような空の座標は、通常、カメラの GPS が受信する信号が不十分で実際の座標を取得できないために発生します。[ジオタグが付加されていない写真を含める] パラメーターをオン (Python では ALL_PHOTOS) にすると、写真は NULL ジオメトリを含む出力レコードとして追加されます。

  • GPS 受信機で使用される座標系が GCS_WGS_1984 空間参照であるため、出力フィーチャクラスでも GCS_WGS_1984 空間参照が使用されます。

構文

GeoTaggedPhotosToPoints_management (Input_Folder, Output_Feature_Class, {Invalid_Photos_Table}, {Include_Non-GeoTagged_Photos}, {Add_Photos_As_Attachments})
パラメーター説明データ タイプ
Input_Folder

写真ファイルが保存されているフォルダー。このフォルダーの写真は再帰的にスキャンされ、このフォルダーにある写真と、そのサブフォルダーにある写真のすべてが出力に追加されます。

Folder
Output_Feature_Class

出力ポイント フィーチャクラス。

Feature Class
Invalid_Photos_Table
(オプション)

入力フォルダーにある写真ファイルを、有効な Exif メタデータまたは空の GPS 座標とともに一覧で示すオプションの出力テーブル。

パスが指定されていない場合、このテーブルは作成されません。

Table
Include_Non-GeoTagged_Photos
(オプション)

すべての写真ファイルを出力フィーチャクラスにレコードとして追加するか、有効な GPS 座標を持つファイルだけを追加するかを指定します。

  • ALL_PHOTOS すべての写真ファイルを出力フィーチャクラスにレコードとして追加します。写真ファイルに GPS 座標情報がない場合は、NULL ジオメトリを含むレコードとして追加されます。これがデフォルトです。
  • ONLY_GEOTAGGED 有効な GPS 座標情報を含む写真ファイルだけを、出力フィーチャクラスのレコードに追加します。
Boolean
Add_Photos_As_Attachments
(オプション)

写真ファイルを出力フィーチャクラスにジオデータベース アタッチメントとして追加するかどうかを指定します。

ライセンス:

アタッチメントを追加するには、ArcGIS Desktop Standard ライセンス以上が必要です。また、出力フィーチャクラスは、バージョン 10 以上に含まれている必要があります。

  • ADD_ATTACHMENTS 写真ファイルを、出力フィーチャクラスのレコードにジオデータベース アタッチメントとして追加します。ジオデータベース アタッチメントは、ジオデータベースに内部的にコピーされます。これがデフォルトです。
  • NO_ATTACHMENTS 写真ファイルを、出力フィーチャクラスのレコードにジオデータベース アタッチメントとして追加しません。
Boolean

コードのサンプル

GeoTaggedPhotosToPoints (ジオタグ付き写真 → ポイント) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GeoTaggedPhotosToPoints ツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.GeoTaggedPhotosToPoints_management("c:/data/photos", "c:/data/city.gdb/photo_points", "", "ONLY_GEOTAGGED", "ADD_ATTACHMENTS")
GeoTaggedPhotosToPoints (ジオタグ付き写真 → ポイント) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスクリプトで、GeoTaggedPhotosToPoints ツールを使用する方法を示します。

"""Name: GeoTaggedPhotosToPoints example
Description: Convert a folder of photos to points, then perform a buffer
""" 
# Import system modules
import arcpy
 
# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:/data"
 
# Set local variables
inFolder = "photos"
outFeatures = "city.gdb/photos_points"
badPhotosList = "city.gdb/photos_noGPS"
photoOption = "ONLY_GEOTAGGED"
attachmentsOption = "ADD_ATTACHMENTS"
buffers = "city.gdb/photos_points_buffer"
bufferDist = "1 Miles"
arcpy.GeoTaggedPhotosToPoints_management(inFolder, outFeatures, badPhotosList, photoOption, attachmentsOption)
arcpy.Buffer_analaysis(outFeatures, buffers, bufferDist)

ライセンス情報

  • Basic: 制限付き
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック