Skip To Content

レイヤー シンボルをスタイルへ一致 (Match Layer Symbology To A Style) (データ管理)

概要

入力フィールドまたは式の文字列を入力スタイルのシンボル名に一致させることで、入力フィールドまたは式に基づいた入力レイヤーの個別値シンボルを作成します。

使用法

  • 入力レイヤーに対して個別値シンボルが作成されます。レイヤーが現在のマップに含まれている場合、そのレイヤーは更新されます。レイヤーが現在のマップに含まれていない場合、シンボル化されたレイヤーがマップに追加されます。いずれの場合も、既存のレイヤー シンボルは上書きされます。

  • 個別値シンボル クラスは、[値の一致 (フィールドまたは式)] パラメーターによって作成され、名前がフィールド値または生成される式の値と一致する入力 [スタイル] パラメーターのシンボルでシンボル化されます。ツールが 1 つのフィールドの値を照合し、そのフィールドがサブタイプ フィールドであるか、コード値ドメインを含む場合、シンボルはそのサブタイプまたはドメイン説明に一致させられます。

  • ポイント フィーチャ レイヤーおよびマルチポイント フィーチャ レイヤーは、スタイル内のポイント シンボルと照合されます。ポリライン フィーチャ レイヤーはライン シンボルと照合されます。ポリゴン フィーチャ レイヤーはポリゴン シンボルと照合されます。マルチパッチ フィーチャ レイヤーはメッシュ シンボルと照合されます。

  • 一致するデータが存在しない場合、シンボル クラスは他のすべての値に対してデフォルト シンボルで描画されます。

構文

MatchLayerSymbologyToAStyle(in_layer, match_values, in_style)
パラメーター説明データ タイプ
in_layer

一致したシンボルを個別値シンボル クラスとして適用する入力レイヤーまたはレイヤー ファイル。入力レイヤーには、ポイント、ライン、ポリゴン、マルチポイント、またはマルチパッチ シンボルを含めることができます。レイヤー上の既存のシンボルが上書きされます。

Feature Layer
match_values

入力レイヤーのシンボル表示の基となるフィールドまたは式。フィールド値または生成される式の値は、指定したスタイル内のシンボル名と照合され、生成されるシンボル クラスにシンボルを割り当てます。

Calculator Expression
in_style

フィールドまたは式の値と一致する名前のシンボルを含むスタイル。

File

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_layer

更新されたシンボル レイヤー。

フィーチャ レイヤー

コードのサンプル

MatchLayerSymbologyToAStyle (レイヤー シンボルをスタイルへ一致) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで MatchLayerSymbologyToAStyle 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.management.MatchLayerSymbologyToAStyle("Streets", "$feature.RoadClass", 
                                             r"C:\RoadClasses.stylx")

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック