Skip To Content

テーブルの結合を解除 (Remove Join) (データ管理)

概要

フィーチャ レイヤーまたはテーブル ビューから結合を解除します。

使用法

  • [解除するテーブル結合] パラメーターは、入力レイヤーまたはテーブル ビューに結合されたテーブルの名前です。

    • 結合テーブルを MyTable.dbf という名前の dBASE ファイルとした場合、結合名は「MyTable」となるので、削除する際は「MyTable」と指定してください。
    • 結合テーブルを MyTable2 という名前の INFO テーブルまたはジオデータベース テーブルとした場合、結合名は「MyTable2」となるので、削除する際は「MyTable2」と指定してください。
    • 結合名に反映されるのは、テーブル ビュー自体の名前でなく、テーブル ビューのソースです。そのため、テーブル ビューが TableView1 という名前で、mytable.dbf を指している場合、結合の名前は「mytable」となります。

  • レイヤーが 2 つのテーブルに結合されている場合、最初の結合が解除されてから、両方の結合が解除されます。たとえば、レイヤー 1テーブル A に結合するとします。その後、レイヤー 1テーブル B に結合します。テーブル A への結合を解除すると、テーブル B への結合も解除されます。

  • ModelBuilder において、[フィーチャ レイヤーの作成 (Make Feature Layer)] ツールはフィーチャクラスからレイヤーを作成するために使用し、[テーブル ビューの作成 (Make Table View)] ツールは入力テーブルまたはフィーチャクラスからテーブル ビューを作成するために使用します。次に、これらのレイヤーまたはテーブル ビューを [テーブル結合 (Add Join)] ツールおよび [テーブル結合を解除 (Remove Join)] ツールへの入力として使用できます。

構文

RemoveJoin(in_layer_or_view, {join_name})
パラメーター説明データ タイプ
in_layer_or_view

結合を解除するレイヤーまたはテーブル ビュー。

Mosaic Layer; Raster Layer; Table View
join_name
(オプション)

解除対象となる結合。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_layer_or_view

更新された入力データセット。

テーブル ビュー; ラスター レイヤー; モザイク レイヤー

コードのサンプル

RemoveJoin (テーブルの結合を解除) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、[コンテンツ] ウィンドウで veglayer という名前のフィーチャ レイヤーに対してイミディエイト モードで RemoveJoin ツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.RemoveJoin_management("veglayer", "vegtable")
RemoveJoin (テーブルの結合を解除) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

このスタンドアロン スクリプトは、結合テーブルから取得したフィールドの値に基づいてテーブルにフィールドを追加し、その値を計算するワークフローの一部としての RemoveJoin 関数を示しています。

# AddFieldFromJoin.py
# Description: Adds a field to a table, and calculates its values based
#              on the values in a field from a joined table
# Import system modules
import arcpy
# set the environments
arcpy.env.workspace = "C:/data"
arcpy.env.qualifiedFieldNames = "UNQUALIFIED"
    
# Define script parameters    
inFeatures = "Habitat_Analysis.gdb/vegtype"
layerName = "veg_layer"
newField = "description"
joinTable = "vegtable.dbf"
joinField = "HOLLAND95"
calcExpression = "!vegtable.VEG_TYPE!"
outFeature = "Habitat_Analysis.gdb/vegjoin335"
    
# Add the new field
arcpy.AddField_management (inFeatures, newField, "TEXT")
    
# Create a feature layer from the vegtype featureclass
arcpy.MakeFeatureLayer_management (inFeatures,  layerName)
    
# Join the feature layer to a table
arcpy.AddJoin_management (layerName, joinField, joinTable, joinField)
    
# Populate the newly created field with values from the joined table
arcpy.CalculateField_management (layerName, newField, calcExpression, "PYTHON")
    
# Remove the join
arcpy.RemoveJoin_management (layerName, "vegtable")
    
# Copy the layer to a new permanent feature class
arcpy.CopyFeatures_management (layerName, outFeature)

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック