Skip To Content

レイヤー ファイルの保存 (Save To Layer File) (データ管理)

概要

マップ レイヤーから出力レイヤー ファイル (*.lyrx) を作成します。レイヤー ファイルは、シンボル、ラベリング、カスタム ポップアップなど、入力レイヤーの多くのプロパティを格納します。ArcGIS Pro から保存したレイヤー ファイルは、ArcMap で使用できません。

使用法

構文

SaveToLayerFile(in_layer, out_layer, {is_relative_path}, {version})
パラメーター説明データ タイプ
in_layer

レイヤー ファイルとしてディスクに保存されるマップ レイヤー。

Layer
out_layer

作成される出力レイヤー ファイル (*.lyrx)。

Layer File
is_relative_path
(オプション)

出力レイヤー ファイルに、ディスク上に格納してあるソース データへの相対パスを格納するか、それとも絶対パスを格納するかを指定します。

  • ABSOLUTEディスク上に格納してあるソース データへの絶対パスを、出力レイヤー ファイルに格納します。これがデフォルトです。
  • RELATIVEディスク上に格納してあるソース データへの相対パスを、出力レイヤー ファイルに格納します。出力レイヤー ファイルを移動すると、そのソース パスは、新規パスを基準とした相対的なソース データ位置に更新されます。
Boolean
version
(オプション)

出力レイヤー ファイルのバージョン。

  • CURRENT現在のバージョン。これがデフォルトです。
String

コードのサンプル

SaveToLayerFile (レイヤー ファイルの保存) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで SaveToLayerFile (レイヤー ファイルの保存) ツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data"
arcpy.SaveToLayerFile_management("studyquads.shp", "C:/output/studyquadsLyr.lyr", "ABSOLUTE")
SaveToLayerFile (レイヤー ファイルの保存) の例 2 (スタンドアロン Python スクリプト)

次の Python スクリプトは、スタンドアロン スクリプトで SaveToLayerFile (レイヤー ファイルの保存) ツールを使用する方法を示しています。

# Name: SaveToLayerFile_Example2.py
# Description: Saves an inMemory layer to a file on disk
# Import system modules
import arcpy
# Set workspace
arcpy.env.workspace = "C:/data"
# Set local variables
in_features = "study_quads.shp"
where_clause = '"NAME" = \'LA MESA\''
in_layer = "studyquadsLyr"
out_layer_file = "studyquadsLyr.lyr"
# Execute MakeFeatureLayer
arcpy.MakeFeatureLayer_management(in_features, "study_quads_lyr", where_clause)
# Execute SaveToLayerFile
arcpy.SaveToLayerFile_management("study_quads_lyr", out_layer_file, "ABSOLUTE")

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック