Skip To Content

空間条件で選択: 図の例

このトピックでは、[空間検索 (Select Layer By Location)] ツールおよび [空間結合 (Spatial Join)] ツールで使用できるさまざまな[リレーションシップ] オプションの例および期待される結果について説明します。

[インターセクト 3D (Intersect 3D)] および [一定距離内にある (3D)] リレーションシップの詳細については、「空間検索の 3D リレーションシップ」をご参照ください。

用語

ダイアログ キーワードPython キーワード

交差する

INTERSECT

交差する (3D)

INTERSECT_3D

一定距離内にある (測地線)

WITHIN_A_DISTANCE_GEODESIC

一定距離内にある

WITHIN_A_DISTANCE

一定距離内にある (3D)

WITHIN_A_DISTANCE_3D

含む

CONTAINS

完全に含む

COMPLETELY_CONTAINS

含む (Clementini)

CONTAINS_CLEMENTINI

含まれる

WITHIN

完全に含まれる

COMPLETELY_WITHIN

含まれる (Clementini)

WITHIN_CLEMENTINI

正確に一致する

ARE_IDENTICAL_TO

境界に接する

BOUNDARY_TOUCHES

線分を共有する

SHARE_A_LINE_SEGMENT_WITH

アウトラインが横切る

CROSSED_BY_THE_OUTLINE_OF

重心が含まれる

HAVE_THEIR_CENTER_IN

以下のすべての詳細は、[空間検索 (Select Layer By Location)] ツールの用語を使用して記述されています。ただし、これらの詳細は [空間結合 (Spatial Join)] ツールにも適用されます。ツール間で、パラメーター名が次のように異なります。

  • [空間検索 (Select Layer By Location)] には、[入力フィーチャ レイヤー] があります。[空間結合 (Spatial Join)] でそれに相当するものは、[ターゲット フィーチャ] です。
  • [空間検索 (Select Layer By Location)] には、[選択フィーチャ] があります。[空間結合 (Spatial Join)] でそれに相当するものは、[結合フィーチャ] です。
  • [空間検索 (Select Layer By Location)] には、[リレーションシップ] があります。[空間結合 (Spatial Join)] でそれに相当するものは、[マッチ オプション] です。

Clementini 空間リレーションシップ

[含まれる (Clementini)] および [含む (Clementini)] は、Eliseo Clementini、Paolino Di Felice、Peter van Oosterom 著『A Small Set of Formal Topological Relationships Suitable for End-User Interaction』 (Third International Symposium on Advances in Spatial Databases の議事録、277 ~ 295 ページ、1993 年 6 月 23 ~ 25 日) で定義されている「範囲内」と「包含」の空間リレーションシップを指します。

3 つの包含空間リレーションシップの相違

境界線の定義: ラインの場合、境界線は 2 つの端点であり、ポリゴンの場合はエッジです。

  • [含む] - 選択フィーチャ レイヤー フィーチャを含む、入力フィーチャ レイヤー フィーチャを選択します。選択フィーチャは、入力フィーチャ レイヤーの境界線内部や境界線上に存在します。
  • [完全に含む] - 選択フィーチャ レイヤー フィーチャを含む、入力フィーチャ レイヤー フィーチャを選択します (選択フィーチャ レイヤー フィーチャが入力フィーチャ レイヤーの境界線と交差していない場合に限る)。
  • [含む (Clementini)] - 選択フィーチャ レイヤー フィーチャが、入力フィーチャ レイヤーの境界線上に完全に含まれ、含まれているフィーチャのどの部分も入力フィーチャ レイヤー フィーチャに含まれていない場合には、その入力フィーチャが選択されない点を除いて、[含む] と同じ結果になります。Clementini によると、ポイントの境界線は常に空になり、ラインの境界線は端点になると考えられます。
  • [含む] および [含む (Clementini)] では、ポイント入力とマルチポイント入力で同じ結果が生成され、選択フィーチャはポイントまたはマルチポイントになります。

3 つの範囲内空間リレーションシップの相違

  • [含まれる] - 選択フィーチャ レイヤー フィーチャの範囲内にあるか、包含される入力フィーチャ レイヤー フィーチャを選択します。
  • [完全に含まれる] - 入力フィーチャ レイヤー フィーチャが、選択フィーチャ レイヤー フィーチャの境界線と交差している場合には選択されない点を除いて、[含まれる] と同じ結果になります。
  • [含まれる (Clementini)] - 入力フィーチャ レイヤー フィーチャ全体が、選択フィーチャ レイヤー フィーチャの境界線の上にある場合を除いて、[含まれる] と同じ結果になります。Clementini によると、ポイントの境界線は常に空になり、ラインの境界線は端点になると考えられます。

図の凡例

以下のすべての例に、次の凡例が適用されます。

  • 入力フィーチャ: 緑の円
  • 入力フィーチャの中央: 赤い X
  • 選択フィーチャ: 灰色の矩形

図には、A、B、C などのラベルが付いています。該当するジオメトリの組み合わせに有効な各リレーションシップ ([インターセクト][含む] など) が表の左側の列に示されています。リレーションシップの例として選択されるジオメトリは、表の右側の列に表示されています。

ポイントを使用してポイントを選択

ポイントを使用してポイントを選択
ポイントを使用してポイントを選択

交差する

A

含む

A

含む (Clementini)

A

含まれる

A

含まれる (Clementini)

A

正確に一致する

A

重心が含まれる

A

「ポイントを使用してポイントを選択」の表

マルチポイントを使用してポイントを選択

マルチポイントを使用してポイントを選択
マルチポイントを使用してポイントを選択

交差する

A、C

含む

A

含む (Clementini)

A

含まれる

A、C

含まれる (Clementini)

A、C

正確に一致する

A

重心が含まれる

A、C

「マルチポイントを使用してポイントを選択」の表

ラインを使用してポイントを選択

ラインを使用してポイントを選択
ラインを使用してポイントを選択

交差する

A、C

含まれる

A、C

完全に含まれる

A

含まれる (Clementini)

A

重心が含まれる

A、C

境界に接する

C

「ラインを使用してポイントを選択」の表

ポリゴンを使用してポイントを選択

ポリゴンを使用してポイントを選択
ポリゴンを使用してポイントを選択

交差する

A、C

含まれる

A、C

完全に含まれる

A

含まれる (Clementini)

A

重心が含まれる

A、C

境界に接する

C

「ポリゴンを使用してポイントを選択」の表

ポイントを使用してマルチポイントを選択

ポイントを使用してマルチポイントを選択
ポイントを使用してマルチポイントを選択

交差する

A、C

含む

A、C

含む (Clementini)

A、C

含まれる

A

含まれる (Clementini)

A

正確に一致する

A

重心が含まれる

A、D

「ポイントを使用してマルチポイントを選択」の表

マルチポイントを使用してマルチポイントを選択

マルチポイントを使用してマルチポイントを選択
マルチポイントを使用してマルチポイントを選択

交差する

A、C、E、F

含む

A、F

含む (Clementini)

A、F

含まれる

A、C

含まれる (Clementini)

A、C

正確に一致する

A

重心が含まれる

A、D

「マルチポイントを使用してマルチポイントを選択」の表

ラインを使用してマルチポイントを選択

ラインを使用してマルチポイントを選択
ラインを使用してマルチポイントを選択

交差する

A、C、E、F

含まれる

A、C、E

完全に含まれる

A

含まれる (Clementini)

A、E

重心が含まれる

A、D、E

境界に接する

C、E

「ラインを使用してマルチポイントを選択」の表

ポリゴンを使用してマルチポイントを選択

ポリゴンを使用してマルチポイントを選択
ポリゴンを使用してマルチポイントを選択

交差する

A、C、D、E、F

含まれる

A、C、D、E

完全に含まれる

A

含まれる (Clementini)

A、D、E

重心が含まれる

A、B、C、E、F

境界に接する

C、E

「ポリゴンを使用してマルチポイントを選択」の表

ポイントを使用してラインを選択

ポイントを使用してラインを選択
ポイントを使用してラインを選択

交差する

A、C、D

含む

A、C、D

完全に含む

A、D

含む (Clementini)

A、D

重心が含まれる

D

境界に接する

C

「ポイントを使用してラインを選択」の表

マルチポイントを使用してラインを選択

マルチポイントを使用してラインを選択
マルチポイントを使用してラインを選択

交差する

A、C、D、E

含む

A、C、E

完全に含む

A

含む (Clementini)

A、E

重心が含まれる

D

境界に接する

C、E

「マルチポイントを使用してラインを選択」の表

ラインを使用してラインを選択

ラインを使用してラインを選択
ラインを使用してラインを選択

交差する

A、C、D、E、F、G、H、I、J

含む

G、H

完全に含む

G

含む (Clementini)

G、H

含まれる

F、H

完全に含まれる

含まれる (Clementini)

F、H

正確に一致する

H

境界に接する

C、E

線分を共有する

F、G、H、I、J

「ラインを使用してラインを選択」の表

ポリゴンを使用してラインを選択

ポリゴンを使用してラインを選択
ポリゴンを使用してラインを選択

交差する

A、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O

含まれる

A、D、G、H、I、O

A

含まれる (Clementini)

A、D、G、H、I

境界に接する

F、G、H、I、K、L、M、N、O

線分を共有する

G、I、J、K、M、O

アウトラインが横切る

C、E、H、L、N

重心が含まれる

A、C、D、E、G、H、I、J、O

「ポリゴンを使用してラインを選択」の表

ポイントを使用してポリゴンを選択

ポイントを使用してポリゴンを選択
ポイントを使用してポリゴンを選択

交差する

A、B

含む

A、B

完全に含む

A

含む (Clementini)

A

重心が含まれる

A、D

境界に接する

B

「ポイントを使用してポリゴンを選択」の表

マルチポイントを使用してポリゴンを選択

マルチポイントを使用してポリゴンを選択
マルチポイントを使用してポリゴンを選択

交差する

A、B、C、E

含む

A、B、E

完全に含む

A

含む (Clementini)

A、B

重心が含まれる

A、D

境界に接する

E

「マルチポイントを使用してポリゴンを選択」の表

ラインを使用してポリゴンを選択

ラインを使用してポリゴンを選択
ラインを使用してポリゴンを選択

交差する

A、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、O

含む

A、D、G、H、I、O

完全に含む

A

含む (Clementini)

A、D、G、H、I

境界に接する

F、G、H、I、K、L、M、N、O

線分を共有する

G、I、J、K、M、O

アウトラインが横切る

C、E、H、L、N

重心が含まれる

E、I、L

「ラインを使用してポリゴンを選択」の表

ポリゴンを使用してポリゴンを選択

ポリゴンを使用してポリゴンを選択
ポリゴンを使用してポリゴンを選択

交差する

A、C、D、E、F、G、H、I、J、K、M

含む

C、E、H、M

完全に含む

C

含む (Clementini)

C、E、H、M

含まれる

F、G、H、M

完全に含まれる

含まれる (Clementini)

F、G、H、M

正確に一致する

H、M

境界に接する

D、E、G、H、I、J、M

線分を共有する

D、H、I、M

アウトラインが横切る

A、E、G、J、K

重心が含まれる

C、E、F、G、H、K、L

「ポリゴンを使用してポリゴンを選択」の表

関連トピック