Skip To Content

テーブルの切詰め (Truncate Table) (データ管理)

概要

データベース内の切詰めプロシージャを使用して、データベース テーブルまたはフィーチャクラスからすべての行を削除します。

使用法

    注意:

    選択内容がレイヤーまたはテーブル ビューに適用される場合、その内容は無視され、すべてのレコードが切詰められます。

  • サポートされているデータ タイプは、データベースに格納されたシンプル ポイント、ライン、ポリゴンです。テレイン、トポロジ、ネットワーク データセットなどの複雑なデータ タイプは、入力としてサポートされていません。

  • バージョン対応登録されたデータは、入力としてサポートされていません。ツールを実行する前に、データのバージョン対応登録を解除しておく必要があります。

  • 切詰めコマンドは、データベースのトランザクションを利用しないため、回復不能です。このため、行単位の削除のパフォーマンスが向上しています。

  • 夜間のデータの再読み込みなど、すべての行がテーブルまたはフィーチャから削除され、トランザクションをバックアップする必要のないワークフローの場合は、このツールを使用してタスクを実行することをお勧めします。

構文

TruncateTable(in_table)
パラメーター説明データ タイプ
in_table

切詰められる入力データベース テーブルまたはフィーチャクラス。

Table View

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_table

切詰められたテーブル。

テーブル ビュー

コードのサンプル

TruncateTable (テーブルの切詰め) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで TruncateTable ツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.TruncateTable_management("neil/whistler.sde/function.junction.table")
TruncateTable (テーブルの切詰め) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、TruncateTableツールの使用方法を示しています。

# Name: TruncateTable_Example2.py
# Description: Truncates all tables in a file geodatabase.

# Import system modules
import arcpy

# Set the workspace.
arcpy.env.workspace = "C:/work/vancouver.gdb"

# Get a list of all the tables.
tableList = arcpy.ListTables()

# Loop through the list and run truncate
for table in tableList:
    arcpy.TruncateTable_management(table)

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック