Skip To Content

レイヤーとテーブル ビューの操作

ツールへの最も一般的な入力はデータセットです。いつでもディスク上のデータセットを参照できるのはもちろんですが、入力としてレイヤーまたはテーブル ビューを使用することもできます。

  • レイヤーは、[コンテンツ] ウィンドウに表示されます。レイヤーには、シンボル情報およびフィーチャ選択情報とともに、データセットへのパスが含まれています。
  • テーブル ビューは、レイヤーに相当するテーブルです。それはメモリ内に格納されるテーブルであり、テーブルをマップに追加したときに作成されたテーブル ビューと同じです。テーブルは [コンテンツ] ウィンドウの [スタンドアロン テーブル] の下にリストされます。
メモ:

テーブル上で機能するツールはすべて、フィーチャクラスまたはフィーチャ レイヤーでも使用することができます。これはフィーチャクラスが、フィーチャの形状を含む属性を持つテーブルにすぎないからです。他のどの観点から見ても、フィーチャクラスはテーブルです。

ArcGIS Pro でジオプロセシング ツールを開くか、または Python ウィンドウにツール名を入力すると、次のような動作が行われます。

  • ツールのパラメーターが調べられ、どのパラメーターが入力データセットまたは入力テーブルを使用するかが確認されます。パラメーターが見つかった場合は、入力のタイプがさらに調べられ、ポイント フィーチャクラス、TIN、ネットワーク、テーブルなどのいずれであるかが確認されます。
  • 次に、[コンテンツ] ウィンドウがスキャンおよびフィルタリングされ、パラメーターのデータセット タイプに一致するレイヤーがないかが確認されます。一致するレイヤーがあれば、そのリストが作成され、パラメーターのドロップダウン リストとして提供されます。それらのレイヤーまたはテーブル ビューから 1 つを入力として選択することができます。

レイヤー ファイルの使用

レイヤーはディスク上にレイヤー ファイル (*.lyrx 拡張子の付いたファイル) として保存することができ、レイヤーを受け入れるすべてのツールへの入力として使用することができます。

レイヤー ファイルには、([コンテンツ] ウィンドウ内のレイヤーのような) レイヤーと同じ情報が含まれ、それにはフィーチャの選択が含まれます。

レイヤー ファイルを作成するには、[レイヤー ファイルの保存 (Save To Layer File)] ツールを使用することができます。ArcGIS Pro[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを右クリックし、[レイヤー ファイルとして保存] をクリックすることもできます。

レイヤーを受け入れるすべてのツールに対して、ディスク上のデータセットを参照するのと同様に、ディスク上のレイヤー ファイル (*.lyrx) を参照することができます。ただし、レイヤー ファイルを参照する際、そのレイヤー ファイルに含まれるデータのタイプを決定できずにすべてのレイヤー ファイルを表示するツールがあります。不適切なレイヤー ファイルを選択した場合、ツールにはエラーまたは警告が表示されます。


このトピックの内容
  1. レイヤー ファイルの使用