Skip To Content

XY テーブル → ポイント (XY Table To Point)

概要

テーブルの X、Y、および Z 座標に基づいて、新しいポイント フィーチャクラスを作成します。

使用法

  • 表形式のテキスト ファイルで使用される標準的な区切り記号は、拡張子が「.csv」または「.txt」のファイルではカンマ、拡張子が「.tab」のファイルではタブです。入力テーブルで標準以外の区切り記号が使用されている場合は、schema.ini ファイルを使用して、テーブルで使用されている正しい区切り記号を指定する必要があります。

  • 出力フィーチャクラスのデフォルトの座標系は、地理座標系 WGS 1984 です。ソース テーブル内のフィールドに投影座標が含まれている場合は、適切な投影座標系を指定してください。

  • [Z フィールド] が指定されている場合、デフォルトの座標系には鉛直座標系 WGS 1984 も含まれます。Z 値がメートル単位でない場合は、正しい標高単位を使用するように座標系を変更してください。

  • フィーチャの入力 X 座標または Y 座標 (あるいは Z 座標 (指定されている場合)) のいずれかが NULL、または数値以外の値である場合、対応するフィーチャは NULL ジオメトリになります。[ジオメトリのチェック (Check Geometry)] ツールを使用して、出力に NULL ジオメトリがあるかどうかを確認できます。

  • このツールは、テーブルに選択セットがある場合でも、入力テーブル内のすべての有効なレコードに対してポイント フィーチャを作成します。レコードのサブセットだけを使用する必要がある場合は、[行のコピー (Copy Rows)] ツールを使用して、選択したレコードを新しいテーブルにコピーし、その新しいテーブルを入力として使用してください。

構文

XYTableToPoint(in_table, out_feature_class, x_field, y_field, {z_field}, {coordinate_system})
パラメーター説明データ タイプ
in_table

作成するポイント フィーチャの場所を定義する X 座標および Y 座標を含むテーブル。

Table View
out_feature_class

出力ポイント フィーチャを格納するフィーチャクラス。

Feature Class
x_field

X 座標 (緯度) を含む入力テーブル内のフィールド。

Field
y_field

Y 座標 (経度) を含む入力テーブル内のフィールド。

Field
z_field
(オプション)

Z 座標を含む入力テーブル内のフィールド。

Field
coordinate_system
(オプション)

X 座標および Y 座標の座標系。これが出力フィーチャクラスの座標系になります。

Spatial Reference

コードのサンプル

XYTableToPoint (XY テーブル → ポイント) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、XYTableToPoint (欠損値の補完) ツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = r"c:\output.gdb"
arcpy.management.XYTableToPoint(r"c:\data\tree.csv", "tree_points",
                                "longitude", "latitude", "elevation",
                                arcpy.SpatialReference(4759, 115700))
XYTableToPoint (XY テーブル → ポイント) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン Python スクリプトは、XYTableToPoint (欠損値の補完) ツールの使用方法を示しています。

# XYTableToPoint.py
# Description: Creates a point feature class from input table

# import system modules 
import arcpy

# Set environment settings
arcpy.env.workspace = r"c:\output.gdb"

# Set the local variables
in_table = r"c:\data\tree.csv"
out_feature_class = "tree_points"
x_coords = "longitude"
y_coords = "latitude"
z_coords = "elevation"

# Make the XY event layer...
arcpy.management.XYTableToPoint(in_table, out_feature_class,
                                x_coords, y_coords, z_coords,
                                arcpy.SpatialReference(4759, 115700))

# Print the total rows
print(arcpy.GetCount_management(out_feature_class))

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック