Skip To Content

セル サイズ (環境設定)

セル サイズ環境設定を反映するツールは、操作で使用する出力ラスター セル サイズ、または解像度を設定します。デフォルトの出力解像度は、入力ラスター データセットの最も粗い解像度で決まります。

使用上の注意

  • 特定の数値のセル サイズを使用するには、ボックスに値を直接入力します。
  • デフォルトの出力解像度は、入力ラスター データセットの最も粗い解像度で決まります。
  • フィーチャ データセットをツールへの入力として使用した場合のデフォルトのセル サイズは、フィーチャ データセットの範囲の幅または高さ (どちらか短いほう) を 250 で割った値になります。
  • 数値のセル サイズ値を指定したときに、出力の空間参照が入力データの空間参照と異なる場合には、投影は行われません。それ以外の場合は、入力データセットが投影され、新しいセル サイズが使用されます。
  • 入力ラスター データセットよりも小さいセル サイズを指定する場合は注意が必要です。新しいデータは作成されず、セルは最近隣リサンプリングに基づいて内挿されます。結果の精度は、最も粗い入力ラスターと同じ程度になります。
  • 分析中にデータセットを投影すると、出力ラスター セル サイズは [セル サイズ投影法] 環境設定で指定された方法を使用します。

ダイアログの構文

  • [入力データの最大セルサイズ] - すべての入力データセットの中から最大のセル サイズを使用します。これがデフォルトです。
  • [入力データの最小セルサイズ] - すべての入力データセットの中から最小のセル サイズを使用します。
  • [レイヤー <名前> と同じ] - 指定したレイヤーまたはラスター データセットのセル サイズを使用します。

スクリプトの構文

arcpy.env.cellSize = cellsize_option

cellsize_option説明

MAXOF

入力データの最大セルサイズ - すべての入力データセットの中の最大のセル サイズ。これがデフォルトです。

MINOF

入力データの最小セルサイズ - すべての入力データセットの中の最小のセル サイズ。

数値

指定したセル サイズ値がそのまま使用されます。

layer_name

指定したレイヤーまたはラスター データセットのセル サイズが使用されます。

cellSize の構文
import arcpy
# Set the cell size environment using a keyword.
arcpy.env.cellSize = "MINOF"
# Set the cell size environment using a number.
arcpy.env.cellSize = 20
# Set the cell size environment using a raster dataset.
arcpy.env.cellSize = "C:/sapyexamples/data/myraster"

関連トピック