Skip To Content

現在のワークスペース (環境設定)

現在のワークスペースの環境設定を反映するツールは、ジオプロセシング ツールの入力と出力のデフォルトの場所として指定されたワークスペースを使用します。

使用に関する注意

  • ArcGIS Pro では、テンポラリ ワークスペースおよび現在のワークスペースの環境は、デフォルトで、プロジェクトのデフォルトのジオデータベースになっています。
  • ツールのダイアログ ボックスを使用するときに、現在のワークスペースおよびテンポラリ ワークスペースの設定を使用して出力データセット名が自動生成されます。出力名を生成するロジックは次のとおりです。
    • テンポラリ ワークスペース環境が設定されている場合、自動生成された出力パスはテンポラリ ワークスペースになります。
    • テンポラリ ワークスペース環境が設定されていない場合、現在のワークスペース環境が調べられます。現在のワークスペースが設定されている場合、自動生成された出力パスは現在のワークスペースになります。
    • テンポラリ ワークスペースも現在のワークスペースも設定されていない場合、自動生成された出力パスはいずれかの入力のワークスペースになります。この場合、一定の制限が適用されます。たとえば、ワークスペースがカバレッジ ワークスペースであり、出力が新しいフィーチャクラスである場合、出力はカバレッジ ワークスペースの上のディレクトリに保存されるシェープファイルになります。この他にも制限があり、たとえば、書き込みアクセスの制限があります。状況に応じて、出力がシステムの temp ディレクトリに書き込まれることがあります。
    • 出力データセットとしてベース名を入力すると、テンポラリ ワークスペースが設定されているかどうかに関係なく、現在のワークスペースを使用して出力パスが作成されます。

ダイアログの構文

  • 現在のワークスペース - ツールの実行時に入力を取得し、出力を配置するワークスペース。

スクリプトの構文

arcpy.env.workspace = path

Parameter説明

パス

ジオプロセシング ツールの入力と出力のデフォルトの場所。

ワークスペースの構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the workspace environment to local file geodatabase
arcpy.env.workspace = "C:/data/base.gdb"

関連トピック