Skip To Content

出力データのデフォルト Z 値 (環境設定)

出力データのデフォルト Z 値の環境を反映するツールは、Z 座標値を持たない出力頂点ごとに Z 座標値を設定します。

たとえば、1 つは Z 対応、もう 1 つは Z 対応でない 2 つのフィーチャクラスに対して [マージ] ツールを使用すると、デフォルトの出力 Z 値 (または、この環境が設定されていない場合は 0) は、Z 対応でない入力フィーチャクラスから得られた頂点だけに割り当てられます。

使用上の注意

  • この環境は、出力が Z 対応フィーチャクラスの場合にのみ使用されます。詳細については、「出力データに Z 値を含む」をご参照ください。
  • 通常の Z 座標の範囲外にある一意の Z 値 (-9999 など) を使用して、デフォルトの Z 値が割り当てられた頂点を識別することができます。

ダイアログの構文

出力データのデフォルト Z 値 - 出力フィーチャに書き込まれる、Z 座標値を持たないフィーチャ頂点に設定される Z 座標値。

スクリプトの構文

arcpy.env.outputZValue = double

パラメーター説明

double

出力フィーチャに書き込まれる、Z 座標値を持たないフィーチャ頂点に設定される Z 座標値。

outputZValue 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the outputZValue environment to Enabled
arcpy.env.outputZValue = 100

関連トピック