Skip To Content

地理座標系変換 (環境設定)

地理座標系変換の環境を反映するツールは、データを投影するときに、この変換方法を使用します。

使用に関する注意

  • リストに示されている、アプリケーション提供の標準の変換方法と、[カスタム地理座標系変換の作成 (Create Custom Geographic Transformation)] ツールを使用して作成したカスタム変換方法を含めることができます。
  • リストに多くの変換方法が示されていても、使用されるのは投影に適した方法のみです。それ以外の方法はすべて無視されます。
  • この環境は、複数の変換方法をサポートしていません。フィーチャを投影するために複数の変換方法が必要な場合でも、必要な変換方法がリスト中に存在するかどうかにかかわりなく、環境リストから複数の方法が選択されることはありません。カスタム地理座標系変換に複数の方法が含まれる場合も同様です。それらの方法は適用されません。

    投影のために複数の変換方法が必要な場合は、[投影変換 (Project)] ツールを使用します。

ダイアログの構文

  • 地理座標系変換 - 変換方法のリストを作成します。これには、システム標準の変換方法と、[カスタム地理座標系変換の作成 (Create Custom Geographic Transformation)] ツールを使用して作成したカスタム変換方法を含めることができます。

スクリプトの構文

arcpy.env.geographicTransformations = geographic_transformations

パラメーター説明

geographic_transformations

変換方法をセミコロンで区切った文字列。これには、システム標準の変換方法と、[カスタム地理座標系変換の作成 (Create Custom Geographic Transformation)] ツールを使用して作成したカスタム変換方法を含めることができます。

geographicTransformations の構文

サンプル スクリプト

データをバッファー処理しながら新しい座標系に投影します

import arcpy

# Set the workspace, outputCoordinateSystem and geographicTransformations environments
arcpy.env.workspace = "c:/data"
arcpy.env.outputCoordinateSystem = arcpy.SpatialReference("WGS 1984 UTM Zone 18N")
arcpy.env.geographicTransformations = "Arc_1950_To_WGS_1984_5; PSAD_1956_To_WGS_1984_6"

arcpy.Buffer_analysis("roads.shp", "roads_buffer.shp", "10 meters")

関連トピック