Skip To Content

GPU ID (環境設定)

GPU ID の環境を反映するツールは、データ処理に使用する GPU を特定します。

使用上の注意

  • 複数使用可能な場合に、使用する計算用 GPU を特定します。
  • CUDA に付属する NVIDIA System Management Interface (nvidia-smi) コマンド ツールを使用して、GPU の順序とステータスを確認します。nvidia-smi コマンド ツールは、GPU の読み込み、メモリの読み込み、温度、その他の GPU パフォーマンス特性などの情報も提供します。
  • 1 つの GPU を表示専用としてモニターに接続して使用し、その他の GPU は計算のみに使用することをお勧めします。これにより、計算用と表示用の GPU が相互干渉しなくなり、効率を最大化できます。

ダイアログの構文

データの処理に使用する GPU の識別番号を設定します。

  • GPU ID - データの処理に使用する GPU の識別番号です。デフォルトは 0 です。

スクリプトの構文

arcpy.env.gpuId = GPU_ID

パラメーター説明

gpuId

データの処理に使用する GPU の識別番号です。整数で設定し、デフォルト値は 0 です。

gpuId 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the gpu id to 1
arcpy.env.gpuId = "1"

関連トピック