Skip To Content

M 座標精度 (環境設定)

M 座標精度の環境を反映するツールは、M 座標精度を出力ジオデータセットに適用します。M 座標精度とは、M 値を格納するために使用される有効桁数を指し、非常に短い距離として表されます。

デフォルトの M 座標精度の詳細については、「空間参照とジオプロセシング」のトピックをご参照ください。

使用上の注意

  • フィーチャ データセット内で作成されたジオデータセットの M 座標精度は (XY 座標精度および Z 座標精度の環境とは異なり)、フィーチャ データセットの M 座標精度に一致する必要はありません。
  • M 座標精度の環境を設定しない場合、[フィーチャクラス作成][フィーチャ データセットの作成]、および [ラスター カタログの作成] などのツールはデフォルトの M 座標精度を 0.0001 に設定します。

ダイアログの構文

M 座標精度 - 出力ジオデータセットに設定する M 座標精度。デフォルトの M 座標精度が不適切な場合はこの環境を設定します。

スクリプトの構文

arcpy.env.MResolution = double

パラメーター説明

double

出力ジオデータセットで使用する M 座標精度を設定します。M 座標精度とは、M 値を格納するために使用される有効桁数を指し、非常に短い距離として表されます。

MResolution 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the MResolution environment to a double
arcpy.env.MResolution = 0.002

関連トピック