Skip To Content

M 許容値 (環境設定)

M 許容値の環境を反映するツールは、ジオデータベース内に作成されたジオデータセットのデフォルトの M 許容値を無視します。

デフォルトの M 許容値の詳細については、「空間参照とジオプロセシング」のトピックをご参照ください。

使用上の注意

  • [フィーチャクラスの作成 (Create Feature Class)][フィーチャ データセットの作成 (Create Feature Dataset)]、および [ラスター カタログの作成 (Create Raster Catalog)] などのツールの場合、出力ジオデータセットのデフォルトの M 許容値は、0.001 メートル (1 ミリメートル) または、鉛直座標単位でそれに相当する値です。
  • M 許容値が出力データセットの M 解像度の 2 倍未満の場合、M 解像度の 2 倍の M 許容値が使用されます。
  • M 許容値は、バージョン 9.2 より前のジオデータベースでは保持されません。

ダイアログの構文

[M 許容値] - ジオプロセシング ツールによって作成されたジオデータセットに設定される M 許容値。デフォルトの M 許容値が適切でない場合、この環境を設定します。

スクリプトの構文

arcpy.env.MTolerance = double

パラメーター説明

double

ジオプロセシング ツールによって作成されたジオデータセットに設定される M 許容値。デフォルトの M 許容値が適切でない場合、この環境を設定します。

MTolerance 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the MTolerance to 0.02
arcpy.env.MTolerance = 0.02

関連トピック