Skip To Content

範囲 (環境設定)

範囲の環境を反映するツールは、この設定で指定された範囲内のフィーチャまたはラスターだけを処理します。

範囲の環境設定は、ツールによってどのフィーチャまたはラスターを処理するかを指定します。この設定は、大きいデータセットの一部だけを処理する必要があるときに便利です。これは、処理する入力フィーチャとラスターを選択するときに使用する四角形の設定と考えることができます。この四角形はフィーチャの選択だけに使用され、クリップには使用されません。出力データセットの範囲は一般に、範囲の四角形を通過するフィーチャまたはセルも考慮されるために、範囲の設定よりも大きくなります。

範囲を通過するフィーチャが処理されます。

使用に関する注意

  • 注意:

    入力された範囲は、出力データの座標系の環境が設定されていても、入力データが格納されている座標系によるものと想定されます。ツールへの入力データセットが複数ある場合は、最初のデータセットで範囲の座標系が決まります。

ダイアログの構文

  • デフォルト - 使用しているツールが処理範囲を決定します。すべてのツールが、入力から計算するデフォルトの範囲を使用します。このデフォルトがツールの参照ページに記載されることはほとんどありませんが、通常は明白です。たとえば、[インターセクト (Intersect)] ツールは互いに交差するフィーチャだけを処理し、[ユニオン (Union)] ツールはすべてのフィーチャを処理し、[クリップ (Clip)] ツールはクリップ フィーチャの範囲内のフィーチャだけを処理します。
  • [入力データのすべての領域] - すべての入力データの結合された範囲。すべてのフィーチャまたはラスターが処理されます。
  • [入力データの共通領域] - すべての入力フィーチャまたはラスターが重なる (互いに交差する) 範囲。重なるフィーチャやセルが存在せず、NULL 範囲 (幅と高さがゼロ) になる可能性があります。その場合、フィーチャもセルも処理されません。
  • [以下の指定に一致] - 長方形の側面の座標を入力します (左、右、上、および下)。
  • [表示領域に一致] - 現在の表示範囲が使用されます。たとえば、特定の分析範囲を拡大している場合に、このオプションを使用して、現在の表示領域内のフィーチャを処理することができます。
    注意:

    はじめに範囲を表示領域に一致に指定すると、表示領域の範囲が読み込まれ、格納されます。次に範囲の設定を確認したときに、[以下の指定に一致] が読み込まれます。その後、表示領域の範囲を変更しても、この範囲設定は更新されません。範囲環境を再設定する必要があります。

  • レイヤー <名前> に一致 - すべてのレイヤーが一覧表示され、その中の 1 つを範囲として選択できます。[表示領域に一致] オプションと同様に、レイヤーの範囲が読み込まれ、格納されます。次に範囲の設定を確認したときに、[以下の指定に一致] が読み込まれます。

スクリプトの構文

arcpy.env.extent = extent

備考:

設定すると、範囲環境プロパティが Python の範囲オブジェクトを返します。

範囲説明

範囲オブジェクト

Extent オブジェクトを使用して、範囲を指定できます。

MINOF

すべての入力フィーチャまたはラスターが重なる (互いに交差する) 範囲。重なるフィーチャが存在せず、NULL 範囲 (幅と高さがゼロ) になる可能性があります。その場合、フィーチャもセルも処理されません。

MAXOF

すべての入力データの結合された範囲。すべてのフィーチャまたはセルが処理されます。

XMin、YMin、XMax、YMax

入力データが格納されたときの座標系で、範囲を指定するスペースで区切られた座標。

パス名

データセットへのパス。このデータセットの範囲が使用されます。

extent の構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the extent environment using a keyword.
arcpy.env.extent = "MAXOF"
# Set the extent environment using the Extent class.
arcpy.env.extent = arcpy.Extent(-107.0, 38.0, -104.0, 40.0)
# Set the extent environment using a space-delimited string.
arcpy.env.extent = "-107.0 38.0 -104.0 40.0"

関連トピック