Skip To Content

出力データに Z 値を含む (環境設定)

出力データに Z 値を含む環境を反映するツールは、出力ジオデータセットが Z 値を格納するかどうかを制御します。

使用上の注意

  • 各フィーチャが出力フィーチャクラスに書き込まれるたびに、Z 値を持たない各頂点に出力データのデフォルト Z 値の環境の値が割り当てられます。[出力データのデフォルト Z 値] 環境が設定されていない場合は、値 0 (ゼロ) が設定されます。

ダイアログの構文

  • 入力データと同様 - 入力に Z 値が含まれる場合は、出力にも Z 値が含まれます。入力に Z 値が含まれない場合は、出力にも Z 値は含まれません。これがデフォルトです。
  • 有効 - 出力に Z 値が含まれます。
  • 無効 - 出力に Z 値は含まれません。

スクリプトの構文

arcpy.env.outputZFlag = output_z_flag

output_z_flag説明

Same As Input

つまり、入力に Z 値が含まれる場合は、出力にも Z 値が含まれます。入力に Z 値が含まれない場合は、出力にも Z 値は含まれません。これがデフォルトです。

Enabled

出力に Z 値が含まれます。

Disabled

出力に Z 値は含まれません。

outputZFlag 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the outputZFlag environment to Enabled
arcpy.env.outputZFlag = "Enabled"

関連トピック