Skip To Content

出力データの XY ドメイン (環境設定)

出力データの XY ドメインの環境を反映するツールは、指定された範囲を出力ジオデータセットの X,Y ドメインに設定します。

バージョン 9.2 以降のジオデータベースに作成されたジオデータセットは、座標系に基づいて有効な XY ドメインを自動的に計算します。この環境が反映されるのは、バージョン 9.2 より前のジオデータベースにジオデータセットを作成するとき、または出力ジオデータセットの座標系が「未知」の場合のみです。

使用上の注意

  • XY ドメインが使用されるのは、出力がジオデータベース フィーチャクラス、ラスター カタログ、またはフィーチャ データセットの場合に限られます。
  • 出力データがジオデータベース フィーチャ データセット内にある場合は、フィーチャ データセット内のすべてのジオデータセットが自動的に同じ XY ドメインを持つため、この環境設定は無視されます。
  • 出力データがバージョン 9.2 より前のジオデータベースで作成されたか、出力データの座標系が不明な場合、ほとんどのツールは入力の範囲に基づいて有効な XY ドメインを計算します。入力データセットを持たない、[フィーチャクラス作成][フィーチャ データセットの作成] などのツールは、有効な XY ドメインを計算するために必要な情報を使用できません。したがって、それらのツールをバージョン 9.2 より前のジオデータベースで使用する場合や、座標系の設定が不明な場合は、出力データの XY ドメインの設定が重要な意味を持ちます。
  • XY ドメインの環境とともに XY 座標精度の環境が設定されている場合は、座標精度値が、ドメインの起点 (MinX と MinY の座標) と組み合わせて使用されます。これが適用されるのは、出力データがバージョン 9.2 より前のジオデータベースで作成されているとき、または出力データの座標系が不明な場合のみです。出力ジオデータセットがバージョン 9.2 以降のジオデータベースで作成され、その座標系が既知の場合、XY ドメインの設定は完全に無視されます。ただし、XY 座標精度の設定は依然として有効です。
  • この環境で入力される座標には、出力座標系の単位が使用されていると想定されます。
  • 出力がスタンドアロンのジオデータベース フィーチャクラスで、その処理と出力ジオデータセットの XY ドメインが処理対象のフィーチャの範囲をカバーしていない場合、すべてのフィーチャを収容できる大きさの XY ドメインが計算されます。
  • XY 座標精度値が極端に小さいジオデータセット (パフォーマンスと格納サイズに悪影響を与える可能性があります) が間違って作成されないように、XY ドメイン環境を使用しているときは必ず XY 座標精度ジオプロセシングの環境設定を使用してください。

ダイアログの構文

  • [入力データと同様] - 入力データの X,Y ドメインを使用します。
  • [以下の指定に一致] - 次のフィールドを使用して座標範囲を指定します。
    • [最小 X] - ドメイン内の最小 X 座標。
    • [最小 Y] - ドメイン内の最小 Y 座標。
    • [最大 X] - ドメイン内の最大 X 座標。
    • [最大 Y] - ドメイン内の最大 Y 座標。

スクリプトの構文

arcpy.env.XYDomain = "xMin yMin xMax yMax"

パラメーター説明

xMin

X 座標の最小値。

XY ドメインに空の文字列を設定すると、デフォルトとして入力データの XY ドメインが使用されます。

yMin

Y 座標の最小値。

xMax

X 座標の最大値。

yMax

Y 座標の最大値。

XYDomain 構文

スクリプトの例

import arcpy
 
# Set the XY Domain to 
#   xmin of -180
#   ymin of -90
#   xmax of 180
#   ymax of 90
arcpy.env.XYDomain = "-180 -90 180 90"

関連トピック