Skip To Content

プロセッサ タイプ (環境設定)

プロセッサ タイプの環境を反映するツールを使用すると、データを処理する場所と方法を選択できます。

コンピューターの中央処理装置 (CPU) または画像処理装置 (GPU) のどちらかを使用してデータを処理できます。

GPU はグラフィックスと画像の処理に有効であり、高度な並列構造をしているため、繰り返し方式で大量のデータを効率よく処理できます。この処理はローカルに実行されます。

CPU 処理 (通常はディスプレイのフレーム バッファーに配置される) は、複数のコアとインスタンス全体で並列化できます。これは、[並列処理ファクター] 環境設定で処理されます。

使用上の注意

  • 1 枚のグラフィックス カードが複数の GPU をサポートできます。
  • 1 つの CPU が複数のプロセシング コアをサポートするので、処理を複数のコンピューターにまたいで展開できます。
  • [GPU] を選択した場合、ジオプロセシング ツールは GPU 上のみでデータを処理します。それ以外の場合は、CPU を使用してデータを処理します。

ダイアログの構文

  • プロセッサ タイプ - 使用するプロセッサのタイプをドロップダウン メニューから選択します。
    • 空 - 値がない場合、ジオプロセシング ツールは制限なしと解釈します。制限なしは、基になるレイヤーのデフォルト設定が無効化されないことを意味します。これがデフォルトです。
    • CPU - データの処理にコンピューターの CPU が使用されます。
    • GPU - データの処理に GPU が使用されます。[GPU] を選択すると、ジオプロセシング ツールで [並列処理ファクター] が無効化されるため、GPU 上に 1 つのインスタンスだけが存在することになります。

スクリプトの構文

arcpy.env.processorType = processor_type

パラメーター説明

processor_type

使用するプロセッサのタイプ。

  • 空 - NULL 値の場合、ジオプロセシング ツールは制限なしと解釈します。制限なしは、基になるレイヤーのデフォルト設定が無効化されないことを意味します。これがデフォルトです。
  • CPU - データの処理にコンピューターの CPU が使用されます。
  • GPU - データの処理に GPU が使用されます。[GPU] を選択すると、ジオプロセシング ツールで [parallelProcessingFactor] が無効化されるため、GPU 上に 1 つのインスタンスだけが存在することになります。

processorType 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the processor type environment to GPU
arcpy.env.processorType = "GPU"

関連トピック